「ひよっこ」を2か月間観終えて、今思うこと…

「ひよっこ」を2か月間観終えて、今思うこと…

岡田氏は、「みね子」を "普通の田舎娘" として描く…

水着を買って海水浴に行くお金と時間があるなら、奥茨城の実家に帰った方が、「奥茨城編」の頃の “女子高校生のみね子” らしいのでは?と、以前に書いた。

私なら、主人公のそう言う不変的な人間性をベースにした上で、生きていく中で様々な葛藤を乗り越える過程で、更に人間性を磨きあげていく姿を、ダイナミックに描いて行くだろう。そう言う作品が好きだから。しかし、本作の岡田恵和氏は、主人公の「谷田部みね子」と言う女性を、“普通の田舎娘” として描いている。

真面目に毎日生きて、小さな幸せを少しずつ掴む…

これは、私が好きな岡田恵和脚本作品の中で、『ビーチボーイズ』と『最後から二番目の恋』の登場人物の描き方との共通点であり、物語の根幹である “終わってみると、登場人物たちみんなが、最終回に少しだけ成長していた” と言うのに似ている。

先の2つの作品の登場人物たちの人生は、私たちと同じように、決してダイナミックでもドラマチックでもなく、真面目に懸命に毎日を生きながら、小さな幸せを少しずつ掴んでいく人生だ。

そして、長所もあれば短所もある。期待を裏切らない安心感もあれば、思いもよらない大胆さや、ついやっちまうことも持ち合わせる。そんなのが普通の人。

みね子は、"今しか味わえない小さな幸せ" を選んだ

だから、「谷田部みね子」は、我々の期待に反して帰省せず、仲間たちとのひと夏の青春の1ページと言う “今しか味わうことの出来ない小さな幸せ” を選ぶ。電車賃や土産代を水着に変えて。そして、また谷田部家の真面目な長女の顔を覗かせて、家族に申し訳ないと詫びつつつも、海水浴に行くことは隠さないし、隠せない。

すずふり亭でもそうだ。毎月少しずつ値段の高いメニューを食べることで、社会人としての自覚を高める一面を見せながら、手持ちの金が少ない時でも来店し、身の丈にあった料理を恥ずかしそうに、心の中で泣きながら美味しそうに食らう。

クリソの鮮やかな緑色とまろやかな甘さに出会う度に…

綿引は、「谷田部みね子」にとって何だったのか?
 同郷の恩人?
 優しいお兄さん?
 真面目な警察官?
 それとも、恋の相手だったのか?
恐らくみね子に明確な答えは無いのだろう。

ただ、間違いないのは、ビーコロよりも値段の高いクリームソーダのあの鮮やかな緑色とまろやかな甘さに出会う度に、綿引と言う男性を思い出すのだろう。そして、あの午後3時過ぎに訪れた海岸と綿引の歌も…

大好きな家族と過ごさなかった昭和40年の夏の思い出…

きっと、みね子には、綿引と劇的に再会し、恋に堕ちるなんてドラマチックな運命は訪れないだろう。いや、「谷田部みね子」にはそんな運命は似合わない。

メロン色のクリームソーダを食べる度に、「恋は赤いバラ」を聞く度に、綿引を思い出し、大好きな家族と過ごさなかった昭和40年の夏を思い出すのだ。私たち普通の人、誰もがそうしているように。

優しさや温もり,強さや弱さ,小さな幸せや僅かな成長…

やはり、本作には “ドラマチック” を求めるのは野暮なのかもしれない。本来は誰よりもドラマチックな人生を歩むべき主人公を、視聴者らと同じ “普通の人” として、意図的に描いているのだから。

どこにでもあるような、でもつい見逃したり忘れてしまいがちな、人間のふとした優しさや温もり、強さや弱さ、小さな幸せや僅かな成長を、知らない人にも何故か懐かしい昭和の香りに乗せて、じっくりと丁寧に描いているのが『ひよっこ』と言う朝ドラだから。

だから、物足りない、つまらない、そう感じる視聴者は多いだろう。そして、こんな事を書いている私自身も、またそう感じるに違いない。ただ、今言えるのは、「奥茨城編」を1か月間、更に「向島電機編」を1か月間観てきた今の私は、本作を、みね子を応援したい。

あとがき

土曜日の感想記事の追記のつもりで書き始めたのですが、長くなったので、独立したエントリーにしました。また、いつ私の気が変わるかも知れませんが、今のところ当blogは『ひよっこ』を応援します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
三丁目の夕日の時代 ’64(昭和39年)篇―写真と資料で読む昭和39年大図鑑!! (C&L MOOK)
NHK人形劇クロニクルシリーズVol.2 劇団ひとみ座の世界~ひょっこりひょうたん島~ [DVD]
朝ドラ~NHK連続テレビ小説テーマ集~


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9954/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/450292953.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[妄想] 「ひよっこ」の昭和40年と言う時代設定に、再び“名作の予感”(2017/05/04)
[訂正] 「ひよっこ」第36回で、みね子がビーコロを食べたのは "初任給" でした(謝)(2017/05/14)

第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1  2  3  4  5  6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』
7  8  9  10  11  12
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』
13  14 15  16  17  18
第4週『旅立ちのとき』
19  20  21  22  23  24
第5週『乙女たち、ご安全に!』
25 26 27 28 29 30
第6週『響け若人のうた』
31 32 33 34 35 36
第7週『椰子(やし)の実たちの夢』
37 38 39 40 41 42
第8週『夏の思い出はメロン色』
43 44 45 46 47 48
第9週『小さな星の、小さな光』

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR