ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん (第6話・2017/5/23) 感想

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

MBS制作/TBS系・『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』公式
第6話『光のお父さんはすべてを打ち明けた。』の感想。
なお、原作:ブログ「一撃確殺SS日記」(マイディー)と、ドラマ化原作本とされる書籍『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は未読。ゲーム「ファイナルファンタジー」もプレーしたこと無し。



光生(千葉雄大)は父・博太郎(大杉漣)が病気であることを疑い始める。父に真意を確かめたい光生は、自前のノートパソコンでゲームにログインすることに。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

父の攻略本を見つけた光生の表情が印象的だった

父・博太郎(大杉漣)が家族に内緒で長年勤めた会社を辞めて来てしまった理由を、光生(千葉雄大)は病気であると疑い始める。実に自然な流れだ。職場の同僚に意見を求めると、どこかに証拠を隠しているはずだとアドバイスをもらう。そこで、光生は父の部屋の引き出しの中を密かに探し始める。

すると、見つからないように表紙を裏返した「ファイナルファンタジーXIV」の攻略本を見つける。事詳細に赤ペンが入ったり付箋でメモが書き込まれたのを見て、また父との距離が近づいたことを喜ぶ光生。この時の千葉雄大さんの表情が良かった。その晩のゲーム内での父も元気そうにプレーをし安心する。

ゲームが父に生きる希望と勇気を吹き込んだのに感動!

ニューヨーク転勤が決まった袴田(袴田吉彦)に付いて仕事を学ぶことになった光生。父の旧友・大野(長谷川初範)の会社で、大野から父が病気であることを聞かさせる。かなりシリアスな雰囲気…。急な残業で家に帰れない光生は、自分のパソコンでゲームにログインして、父の様子を探ろうとする…

いつも以上にやる気満々の父・インディを見て、これまでゲームの中でだけ積極的に父と関わろうとした自分を責める光生。しかし、今の自分にはゲームしかない。マイディーの姿を借りてインディの病気の事を探る。そしてついに、手術が必要な病気であることが判明してしまう。

しかし、父は手術をしないと言う。仕事が全てだった自分が病気で仕事を辞めたことで、手術をして病気を治す意味を失ったと言う父・博太郎。でも、ゲームをした数カ月で人生の素晴らしさを再確認し、病気と闘う勇気が出て来たと言う父のメッセージを受け取る。涙が溢れる光生…

光生のモノローグに、この親子の未来が見えた

帰宅して、母・貴美子(石野真子)から、父が病気であることを告げられた。この時の光生のモノローグ↓にこの親子の未来が見えたような気がした。

光生(M)「父さんは、
     これまでたくさんの強い敵を倒してきたんだ。
     病気にだって勝てる。絶対に」

あとがき

ホント良く出来てますね。リアルとゲームが完全にシンクロした上に、互いが影響し合ってドラマが構築されています。ついに、父親が病気であることが分かった第6話。父親が手術をするとなるとゲームはどうなるんでしょう?次回も楽しみです。おっと、次回が最終回ですよ!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
AKANE/あわあわ ドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」エンディングソング
Jacarandaの花のように/meg ドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」挿入歌


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9937/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/450177419.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR