ひよっこ (第29回・5/5) 感想

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第5週『乙女たち、ご安全に!』『第29回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


時子(佐久間由衣)と豊子(藤野涼子)は、時子がみね子(有村架純)のためにわざとミスをしたことが原因でけんかになる。豊子のとげのある物言いに、腹を立てる時子。「私は人とは違うんだ」と意地を張っていた、昔の自分を見ているようで嫌だと言う。幸子(小島藤子)と優子(八木優希)はそんな二人に驚き、静かに見守る。一方、みね子は寝たふりを続けていた。時子と豊子の様子が気になって、起きる演技をしようと試みる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

これこれ。ついに「東京編」も、ドラマとして動き出した

これこれ、こう言うのが観たかったのだ、ついに「東京編」もドラマとして動き出した…そんな15分間だった。やはり説明過多は気になったし、人間同士の本音でのぶつかり合い(ケンカや騒動と言う意味でない)があっこそドラマだから、単純に物足りなかったのだ。

しかし、今回は違った。同室のメンバーの個性の違いを描きながら、これまで何となくギクシャクした関係に、止めの一発って感じで良かったし、(せつかちな私の勝手な判断だが)1か月でトーンダウンなんてことに、結論付けなくて良かった。

本作に、ハマっているからからこそ "気になる" こと

ここからは、本作が好きで、ハマっているからこそ気になることだと了承して欲しいのだが…。

やはり、ライン長の松下(奥田洋平)は、順番を入れ換えるなどの策をとるべきだったし、愛子(和久井映見)も応援するだけでなく、松下に会社員として何か提案するとかして欲しかった。

だって「数日間」あの状況だったのだから…。そう思ってしまうのは、折角みね子(有村架純)たちの就職先が、製品の生産能力や人事管理能力の低い会社では嫌だから。

それに、時子(佐久間由衣)が上京する際に “変わった” 的なことを言っていたが、その前の段階をどの時点を指すのか不明瞭。ここが明瞭、例えば聖火リレー大会の番組鑑賞会でのアナウンサーの言葉がきっかけとか、何かあったら、豊子(藤野涼子)への意見ももっと説得力があったろうに。

ついでに言えば、みね子のモノローグがここ最近多過ぎるから、寝たふりをしている場面でのモノローグが、折角いい場面に茶々を入れてるようにも感じてしまった。面白さのためなのだろうが、「お父さん…」と自身の独白を少し減らしても良いような。だって、普通で面白いのだから、やる過ぎる必要なんて無いのだ。

みんなの優しさや思いやりで物語を動かして欲しい

更に言えば、ケンカする前に、皆で何とかしようって方向でも良かった。やはり、騒動やトラブルで物語が動くより、みんなの優しさや思いやりで物語が動いてきたのが、これまでの本作だから、それを踏襲して欲しいのだ。

この連続したシーンの台詞が、モヤモヤを吹き飛ばした

みね子(M)「お父さん…。
       私はこの仲間たちと一緒に働けて、
       幸せだなと思いました…。
       だからこそ、
       ちゃんと出来るようになりたいです」

時 子「いい?みね子。
    時間かがってもいい。遅れて構わない。
    その遅れは、仲間たちが取り戻す。
    だから、仲間ば信じて。分がった?」
みね子「はい」
澄 子「はい、分がりました」
幸 子「うん、頑張るべ」
四 人「はい」

こう言う会話劇を観たかったのだ。このみね子の父への気持ちがもっと前に描かれても良かったし、仲間たちの協力も、会社を順番入れ換えなんかの対応と、対抗するように描かれても良かった。ただ、この2つのシーンでの台詞で、モヤモヤは吹っ飛んだから、長~い「東京編」の第1週としては、終わり良ければ…と言いたい。

あとがき

ケンカあり、涙あり、寝たふりあり、ウソ芝居あり、成長あり、友情あり、感動あり、枕投げあり、そして最後はライン停止は無しの15分間で、「東京編」が本格的に動き出したなと感じました。この調子なら安心できますね。良かった。

あとは、昨日の私の妄想が当たるかどうか?当たって欲しいようなハズレて欲しいような…
[妄想] 「ひよっこ」の昭和40年と言う時代設定に、再び“名作の予感”
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8241.html

連休中にも関わらず、前回の感想にに92回、妄想の記事に58回ものWeb拍手と数々のコメントを頂き、ありがとうございました。かなり「東京編」に安心しました。連休後半のあと2日間、感想の投稿は遅れると思いますが、必ず書きますのでよろしくお願いします。引き続き、本作を応援します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
三丁目の夕日の時代 ’64(昭和39年)篇―写真と資料で読む昭和39年大図鑑!! (C&L MOOK)
NHK人形劇クロニクルシリーズVol.2 劇団ひとみ座の世界~ひょっこりひょうたん島~ [DVD]
朝ドラ~NHK連続テレビ小説テーマ集~


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9850/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/449615128.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[妄想] 「ひよっこ」の昭和40年と言う時代設定に、再び“名作の予感”(2017/05/04)

第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1  2  3  4  5  6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』
7  8  9  10  11  12
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』
13  14 15  16  17  18
第4週『旅立ちのとき』
19  20  21  22  23  24
第5週『乙女たち、ご安全に!』
25 26 27 28 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ひよっこ】第29回 感想

時子(佐久間由衣)と豊子(藤野涼子)は、時子がみね子(有村架純)のためにわざとミスをしたことが原因でけんかになる。 豊子のとげのある物言いに…

ひよっこ 第29回

内容みね子(有村架純)の仕事中でのミスをきっかけに、時子(佐久間由衣)が、わざとミス。そのことで、時子と豊子(藤野涼子)がケンカになってしまう。豊子は、澄子(松本穂香)の作業と、みね子のことは違うと指摘する。だが時子は、トゲのある言い方は辞めろと豊子を諭す。まるで昔の自分を見ているようだと。自分は人と違うと思いすぎていると。もっと変われと。。。まさかの展開に、幸子(小島藤子)優子(八木優希)...

鎧>『ひよっこ』第29話

女の子っぽくない様な 逆に極めて女の子っぽい様な 不思議な喧嘩の巻 …ひじゅにですが何か? 「好きだよ」byみね子 時子のミスはワザとじゃないか …と指摘する豊子。 ワザとですけど何か? …と応じる時子。 こうした反応の仕方って好きだな(笑) これでは埒が明かないので 元凶(?)である、みね子達に矛先を変える豊子。 ...

鎧>『ひよっこ』第29話

女の子っぽくない様な逆に極めて女の子っぽい様な不思議な喧嘩の巻…ひじゅにですが何か?「好きだよ」byみね子時子のミスはワザとじゃないか…と指摘する豊子。ワザとですけど何か...

コメント

No title
今日みね子が、子供じゃなんだ、仕事なんだからさ【略】のセリフ良かったです。
昨日の【名作の予感】でもに労働のために向島電気にいるという事を、時子に告げるエピソードがあると良いのでは?と言われてましたよね!みね子がはっきりとみんなの前で言ってくれた事は良かったと思います。
私もライン作業の工夫あってもいいと思いました。喧嘩するのもいいけど、みね子と澄子の順番入れ替えとか、幸子や時子達と話し合っても良かったかなと。
ともあれ明日の休日が楽しみになってきました!

  • 2017-05-05│19:00 |
  • 舞子 URL│
  • [edit]
Re: No title
☆舞子さん
コメントありがとうございます。

予想通り、いや、期待通りに運んでいるので嬉しいです。
明日は、最初の休日のようで、
やはり本作は1週間単位で無いようで、それもグッドです。
  • 2017-05-05│19:30 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR