犯罪症候群 Season1 (第4話・2017/4/29) 感想

犯罪症候群 Season1

東海テレビとWOWOW共同制作・フジテレビ・オトナの土ドラ『犯罪症候群 Season1』公式
第4話『見逃すな!今夜スタート!超絶怒涛の新展開!戸籍交換する若者たちへ』の感想。
なお、原作:貫井徳郎の3部作「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群(※WOWWOWにてドラマ化)」は未読。


ジーニアス(要潤)は環(渡部篤郎)が追う相手ではなかった。環は武藤(玉山鉄二)に、失踪した青年・小沼(上杉柊平)を捜すよう命じる。一方で、武藤は前にも増して反抗的な娘・真梨子(桜田ひより)の態度に頭を悩ましていた。やがて、小沼が住民票を転々と移していることが判明。突き止めたアパートの居住者も別人だった。武藤は、これが単純な失踪事件ではないと気付く。
上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

鏑木が登場しないから、別のドラマを見ているようで…

やっと新たな事件、いや新たな原作本のドラマ化が始まったと言うべきか。第1~3話で「誘拐症候群」となると、残り5話で「失踪症候群」ってことか。原作は未読だが、前回までの物語より面白味はありそうだが、鏑木(谷原章介)が登場しないから、別のドラマを見ているようで…

「この先何かある、何かに繋がってる」をやり過ぎ…

ただ、前回までの事件に比べて、なぜ武藤(玉山鉄二)が捜査しているのか不明瞭なのが気になるし、環(渡部篤郎)が超法規的手段を使う理由も不鮮明。分からなくもないが、あれこれ「この先何かある、何かに繋がってる」をやり過ぎてるのが、こちらのイライラを高めてしまっているのではないだろうか。

あとがき

ちょっとイライラが募って来てしまったので、今回で離脱します。継続視聴の皆さん、楽しんで下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
失踪症候群 新装版 (双葉文庫)
誘拐症候群 <新装版> (双葉文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9827/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/449461118.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オトナの土ドラ『犯罪症候群 Season1』第4話

内容環(渡部篤郎)より、小沼豊(上杉柊平)を捜すよう命じられた武藤(玉山鉄二)もともと、ある事件の容疑者としてジーニアスが浮上したが、無関係と判明。理由については、追えば分かるという。ただし、一冊のファイルを手渡される。失踪した人たちだという。 しかし、小沼が通っていた大学でも行方が分からず。それどころか、話題を避けているように感じられた。失踪直後、ガラの悪い男たちが現れ、行方を捜していた...

犯罪症候群 Season1 「見逃すな!今夜スタート!超絶怒涛の新展開!戸籍交換する若者たちへ」

今回は、武藤(玉山鉄二)親子にもスポットがあたってきましたね。ただでさえ反抗期な娘・真梨子(桜田ひより)は、武藤が警察を辞めたことのショックをひきずり、反発を続けます。妻・雅恵(鶴田真由)は、警察を辞めた本当の理由を話してはどうかと提案するも、「あの時の自分は、警察官で、いや人間ですら無かった」というトラウマを抱える彼。今回のケースは事情あって、「戸籍を変える」人々と、それを助長するビジネス...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR