母になる (第3話・2017/4/26) 感想

母になる

日本テレビ系・水曜ドラマ『母になる』公式
第3話の感想。



結衣(沢尻エリカ)と陽一(藤木直人)は広(道枝駿佑)と暮らすため、復縁を決意。麻子(小池栄子)の存在を持ち出し、心配する児童福祉司・愁平(中島裕翔)に、結衣はこの9年間を思えば何があっても大丈夫だと言い切る。そんな中、誕生日を迎えた広が来訪し、祖母の里恵(風吹ジュン)は感無量。しかし、広が‘素直な良い子’であればあるほど結衣の心境は複雑だ。その夜、施設に帰った広は、結衣からプレゼントされた携帯電話で麻子に電話する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

一般的なドラマ評としては「?」なのだが…

第3話から、サブタイトルが無くなった。まっ、どうでも良いのだが。一般的なドラマ評としては、シリアス一辺倒で行くと思われた演出にコミカルな部分も加わり、ドラマの方向性が見え辛くなった。更に、主人公があちこちに登場することも、例の2年間を引っ張って描くことも、テーマ性も薄まったように感じたが…

脚本や演出の問題点を隠す程の俳優陣の存在感と演技力

↑ではああ書いたが、ここからは本作の第3話の感想を書く。なぜなら、本作は若干不安要素のある脚本や演出に対して目をつぶっても致し方ない程の、俳優陣の存在感と演技力があるから、過去の類似作品と比較するのも、おかしい気がするのだ。

小池栄子さんから滲み出る "恐怖" が素晴らしい

例えば、麻子(小池栄子)。本来なら「とっとと捕まれ、自首しろ!」と言いたいところだが、小池栄子さんのあの表情や態度から滲み出る “恐怖” が素晴らしいからもっと見てみたい。

沢尻さんと藤木さんならではの、必死に夫婦を取り繕う姿

結衣(沢尻エリカ)はあちこちに首を突っ込み過ぎで、「もう少し息子の事に集中しろ!」と思うが、沢尻エリカと元夫の陽一を演じる藤木直人さんが、息子のために再び夫婦関係を取り繕うきごちなさや滑稽さ、洗濯機の修理からロボットの話への流れなどは、沢尻さんと藤木さんでしか出せない雰囲気。

中島裕翔さん演じる落ち着いて真剣な男は応援したくなる

児童福祉司・愁平(中島裕翔)も、110円のネタフリでまだ話を広げるのか!と思ってしまったが、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』での一ノ瀬歩 役を彷彿させる中島裕翔さんが演じる、今どきの若者にしては落ち着いて真剣な男は、見ていて「お前も頑張れ」と応援したくなる。

心に闇を抱えた広を道枝駿佑さんが見事に演じてる

そして、広(道枝駿佑)。「いいね」としか言いようがない。何を考えているのか分からない謎めいた雰囲気や、いつ爆発するのか分からない緊張感、実は不安でいっぱいであろう孤独感を心に抱えた広を道枝駿佑さんが見事に演じてる。この4人の俳優がいる限り、少々ドラマ的に欠点があっても、見続けたいと思わせる作品だ。

あとがき

もっと脚本と演出には頑張って欲しいです。設定が面白いのに、勿体ないですよ。でも、ドラマとしては、とにかく先の展開が気になります。ホント、どうなるんだろう?次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
エバーカラーワンデーナチュラルモイストレーベル (ブラウンマリアージュ) PWR:0.00(度なし) 【BC:8.7】【DIA:14.5】 20枚入
嘘の戦争 Blu-ray BOX
HOPE~期待ゼロの新入社員~ Blu-ray BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9811/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/449376423.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話  第2話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

水曜ドラマ『母になる』第3話

内容広(道枝駿佑)が見つかったことをきっかけに、結衣(沢尻エリカ)は、音信不通だった元夫・陽一(藤木直人)と再会した。2人は、思いをぶつけ合い、広と一緒に暮らすことを決める。里恵(風吹ジュン)のすすめで、柏崎オートに引っ越してきた結衣、陽一。一方で、児童福祉司の木野(中島裕翔)から、広にとっての門倉麻子(小池栄子)の存在についての説明を受けるのだった。やがて、結衣と陽一の新しい暮らしが始まる...

「母になる」母10年の空白3広と暮らし始めた結衣だったが麻子が現れ広を保護した経緯を話し空白の7年間は語られなかった

「母になる」第3話は広と暮らす事になった結衣と陽一だったが、9年の空白は大きくどう向き合ってよいのか戸惑っていた。そんな中でも再び広が戻ってきた事で喜ぶ瞬間もあったもの ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR