貴族探偵 (第2話/15拡大版・2017/4/24) 感想

貴族探偵

フジテレビ系・月9『貴族探偵』公式
第2話/15拡大版『第1発見者は御前!メイドと女探偵が推理対決で謎を解く!』の感想。
なお、原作:麻耶雄嵩「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」(小説)は未読。



ミステリー作家・厄神(大和田伸也)から取材依頼を受け、編集者・美咲(紺野まひる)と車で別荘へ向かっていた愛香(武井咲)は、落石事故の現場で貴族(相葉雅紀)の一行と遭遇し、その石があった厄神の別荘へ一緒に行くことに。厄神のファンという田中(中山美穂)が興奮する中、貴族は殴られた厄神の遺体を発見。貴族から事件の捜査を譲られた愛香は対応に現れた鼻形(生瀬勝久)や田中らと、関係者から事情を聞く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

相葉さんの貴族の違和感は、"慣れ" が解決する…か?

第2話の演出も、第1話の中江功氏。相葉雅紀さんが貴族を演じる違和感は、織田裕二さんが法門寺沙羅駆を演じた際のように、“時” が “慣れ” を運んで来てくれると信じているが、まだその時はだいぶ先のようだ。

どうして、ここまで演出にメリハリが無いのか?

それにしても、どうしてここまで演出にメリハリが無いのか不思議でしょうがない。脚本は、事件自体もそれなりに捻ってあるし、貴族(相葉雅紀)と愛香(武井咲)の対立構造も明確だし2人一緒の場面も多いし、貴族の日常生活的な部分も事件に絡めて描かれてるし、前回のような引き延ばしも無くなりマシになってる。

鼻形刑事を道化役にしておくだけなのはモッタイナイ

しかし、この脚本の最大の問題点は、鼻形(生瀬勝久)の必要性を感じないところ。完全に小ネタ要因、道化役としてしか機能していない。演じる生瀬さんの迷惑脇役ぶりのお蔭で、本作らしさを醸し出していると言う機能はあるが、事件自体への必要性が無い。今後は、鼻形も事件、捜査に絡めるなどの工夫が欲しい。

フジは、"人気者" や "話題性" だけの配役は慎むべき

あとは、好みの問題。特にキャスティングだ。こればかりは、今からどうにでもなる訳ではない。私は、“慣れ” るのを待てる位の違和感だから良いとして、これが今後の視聴率に影響し続けるなら、フジテレビは “人気者” や “話題性” だけの配役(相葉さんだけでない)は慎むべきだと考える。

「原作のモチーフは水戸黄門」に納得できたこの世界観

しかし、第1話に比べたら、この作品の “世界観” に “慣れ” たせいもあり、また読者さんから、「原作のモチーフは水戸黄門」と言う話を聞き、かなり納得した部分もある。

また、今回くらいに貴族と愛香が対峙して、愛香が推理を失敗し、召使いたちが捜査・推理をして、最後に真犯人に引導を渡すパターンが明瞭になれば、あとは、延長などせず演出でもっとメリハリを付けたら、だいぶマシな探偵ドラマになるような気がする。

いずれにせよ、本作を楽しむには “時” と “慣れ” が必要なのは(私にとって)確かなこと。それを全10話前後でやると言う企画自体に問題があるような。特に、キャスティングは…

あとがき

小ネタが散りばめられているのは良いとして、その小ネタの度に、物語が小さく一時停止するように思います。もっと、小ネタを全体の中に馴染ませつつ、緩急をつけて演出して欲しいです。「ありえないこと」に突っ込める位に、きちんと作品全体を盛り上げて欲しいものです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
貴族探偵 (集英社文庫)
貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)
I'll be there(初回限定盤)(DVD付) フジテレビ系月9ドラマの最新作『貴族探偵』(主演:相葉雅紀)の主題歌
I'll be there フジテレビ系月9ドラマの最新作『貴族探偵』(主演:相葉雅紀)の主題歌


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9803/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/449317072.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

貴族探偵「第1発見者は御前!メイドと女探偵が推理対決で謎を解く!」

今回の被害者は、人気ミステリー作家、厄神春柾(大和田伸也)で、関係者は、厄神の妻・令子(横山めぐみ)、美咲と同じ編集者の松尾早織(豊田エリー)と滝野光敏(丸山智己)鼻形(生瀬勝久)警部がユーモア担当で、かぎりなく、愛香(武井咲)が語り部、だってことは分かったのですが、未だに使用人達の再現VTRに混乱してしまって、うむむ… です。豪華キャスティングで展開される、美形達トボけたワールドも、それな...

貴族探偵 第2話~今回も小ネタがいっぱい! ドS、ボーイズラブ、こまどり姉妹、再現VTR!

 貴族探偵(相葉雅紀)って愛香(武井咲)に対してドSなんですよね。 ★愛香と美咲(紺野まひる)が乗る車の前に石が落ちてきた時、貴族探偵は言う。 「美しい美咲さんにもしものことがあれば、わが国の損失になっていた所だ」  一方、「あたしは?」と尋ねる愛香に対...

『貴族探偵』第2話★平均視聴率8.3%

相葉君主演の『貴族探偵』第2話の平均視聴率は8.3%に留まった。 初回の11.8%から3.5ポイントの下落となった。 嵐を主演に配してこの数字は壊滅的と言えよう。 −◆− 相葉君は、良い意味で庶民的であって、貴族だというノーブルな感じがない。 これはミスキャストじゃないだろうか? −◆− 滝藤賢一、松重豊の使い方もいまいちで、観ていて恥ずかしくなるような役回りとなっている。 ...

貴族探偵 第2話

愛香(武井咲)は、編集者・美咲(紺野まひる)の車で、人気ミステリー作家・厄神(大和田伸也)の別荘に向かっていました。 探偵に取材したいと言う厄神の依頼に愛香が招かれたようです。 山道を行く2人の車の前に突然、巨大な石が落ちて来ます。 愛香が現場の安全を確保して、警察に通報して車に戻ると、美咲は、いつの間にか現れた貴族探偵(相葉雅紀)とお茶をしていました。 落石に憤る貴...

貴族探偵 第2話

『第1発見者は御前!メイドと女探偵が推理対決で謎を解く!』内容愛香(武井咲)は、日岡美咲(紺野まひる)という編集者が運転する車に乗り、ミステリー作家・厄神春柾(大和田伸也)の別荘へ向かっていた。途中、落石があり、安全確保のため車から離れ、警察に通報。車に...

貴族探偵 #02

貴族探偵 #02 ◆エンタメとしては 正直、悪くないんじゃないかって思えた。相変わらず貴族探偵役の相葉さんの演技力不足や、女探偵・高徳の突っかかる意味がよく分からない部分もあるが、エンターテインメントとしては決して悪い作品でもないのでないか、と少しばかり評価を改めている。特にメイド・田中による推理が始まって、再現映像が出た頃には素直に笑ってしまった。 作品の方向性としてはおそら...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR