マッサージ探偵ジョー (第3話・2017/4/22) 感想

マッサージ探偵ジョー

テレビ東京・土曜ドラマ24『マッサージ探偵ジョー』公式
第3話『アイドルのツボ』の感想。


ジョー(中丸雄一)はアイドル・志帆(光宗薫)の出張マッサージに。施術を終えマンションから出てきた2人の様子を、カメラマン・貝沼(戸田昌宏)がスクープし、熱愛報道で大騒ぎになる。そんな中、志帆のマネジャー・大林(平原テツ)が、棒状の凶器で胸を一突きにされ、殺害された。不仲だった志帆、志帆のストーカー、そして交際相手としてジョーも容疑を掛けられる。
上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ついに「貴族探偵」もイジリの対象に(笑)

「最近では、貴族なんちゃら。
 何でも探偵にすれば良いってもんじゃない」

以前から、オープニング・タイトル映像が面白くて気になっていたのだが、第3話から↑のナレーションが加わった。これは笑える。ナレーションも尺に合わせて早口になってるのも笑える。本編が始まる前から面白いのって、スゴイ。

マッサージ探偵ジョーが脇役になっては困る!

第3話の脚本は、『ふなっしー探偵』等の政池洋佑氏。演出は、『AKBホラーナイトシリーズ』等の瀧悠輔氏。

「イケメン風マッサージ師」の連呼に笑った、笑った。「風」に拘った中丸雄一さんの表情も忘れられないし。ただ、ドラマとしては、アイドル・志帆(光宗薫)の関係者が多過ぎて、前半でジョーの存在感が薄かったのが残念。後半のジョーの解決編も、いつもよりあっさり終了。

解決編の後の突発的な事件なんて、解決したのは、いつも「粗塩対応」の志帆の「神対応」。やはり、毎回脚本家と演出家のコンビが変わると、品質が均一化されないってことだ。まあ、こう言う放送回もある…と思っておこう。もっと、マッサージ探偵ジョーの必然性の高い脚本を書いて欲しいものだ。

あとがき

「いい話」ではあると思いますが、主人公のマッサージ探偵ジョーより、ゲストの役が目立つってのは如何なものでしょう?次回の別の脚本家に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
テレビ東京土曜ドラマ24「マッサージ探偵ジョー」オリジナル・サウンドトラック
配信限定動画「アグリのツボ-その①-」
主に泣いてます DVD-BOX
変身インタビュアーの憂鬱 Blu-ray BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9795/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/449274360.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR