女囚セブン (第1話・2017/1/20) 感想

女囚セブン

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『女囚セブン』公式
第1話『全員、悪女!史上最恐のプリズン・サバイバルが、いま始まる』の感想。


ある日、花園女子刑務所に、殺人罪の芸妓・琴音(剛力彩芽)がやってくる。謎多き政治秘書(山口紗弥加)、夫殺しの元ヤン・シングルマザー(トリンドル玲奈)、遺産目当ての毒婦(平岩紙)、全身整形の美容整形看護師(橋本マナミ)、老老介護で夫を殺した最高齢女囚(木野花)らと同室になるが、早速“新人イジメ"の標的に…。そんな中、刑務所ナンバー1の情報屋・奈津(安達祐実)だけが、琴音を優しくフォローしてくれて…?
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

クレジットに "梶芽衣子" の名を見つけたから…

脚本は、『民王』『ケイゾク』『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』等の西荻弓絵氏。第1話の演出は、『黒い十人の女』『民王 番外編』等の瑠東東一郎氏で、『黒い十人の女』『徳山大五郎を誰が殺したか』等の豊島圭介氏と2名体制。

刑務所を舞台にしたコメディらしい…。この時点で、不倫ドラマも見ない真面目人間の私としては、かなり設定に必然性がないと見る気にはなないが、女囚のドラマと聞いて、クレジットに “梶芽衣子” の名を見つけたら見ない訳にはいかない…

コメディドラマとして笑えないのは致命的

で、見た訳だが、独居房が妥当と思われる死刑囚が共同部屋だとか、刑務所の事情など納得いかない部分は多いが、まあ、深夜ドラマでコメディなら許容範囲と言いたい。ただ、それは、コメディドラマとして笑えたらと言う前提の話。台詞は聞き取りにくいし、台詞のやり取りもありきたり。何よりコメディなのに全く笑えない。

何れにしても、脚本、演出、俳優と、かなりの癖があるから、好みが分かれるだろう。そして、見事に私の苦手な作品に仕上がった。オリジナル脚本なら、関西弁を話す努力をさせない役で、演技に集中させるって手は無かったのだろうか?

出演者のファン以外を引き付けるのは、展開次第か?

ただ、私と逆にハマった人もいるに違いない。好みを除けば、第1話のツカミとしては、詰め込めるだけ詰め込んであり、悪くなかったと思う。そして、第2話以降も出演者のファン以外を引き付けるのは、展開次第だろう。とは言っても、私に次回は無いが。

あとがき

やはり、剛力彩芽さんは脇役の方が抜群に輝きますね。所属事務所も、そっちの方向で売れば良いのに。剛力さんが脇役の次回作を楽しみにすることにします。まっ、いずれにせよ、コメディなのに笑えないのは頂けません。継続視聴の皆さん、楽しんで下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
毒花/新しい学校のリーダーズ テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「女囚セブン」の主題歌


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9789/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/449244490.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

女囚セブン 「全員、悪女!史上最恐のプリズン・サバイバルが、いま始まる」

序盤の、花園刑務所の新人いじめで、半ば挫折しかけたのですが、ちょっと今までとは違って、ミステリアスで、強い役の剛力彩芽や、個性的なメンバー達に好奇心。後半は、さすが、西荻弓絵の脚本。次を観てみようかな?って気になりました。元・芸子で、冤罪だった、神渡琴音(剛力彩芽)。刑務所ナンバー1の情報屋にして、並外れたスリの腕をもつ、坂本奈津(安達祐実)。琴音の疑惑は晴れる? 今はまだ対立関係だけど、メ...

「女囚セブン」1 ☆☆

京都弁wピンクの囚人服に限りなく低い塀が売り、という先進的な刑務所にやってきた元芸妓、琴音(剛力彩芽)の罪状は……「殺人どす」新人はドベ、と呼ばれ雑用や汚れ仕事を押し付 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR