ひよっこ (第18回・4/22) 感想

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』『第18回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


綿引(竜星涼)の手紙を読んだちよ子(宮原和)が家を飛び出してしまう。実(沢村一樹)が行方不明であることを知ってしまったのだ。みね子(有村架純)と美代子(木村佳乃)が慌てて探しに出ると、バスの車掌・次郎(松尾諭)がちよ子をおぶってやってくる。東京へ行こうとしたのは、「出稼ぎに出ている家の子にはよくあることだ」と言われ、せつない気持ちになるみね子。ついに、茂(古谷一行)と美代子に自分の決意を告げる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ここで、次郎を使ってくるとは思わなかった!

次郎「出稼ぎに行ってるうぢの子にはな、
   そう言うこどはある」

ここで、バスの車掌・次郎(松尾諭)を使ってくるとは思わなかった。確かに、先日、実(沢村一樹)が行方不明であることを聞いていた可能性もあるし、聖火リレー大会で登場しなかったから、どうしてるかな?と思ったのだが。

とにかく、いつ知ったのかは微妙ではあるが、いつも言うように画面に登場しない人物も、劇中でちゃんと繋がって生きているのは、連ドラとして、ドラマとして素晴らしい。先日の警察官・綿引(竜星涼)の捜索もそうだった。

それに、ちょっと事情説明すれだけならば、1分も満たずに描き終わるのを、ちょっとミステリアスな事件のような音楽で仕立てて、バスの車掌と言う仕事の奥深さをまで、丁寧にコミカルに…。もちろん、松尾諭さんの存在感や演技力の賜物であることも間違いない。ちよ子のキャラも演じる宮原和さんも可愛くて良い…

本作、久し振りに名作の予感がする…

ついに、東京行きを口にするみね子(有村架純)。父親を捜すのが第一目的でなく、谷田部家を守るために東京で働くと言う。しかし、父の帰りを待つと言う複雑な心境。美代子(木村佳乃)と茂(古谷一行)は一体どんな気持ちで、みね子の言葉を聞いたのだろう。「語り」で説明しなかったのも大正解だ。

脚本で、俳優で、演技で魅せる、感じさせる、それがテレビドラマ。もちろん、これもドラマ作りの基本だが、本作はそれがちゃんと出来てる。そして、そんな本作が第3週を無事に終えた。敢えて、「無事に」と書いたのは、多くの皆さんも同じではないだろうか。本作、久し振りに名作の予感がする…

あとがき

父・実の「正月には帰る」と言う言葉を信じるみね子を始めとする谷田部一家や、それを見守る近所の人たちとの関わりを、ヒロインが上京するための大きな転換期の準備期間のように描くための、第3週の構成だったのですね。

また、月曜から土曜日まで、各日の話が濃厚で楽しくて泣けて、素晴らしい毎日だったように思います。それに、昭和39年と言う時代を、オリンピックをベースに郷土愛や家族愛を使って、見事に描いた1週間でもありました。次週も楽しみです。

第3週も拙い感想に、数々のコメントや多数のWeb拍手を頂き、ありがとうございました。引き続き、本作を応援していきましょう。 なお本日は、これからホテルで仕事なので、コメントのお返事などは遅れますことをお許し下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
三丁目の夕日の時代 ’64(昭和39年)篇―写真と資料で読む昭和39年大図鑑!! (C&L MOOK)
NHK人形劇クロニクルシリーズVol.2 劇団ひとみ座の世界~ひょっこりひょうたん島~ [DVD]
朝ドラ~NHK連続テレビ小説テーマ集~


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9788/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/449228523.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1  2  3  4  5  6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』
7  8  9  10  11  12
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』
13  14 15  16  17  

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひよっこ 第2週、3週~村の聖火リレーのテレビ放送で、登場人物たちが斬られまくる(笑)

 『ひよっこ』第2週、3週は、父親の行方不明とオリンピックの聖火リレーだった。  村でおこなった聖火リレー。  リレーをする動機が三人三様であった所がお見事。  集団就職で東京に行く三男(泉澤祐希)は、村での思い出をつくりたかったから。  女優志望の時子...

【ひよっこ】第18回 感想

綿引(竜星涼)の手紙を読んだちよ子(宮原和)が家を飛び出してしまう。 実(沢村一樹)が行方不明であることを知ってしまったのだ。 みね子(有村架…

関所>『ひよっこ』第18話

今回 ねこバス@『トトロ』 を連想した人は少なくなかった様子 次郎さんの体形は そのため?>こらこらっ …ひじゅにですが何か? 「外の世界との繋ぎ役だかんな」by次郎 村を出て行かなければならない者 村を出ていくことができない者 立体的に描いてくれるなあ、岡田君! …と思っていたら その間に立つ「関所」の役割を持つ人も登場...

関所>『ひよっこ』第18話

今回ねこバス@『トトロ』を連想した人は少なくなかった様子次郎さんの体形はそのため?>こらこらっ…ひじゅにですが何か?「外の世界との繋ぎ役だかんな」by次郎村を出て行かなけれ...

【ひよっこ】第18話(4/22土)感想と視聴率&3週終えた感想

<第3週「明日に向かって走れ!」の土曜日> 東京の警官・綿引(竜星涼)からの手紙

ひよっこ 第18回

内容夕食時、ちよ子(宮原和)の姿が見えないことに気付いた美代子(木村佳乃)。みね子(有村架純)とともに家を飛び出していく。するとそこに、バスの車掌・次郎(松尾諭)が、ちよ子をおぶってやってくる。出稼ぎに行っている家の子には、良くあることだと語る次郎。 次郎が帰っていったあと、みね子は、美代子、茂(古谷一行)に。。。。 敬称略 ちょっと、切なく、寂しい話。。。。になるかと思いきや。 そ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR