映画「美女と野獣(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「美女と野獣(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『美女と野獣(字幕版)』公式)を公開初日4/21に、劇場鑑賞。採点は、★★★★(最高5つ星で4つ)。100点満点なら79点にします。

私の評価基準(映画用)

ざっくりストーリー

1人の美しい王子が、魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることが出来なければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけたその時、美しい村の娘ベルが城に現れる。

聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村に馴染めず、傷つくこともあった。“人と違う” ことを受け入れるベルと触れ合ううちに、“人と違う” 外見に縛られて自分の価値を見出せず似た野獣の王子の心が変化していく。互いに惹かれ合う2人だが…

実写と最新VFXで現代に蘇るキラキラ輝くお伽噺の世界

アニメ映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品されたディズニー・アニメの不朽の名作の実写映画にしたのが本作。最近のディズニー・アニメのように、昔のお伽噺をディズニー&現代解釈で再構築するのではなく、あくまでも1991年のアニメ版をベースに完全実写化。そのため、ストーリー的な新鮮さは乏しい。

しかし、実写と最新VFXで描かれる豪華絢爛な美術や衣装は、正に現代に蘇るキラキラ輝くお伽噺の世界。また、個性的な俳優陣たちの素晴らしい歌声と巧みなカット割りで、観客を作品の世界へグイグイと惹き込んで行く。

失意のベルを、城の召使たちが大騒ぎするシーンは圧巻

ビル・コンドン監督のミュージカルの魅せ方も素晴らしい。繊細で美しく、メリハリのある映像は、アニメ版とは一味も二味も違った新鮮さ。特に、スリリングなシーンでのスピード感に圧倒された。また、ベルと野獣のダンスシーンは、有名過ぎる主題歌「美女と野獣』の使い方含めてとてもロマンチック。

個人的に目を奪われたのは、失意のベルを、ポット夫人や蝋燭のルミエール、置き時計のコグスワースや洋服ダンスのワードローブなど家財道具に変えられた城の召使たちが、幻想的な大騒ぎを繰り広げるシーン。あのエネルギッシュでお洒落な場面は、最近のミュージカル映画では飛び抜けて見応えがあった。

アニメ版に忠実過ぎる実写化をどう捉えるか?

そして、自分の魅力を信じること、人間の本当の美しさは外見ではないと言う、「美女と野獣」の普遍的なメッセージは、本作にも確実に受け継がれしっかりと伝わってくる。

しかし、アニメ版に忠実過ぎる実写化と言う制作意図には、賛否が分かれるかもしれないが、アニメ版へのオマージュと捉えて、超一級のエンターテインメントを観ると言う視点で、思い切り楽しむ方がしあわせになれる、そんな作品だった。

最後に一言。私はオリジナルの雰囲気を楽しみたいがために「字幕版」を選んだ。そのことは音楽と台詞とカット割りの絶妙さを味わえて後悔は無い。しかし、アニメ版と比較するとベルを演じたエマ・ワトソンの歌唱力、特に高音部が残念だった。まあ、声重視で配役するアニメと実写では事情が違うが、そこがマイナスだった。

あとがき

1991年のディズニーアニメ不朽の名作の忠実過ぎる実写映画と言う点は、賛否が分かれるでしょう。私はそこを “アニメ版へのオマージュ” と捉えて、超一級のエンターテインメントを観ると言う視点で、思い切り楽しむ方がしあわせになれると思います。歌詞の世界観からすると、字幕版がよろしいかと。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション(日本語版)
美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック<英語版[1CD]>


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9786/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/449216563.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「美女と野獣」

愛を、知る… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201704210001/ 美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション (日本語版) [ (オリジナル・サウンドトラック) ]

美女と野獣

【概略】 進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル。ある日、彼女は野獣と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹かれていくベル。一方の野獣は…。 ラブストーリー ベル役にエマ...

[映画『美女と野獣(2017)』を観た]

☆・・・なんか定番ゆえに、全く見るつもりなかったのだが、巡り合わせで映画館に向かった。 アニメ版をそのまま実写に移したような印象で、現代の目で見れば、私は、『華麗なるギャツビー』もストーカーの話だし、『美女と野獣』も、ある意味 『完全なる飼育』みたいに思...

美女と野獣

評価:★★★【3点】(11) 対象年齢が小学低学年とかなり低いように感じたが(笑)

美女と野獣

美女と野獣@ユナイテッドシネマ豊洲

美女と野獣/BEAUTY AND THE BEAST

好きなディズニー映画3位 ラプンツェル、2位 アラジン 1位 美女と野獣 一番好きな美女と野獣の実写化 (レア・セドゥとヴァンサン・カッセルのは監督が❌なので観る気がしなかった) ベル=エマ・ワトソン        野獣=ダン・スティーヴンス ガストン=ルーク・エヴァンス(プライベートではゲイをカミングアウト。⇦でも好きだな)  ルフウ=ジョシュ・ギャッド で、キャスト...

映画「美女と野獣(IMAX3D)」感想

ディズニーアニメ「美女と野獣」の実写化 邦画ではアニメの実写化=駄作が定番ですが、さすがディズニー、良作に仕上げて来ました。うんざりする安っぽいCGにセット、役者以下の芸能人の猿芝居でお茶を濁すような事はしません。 ハリポタのハーマイオニーだったエマ・ワトソンがベルを演じるのが話題。残念ながらしゃくれあごはベルのイメージには合わないけれど、映画の宣伝としては十分だったでし...

美女と野獣IMAX ★★★★★★

ディズニー・アニメ不朽の名作「美女と野獣」を「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化したファンタジー・ラブ・ロマンス。魔女の呪いで醜い野獣に変えられた王子と、聡明で心優しきヒロインの真実の愛を、アニメ版の名曲の数々に加え、新たに書き...

美女と野獣・・・・・評価額1800円

伝説が、再び生まれる。 ディズニー手描きアニメーションの最高峰を、単に実写化しただけの作品ではない。 限りなく完璧に近かったオリジナルのドラマをさらに補完し、その先を見せてくれるのだ。 ベル父娘は、なぜあの退屈な村に住んでいるのか。 なぜ野獣は、冷酷な青年に育ってしまったのか。 そして、二人はなぜ惹かれあい、お互いを愛する様になったのか。 オリジナルの84分から、40分以上伸...

「美女と野獣(2017年版)」

けっこう重たくない?

美女と野獣

問答無用のハッピーエンドが胸を打つ。

美女と野獣(2017)

公式サイト。原題:Beauty and the Beast。ビル・コンドン監督。エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン、ジョシュ・ギャッド、ユアン・マクレガ ...

『美女と野獣』

これぞディズニーの語り継がれるラブロマンス映画だ。贅沢なまでに楽しませてくれる愛のエンターテイメントだ。 何と満足度の高い映画なんだろうか。1991年のアニメ版の完全実写化 ...

「美女と野獣」Beauty and The Beast (2017 ディズニー)

うちの娘が卒論に選んだのは&ldquo;異種婚姻譚&rdquo;というジャンルらしい。人間以外の異性と結婚する物語。日本でいえば「鶴の恩返し」や「雪女」がそれにあたるとか。西洋で代表されるのはこの「美女と野獣」だろう。醜い野獣と美しい娘の恋愛は、異種である以上に複雑な要素をはらんでいるはず。わたしは1946年のジャン・コクトー監督版しか見たことがなく、モノクロの画面であるがゆえにかえって印象...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR