貴族探偵 (第1話/初回30拡大版・2017/4/17) 感想

貴族探偵

フジテレビ系・月9『貴族探偵』公式
第1話/初回30拡大版『推理は雑事!破天荒なニューヒーロー登場!誰よりも優雅に悪を裁く!』の感想。
なお、原作:麻耶雄嵩「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」(小説)は未読。



名探偵・切子(井川遥)を師と仰ぐ新米探偵の愛香(武井咲)はクライアントの令嬢・依子(木南晴夏)の別荘を訪れ、古井戸の前で彼女の友人・笹部(ハリー杉山)の他殺体を発見。神奈川県警の鼻形(生瀬勝久)らが捜査を始める中、貴族探偵と名乗る謎の青年(相葉雅紀)が現れ、警察上層部に働き掛けて捜査に乗り出す。が、貴族は何もせず、執事の山本(松重豊)ら使用人に捜査を任せるだけ。憤る愛香は先に真相を暴こうとする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

テレビドラマとして、ただただテンポが悪過ぎる!

脚本は、『ようこそ、わが家へ』等の黒岩勉氏。第1話の演出は、、『ようこそ、わが家へ』等の中江功氏。なお、演出は中江氏のほか、『好きな人がいること』の金井紘氏と、『5→9~私に恋したお坊さん~』『ラヴソング』の相沢秀幸氏の3人体制。中江氏がチーフDだから、この雰囲気で進むのだろう。

ちょっと設定が変わった探偵の物語らしい。実は深夜に録画をお酒を飲みながら見たせいか、30分で飽きて寝てしまった。で、これは作り手に失礼だからと、今朝改めて見直したのだが、あれこれ書くのが面倒だから、単刀直入に書くと、テレビドラマとしてテンポが悪過ぎる。

内容が分からなくなる程に切り刻んで小ネタを入れたら…

主人公の設定がどうだとか、事件が、捜査が、推理が、結末が…なんてのは、改善要求したい部分としては相当先の話。確かに、小ネタを入れて本作らしい雰囲気を醸し出したいのは理解するが、物語の内容が掴み切れない程に、切り刻んでまで小ネタを入れたら、もはや何を描きたいのかさえも見えなくなることは周知でないのか?

主人公のキャラ作りの苦悩で、周りが見えなくなった?

結局、「何を描きたいのか?」が見えないのだから、探偵モノ、推理モノとして崩壊しているのも明らか。しかし、演出の中江氏は苦労の末に、この第1話を撮ったことを明らかにしている。中江氏の言葉を引用すると…

月9「貴族探偵」異例の初回一部撮り直し 主人公“難産”も新ヒーロー誕生へ
     http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/17/kiji/20170416s00041000386000c.html

「相葉君のセリフにほとんど抑揚もつけず、なるべく抑えて演じてもらいましたが、ロボットのように無機質になりすぎて。このキャラクターで最終回まで行くのは厳しい。主人公として、もうちょっと魅力的なキャラじゃないと、連続ドラマとして持たない。相葉君のよさが出ない。撮り終わった時、自分の中で『違うなぁ』と違和感がありました」(中略)

「貴族としての品はありながら“庶民派”の要素を取り入れた。貴族とは相反するようにも映るが「新しいヒーローを作りたかったので。愛されて、かわいくて、カッコよくて。そういう要素を全部持っていた方がニューヒーローとしてはいいんじゃないかと思いました。硬いキャラだと、愛されにくい。ファニーな感じにシフトしました」

これを読めば、年齢、家族、学歴、住所、本名までも不明の主人公・貴族探偵のキャラづくりに苦悩したのが分かる。そして、そこに注視しすぎてその他の部分がお座なりになった、と考えるのは無理があるだろうか。主人公の魅力は重要課題であるのは、確かだが、ドラマ全体が面白くないと出演者のファンですらも楽しめないドラマになるのは、『月9』の歴史が物語っているのではないか。

「あの俳優さんだったら良いのに…」のオンパレード

それにしても、本作に出演している生瀬勝久さん、松重豊さん、滝藤賢一さんら3人の名バイプレーヤーズが存在しなかったら、恐ろしい仕上がりになったのでは?また、これは私の個人的な好みと印象だが、全体のキャスティングに違和感があって、「あの俳優さんだったら良いのに…」のオンパレード。

敢えて、個別に列記するのは止めておくが、出演者のファンだけが楽しめるドラマは頂けません。これは、2017年4月に30周年を迎える『月9』のファンとしても、嵐の応援団としても、皆が楽しめるドラマに仕上げて欲しい。

そのためには、まず明らかに馬鹿馬鹿しいと思える小ネタを厳選して、きちんと事件発生から謎解きの過程、そして推理披露までの流れをしっかりと描くこと。

貴族探偵 (第1話/初回30拡大版・2017/4/17) 感想

番組の最後にこんなカットを入れても、ツッコミを入れる以前の仕上がり。せめて、ツッコミながら楽しめるファンタジードラマに仕上げて欲しい。話はそれからだ。

あとがき

カメラワークも編集もダレてましたね。脚本通りに撮影して編集したみたい。美術も無駄に金を掛けてる部分があれば安っぽさ丸出しの部分もある。演技は今からどうしようもないので、脚本と演出らスタッフが変えるしかないですね。まずは、学芸会みたいな脚本を直して、キリッと引き締まった演出と編集に。

小ネタは、3人の名バイプレーヤーズが如何様にも楽しく仕上げてくれるはず。だからと言って、大量に突っ込んだらドラマが『バイプレーヤーズ』になってしまいますから程々が一番。嵐が歌う主題歌『 I’ll be there』とエンドロール映像は良かったです。

ちょっと風変わりな探偵ドラマなら、KAT-TUN・中丸雄一さん主演の『マッサージ探偵ジョー』の方が笑えるし良く出来てますよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
貴族探偵 (集英社文庫)
貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)
I'll be there(初回限定盤)(DVD付) フジテレビ系月9ドラマの最新作『貴族探偵』(主演:相葉雅紀)の主題歌
I'll be there フジテレビ系月9ドラマの最新作『貴族探偵』(主演:相葉雅紀)の主題歌


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9769/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/449112790.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

貴族探偵「推理は雑事!破天荒なニューヒーロー登場!誰よりも優雅に悪を裁く!」

原作は、ミステリー作家・麻耶雄嵩による本格推理小説「貴族探偵」とその続編「貴族探偵対女探偵」いきなり美女2人… 高徳愛香(武井咲)は、喜多見切子(井川遥)の変顔で始まるオープニングも画期的なら、いろいろと、チャレンジ精神旺盛な遊び心に満ちたミステリーは、月9ドラマ30周年記念作品キャスティングも豪華だし、全力で遊び要素満載にしてるサービス精神は、よく分かったのですが、ミステリ音痴の私には、あ...

貴族探偵 第1話

高徳愛香(武井咲)は、喜多見切子(井川遥)を師と仰ぎ、彼女の事務所に勤める新米女性探偵です。 その日、愛香は重要なクライアントの玉村家の令嬢・依子(木南晴夏)からパーティーに招かれて、山荘を訪れます。 出迎えた依子は、山荘の地下室にある「鬼隠しの井戸」と呼ばれる古井戸の話を愛香に聞かせていました。 後味の悪い話を聞かされた愛香が地下室の扉を開けると、古井戸のそばでパーティー...

【貴族探偵】第1回 感想

いつの時代も愚かな凶行に走るのは己の独占欲を満たそうとする男だと相場は決まっています。 あなたは悪くない。 ただ美しかっただけです。 …

貴族探偵~小ネタがいっぱい! ポルパ → ポルカ → 老人と子供が歌う歌 →ズビズバ →左卜全ww

「貴族に労働を強要するとは時代も傲慢になったものだ。  使用人は何のためにいると思っているのです?  推理などの雑事は使用人に任せればいいのですよ」  推理をしない探偵の登場である!(笑)  おそらく貴族探偵(相葉雅紀)は、一瞬で事件の真相を見抜いてしま...

貴族探偵 第1話

『推理はしないが、謎は解く!破天荒なニューヒーロー登場!』内容その日、喜多見切子(井川遥)探偵事務所の高徳愛香(武井咲)は、クライアントの玉村依子(木南晴夏)の屋敷へと向かう。財閥令嬢の依子は、パーティーの準備で忙しそうだった。早速、依子は、屋敷“カスコン荘...

貴族探偵 #01

貴族探偵 #01 原作既読だったので1話を視聴。 原作小説がある作品は読者によって個々に抱いている「イメージ」が違うため実写化やアニメ化といった映像化はやはりハードルが高いな、というのが率直なところ。 いや、そんな回りくどい言い方をせずにバッサリ切らせてもらえば主演・貴族探偵役の相葉雅紀さんでは荷が勝ってしまう。まぁ、演技力が足りないといえばそれまでなんだけど、それ以前に生...

【貴族探偵】初回(第1話)感想と視聴率

「推理は雑事!破天荒なニューヒーロー登場!誰よりも優雅に悪を裁く!」-初回(第1

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR