ひよっこ (第7回・4/10) 感想

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』『第7回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


稲刈りが終わり、実(沢村一樹)が東京に戻る日。みね子(有村架純)は寂しくならないように朝食の席で明るく振る舞い、ちよ子(宮原和)と進(高橋來)にも笑顔でいるよう言い聞かせる。実もまた名残惜しそうに、バス停までの道を美代子(木村佳乃)の手を握って歩く。東京に戻った実は、真っ先に赤坂の洋食屋「すずふり亭」を訪れる。そのころ三男(泉澤祐希)は、授業も上の空で一人思いつめていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

泣いて、笑って、お腹が空いて…

先週、期待と不安が入り乱れてスタートした『ひよっこ』。私としては、期待以上の仕上がりで無事に1週目が終了。2週目もその調子で…と願いつつ始まった月曜日。結論から言っちゃうと、泣いて、笑って、お腹が空いて…と言ったところだろうか。とにかく日本的な情緒満載、先が楽しみな15分間だった。

いいね。朝からちゃんと挨拶で始まる朝ドラって…

さて、今回もアバンタイトル無しで、冒頭からタイトル映像。もう、このミニチュアCGと桑田さんの声が無いと、気分よく朝が迎えられない私。そして、「語り」の増田明美さんの声も完全に耳に馴染んでしまった。

語り「おはようございます。
   早速ですが、ちょっと振り返っておきましょうね。
   今週からでも大丈夫ですよ」

いいね。朝からちゃんと挨拶で始まる朝ドラって。それに、上から目線でもなく押しつけがましくもない解説が。また、約2分間の先週の振り返り映像も、1週間のいいとこどり。そして、そのまま谷田部家にとって大切で忘れることが出来ない1日の始まりに繋がる構成。こう言う自然な流れが、感情移入し易くするのだ。

説明じゃなくて解説。これが本作らしくて素晴らしい…

語り「何だか、朝ごはんも盛り上がりませんね」」

もう、最初にこんな「語り」が入ってしまったら、先を観る前からウルウルしそう。で、じめっとしないように、前夜のくだり。『ひょっこりひょうたん島』の貴重な資料映像入りで、今週のサブタイトル『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』の解説。説明じゃなくて解説。これが本作らしくて素晴らしい。

みね子の家族の気持ちを察するモノローグが泣ける…

みね子(有村架純)が、東京オリンピックの聖火の話で、寂しくならないように明るく振る舞うが、実(沢村一樹)も美代子(木村佳乃)も家族みんなが寂しそう。当然、家族の気持ちを十分に察してるみね子のこのモノローグも泣けてくる…

みね子(M)「お父さん、この沈黙を破ろうとしてみたけど、
      うまくいきませんでした」

そして、力を振り絞って「頑張って下さい」と先週成長したみね子が、実に言うのも健気で可愛い。そんな娘の顔をくちゃくちゃに触って、学校へ見送る実の笑顔もいい。「行って来ます!行ってらっしゃい!」なんて普通の言葉も、何か特別な言葉に感じる。女優志望の時子(佐久間由衣)も可愛かった。

妹弟が約束を破って、泣きべそをかくシーンからグッと…

ここまで7分。明るく振る舞い描いてきたが、妹・ちよ子(宮原和)と弟・進(高橋來)がみね子との前夜の約束を破って、泣きべそをかいたシーンからグッとくる。祖父・茂(古谷一行)の「結局、泣くことにしたのか」とか、「バス停まで行げ」を美代子に代弁させるとか、本当にいい感じ。

授業中のみね子が遠くの汽車の汽笛を聞いて、「はぁ~あ…」とため息をつく。そんな寂しい場面に、時子と三男(泉澤祐希)の就職予定先を字幕で表示なんて面白過ぎるし丁寧過ぎる。そんなボーっとしているみね子が、三男に話し掛けるるような愚痴っているような雰囲気に、オフでこんな声が…

田神「安心しろ。俺はずっとみね子のそばにいっと」

田神先生(津田寛治)の声で、現実に目が覚めるみね子。こう言うベタな展開も、寂しい朝のシーンからの脱出には最適だ。それに、さりげなく田神に、女優の香川京子さんが茨城県行方郡麻生町(当時 現行方市)であるプチ情報まで盛り込んで。本作は、どこまで丁寧に描くんだ。

やはり、すずふり亭は、人に優しい店なんだ…

11分過ぎ、久し振りのすずふり亭。実に、ハンバーグのアップが美味しそう。デミグラスソースをかけて煮込む省吾を演じる佐々木蔵之介さんは、もう本物の洋食屋の料理長にしか見えない。

鈴子(宮本信子)に先日のお土産のお礼を言う実。その字幕が「ポオクカツサンド」になっていたのに笑ってしまった。字幕まで雰囲気を的確に捉えて表現してるなんて凄すぎる。「谷田部」の名前を鈴子たちが知るきっかけも自然で良かった。

そして、重箱をすぐに返すなんてのも、今となっては昭和の日常。省吾の「いい人だね」で、すずふり亭と出稼ぎの人たちとの関係が垣間見れた。やはり、すずふり亭は、人に優しい店なんだ。いいな、すずふり亭…

実の身に何かが起こる週のツカミとしては、大成功!

13分過ぎ、出稼ぎ労働者のための宿舎。二階建ての外観と袋小路のスタジオセットと照明が、古き良き時代の昭和を醸し出していた。そして、出稼ぎ労働者の給料を狙う上野のスリの話。劇番と合わせて、いよいよ不穏な雰囲気が漂う。ここでは「語り」が入らず、「つづく」のテロップだけ。

予告編でも、今週は実の身に何かが起こる週。その1週間のツカミとしては、大成功ではないだろうか。

あとがき

大きな騒動もなく終わった第1週を受けての第2週の月曜日。今日も僅かなネタフリはありましたが、昭和39年の田舎の農家の日常が、丁寧に且つ楽しく描かれました。でも、ちょっぴり気になることがあります。それは、主人公はみね子なのに、今回での実の出番が多かったこと。

確かに、予告編で今週は実の身に何かが起こり、物語が大きく動き始めるように見せているので、決しておかしくは無いのですが。家族全員を描くのは良い事ですが、もう少しみね子自身の物語も描いて欲しいなと。でも、まだまだ7回です。細かいことは気にせず、私はこのまま本作を楽しみます…

なお、前回の感想に、数々のコメントや114回ものWeb拍手を頂き、ありがとうございます。今週も一緒に楽しみましょう…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9736/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/448884301.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1  2  3  4  5  6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

泣くのはいやだ、笑っちゃおう>『ひよっこ』第7話

実父さんが帰ってくるまでの先週は 明るく温かく幸福感に包まれていて 実父さんが東京に戻ると スリの話が出たりして途端に薄暗く寒く不安感で満ち始める 今週はまた違う色合いになりそう …ひじゅにですが何か? 「今週からでも大丈夫ですよ」by増田明美 第2話の冒頭でも 「今日からでも大丈夫ですよ」 と言っていたっけな(笑) そもそも第1話...

泣くのはいやだ、笑っちゃおう>『ひよっこ...

実父さんが帰ってくるまでの先週は明るく温かく幸福感に包まれていて実父さんが東京に戻るとスリの話が出たりして途端に薄暗く寒く不安感で満ち始める今週はまた違う色合いになりそ...

ひよっこ 第7回

『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』内容稲刈りが終わり、父・実(沢村一樹)が東京へ戻る日がやって来る。みね子(有村架純)は、明るく振る舞おうと決意。妹・ちよ子(宮原和)弟・進(高橋來)にも明るくと。実自身も、バス停まで一緒に行く美代子(木村佳乃)の手をとり。。。。 敬称略 丁寧すぎるほど、丁寧だね。 名前を字幕で出すだけでなく、就職先まで出すとは。。。。(笑) ま。。。字幕はともかく...

【ひよっこ】第7回 感想

稲刈りが終わり、実(沢村一樹)が東京に戻る日。みね子(有村架純)は寂しくならないように朝食の席で明るく振る舞い、ちよ子(宮原和)と進(高橋來)…

【ひよっこ】第7話(4/10月)感想と第6回視聴率・大台越え♪

第6回(4/8土)の関東の視聴率、ようやく20%の大台を超えて、20.1%♪(^

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR