べっぴんさん (第148回・3/29) 感想

連続テレビ小説「べっぴんさん」

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』公式
第26週(最終週)『エバーグリーン』『第148回』の感想。
なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。
 本作は、2/28 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


すみれ(芳根京子)の孫・藍(渡邊このみ)が、塾に来ていないとの連絡が入る。すでに数日間も塾に通っていなかったことがわかり、心配するすみれと紀夫(永山絢斗)、さくら(井頭愛海)たち。いつもどおり夕方には戻ると信じて待つものの、夜になっても帰りがない。警察に連絡し、手分けして探すことになるが、すみれは一人自宅で待機することに。藍の無事を必死で祈るすみれだったが、ふと懐かしい声が聞こえてきて…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

靴とカメラの分解は、どうやっても同系列のエピでない

前回から、急に紀夫(永山絢斗)の曜日を忘れると言う痴呆症状らしきものや、すみれ(芳根京子)が背中を曲げよろよろ動くと言う “老い” を表現し、今更ながら必死に孫・藍(渡邊このみ)との “繋がり” を描こうとしている本作。見ているこちらが痛々しく思ってしまう程の仕上がりの低さ。

どう考えても、分解されたカメラを一目見ただけで藍を叱る紀夫の浅はかさ。何よりも学校を優先するすみれの杓子定規さ。そもそも、靴の分解とカメラの分解なんてどうやっても同系列のエピソードになるはずないのに、2回も使って描いてもしょうがないのに。

子役のさくらが、何かを分解していたら良かったのに…

これ、ホントは同系列のエピソードに出来た可能性がある。それは、子役のさくら(粟野咲莉)にも何か分解させたら良かったのだ。そしたら、理由はともかく映像的に、まず「すみれ→さくら」が描かれ、続いて「さくら→藍」と言う “繋がり” が描けたに違いない。

しかし、本作は今年に入っての約2か月間を凡そ「すみれ→さくら」の “繋がり” とは無関係な「さくらの乱」を描いた。これが本作の致命傷になった。なぜなら、視聴者の心に「すみれ→さくら」と言う流れが途切れたから。もう、この時点で親子の繋がりのドラマは死んだ。なのに、こうしてダラダラと…

すみれが家出をしたと言う "騒動" があれば違ったかも?

そう書いたと思ったら「さくら→藍」のエピソードとしての「家出」ネタ。こう考えると、過去にすみれも何度か外泊(仕事で家に帰れなかった)エピソードがあるが、周囲が「すみれが家出をした」と騒ぐ本当の意味での “騒動” を描いていたら、「家出」繋がりで「すみれ→さくら→藍」が構築できた可能性はある。

やはり、全151話の構成を事前に十分に精査しないで、脚本を書き始めたと見るのが正しい様だ。

益々「すみれ→藍」の繋がりが強調されてしまう

そして、また不可思議なことが。なぜ、わざわざ「レリビィ」に全員集合して騒ぐのか。携帯電話も無い時代、まずはさくらが皆に電話をして、坂東家を基地にするのが普通では?しかし、そんなのはどうでもいい。問題は、さくらが藍の子育てに手を焼いていると言う愚痴をこぼすシーンでの以下の台詞だ。

さくら「少々、困ったところがあると言う感じやね」
健太郎「そやなぁ」
さくら「あんまり感情を外に出さないし、しゃべらへんのよ。
    何か聞いても黙って答えないし…」

これ、そのまんま “すみれ” のこと。こんな台詞を書くから、益々「すみれ→藍」の繋がりが強調されてしまう。

まさか「さくらの乱」が劇中で無いことになってる?

更に、驚愕の台詞が続く。

さくら「一人っ子やから、堪え性のない
    我儘な子になってしまったのかも…」
すみれ「そんな事ないわ。さくらも一人っ子でしょ?
    藍は堪え性のない我儘な子なんかやないわ…」
さくら「ごめん」

何これ?「さくらの乱」が劇中で無いことになってるってこと?あの2か月間を?放送残り4回で、視聴者を馬鹿にするにも程がある。

健太郎の捜索範囲の指定が広過ぎない?

今回は、まだまだ驚愕な台詞が続く続く…。夜遅くになっても帰宅しない藍を、身内で手分けして探そうと言うくだりで、健太郎が言う。

健太郎「お父さんたちは神戸の街を」
昭 一「まず、三宮やな」

昭一(平岡祐太)が「まず」と言っているが、こんな夜遅くまで家族みんなで手分けして探してはしなかったってこと?昼間は警察にお任せして、夜は民間人が捜索するってこと?いずれにしても、「お父さんたちは神戸の街を」って捜索範囲の指定が広過ぎないか?

五十八とはなの幽霊が、応接セットで会話をするオカルト

もう、今回は驚愕の台詞やシーンの連続だ。脚本家と演出家のお蔵出しとでも思ってるのか。写真に手を合わせて藍の無事を願って目をつぶったすみれが、そのまま寝ちゃいそうな演技に突っ込もうかと思ったら、敵もやるものだ。こちらの目が覚める映像が飛び込んで来た。

なんと、部屋に後光が射して、五十八(生瀬勝久)とはな(菅野美穂)が幽霊でご登場。それも応接セットに座ってすみれの悩み相談にのると言うのは、もはやオカルト。これ、普通は電話や玄関チャイムが鳴って、我に返ると言うのが普通の流れだが、驚愕のオカルトがまだまだ続くとは!?

堪え性のない一人っ子のすみれは、寝ちゃうのか!?

なんと、ゆり(蓮佛美沙子)が部屋に入って来て、そのゆりにも2人の幽霊が見えて、親子4人の会話が継続しちゃう。その上、いつものように五十八の言うことは、いい話のようで根拠も説得力も無いと言う安定した仕上がりで。

で、完全に場違いな五十八の「お前らは、お父さん、お母さんのべっぴんや」の台詞きっかけで、すみれが夢から覚める。おいおい。みんなが総出で神戸全域を捜索していると言うのに、基地を守るはずのすみれはうたた寝って?普通は、あちこちから確認の電話が入るだろうに。

あとがき

これであと3回。消化試合だからと手抜きっぷりが半端ないですね。何のための15分間だったのでしょう?どうせ、藍は帰って来るんだから、主題歌明けに帰宅させたら良かったのに。結局、幽霊に「べっぴん」を言わせたいだけでしたね。しかし、ゆりが入室しても幽霊との会話が継続した超オカルト映像には失笑しました。

[お願い] コメント等でのあらすじのネタバレ厳禁でお願いします。今やストーリー展開が唯一の私の楽しみですので…(困)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
べっぴんさんメモリアルブック (ステラMOOK)
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 べっぴんさん 完全版 ブルーレイ BOX1 全3枚セット(全巻購入特典:「オリジナルトートバック」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 べっぴんさん 完全版 ブルーレイ BOX2 全5枚セット(全巻購入特典:「オリジナルトートバック」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 べっぴんさん 完全版 ブルーレイ BOX3 全5枚セット(全巻購入特典:「オリジナルトートバック」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」オリジナル・サウンドトラック
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」オリジナル・サウンドトラック Vol.2
ファミリア創業者 坂野惇子 - 「皇室御用達」をつくった主婦のソーレツ人生
familiar[ファミリア] 2017年春夏号 -ママのやさしさで選んだベビー服と雑貨のカタログ- ([カタログ])


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9695/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/448522169.html でも受付けております。


【これまでの感想】
“視聴率=作品の質”か? 「べっぴんさん」視聴率18%台と7日から大台割れ
「べっぴんさん」初回“総合視聴率”は27% 新視聴率調査でテレビのおばさん化に影響を与えるか?
べっぴんさん "お嬢様"を言い訳にし過ぎたり、各エピソードの"配分"の悪さが、ドラマに今一つのめり込めない原因か?
「べっぴんさん(第43回・11/21)」を"紀夫の立場"で改めて考えてみた
「べっぴんさん」2か月過ぎても、まだ本当の意味で "ドラマ" になってない!?
「べっぴんさん」第50回まで描かれずに残念だったこと。そして、本作の課題と今後に期待すること

第1週『想(おも)いをこめた特別な品』
1 2 3 4 5 6
第2週『しあわせの形』
7 8 9 10 11 12
第3週『とにかく前に』
13 14 15 16 17 18
第4週『四つ葉のクローバー』
19 20 21 22 23 24
第5週『お父さまの背中』
25 26 27 28 29 30
第6週『笑顔をもう一度』
31 32  33 34 35 36
第7週『未来』
37 38 39 40 41 42
第8週『止まったままの時計』
43  44 45 46 47 48
第9週『チャンス到来!』
49 50  51 52 53 54
第10週『商いの聖地へ』
55  56 57 58 59 60
第11週『やるべきこと』
61  62 63 64 65 66
第12週『やさしい贈りもの』
67  68 69 70 71 72
第13週『いつものように』
 73 74 75
第14週『新春、想(おも)いあらたに』
 76 77 78 79
第15週『さくら』
 80 81 82 83 84 85
第16週『届かぬ心』
86  87 88 89 90 91
第17週『明日への旅』
92  93 94 95 96 97
第18週『守るべきもの』
98  99 100  101  102  103
第19週『希望』
104  105  106  107  108  109
第20週『旅立ちのとき』
110  111  112  113  114  115
第21週『新世界へ、ようこそ』
116  117  118  119  120  121
第22週『母の背中』
122  123  124  125  126  127
第23週『あいを継ぐもの』
128  129  130  131  132  133
第24週『光の射(さ)す方へ』
134  135  136  137  138  139
第25週『時の魔法』
140  141  142  143  144  145
第26週(最終週)『エバーグリーン』
146  147  

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

水増し大作戦>『べっぴんさん』第148話

カメラを分解=祖母すみれ 家出=母さくら 「血」の繋がりの濃さを二重に強調? これで「繋がり」とか「バトン」とか表現しているつもり? やはり「血」>「思い」ってこと? …ひじゅにですが何か? 「一人っ子やから 堪え性のない我儘な子になってしまったのかも」byさくら ↑自己紹介か? でも、次に続く 「そんなことないわ、さくらも一人っ...

水増し大作戦>『べっぴんさん』第148話

カメラを分解=祖母すみれ家出=母さくら「血」の繋がりの濃さを二重に強調?これで「繋がり」とか「バトン」とか表現しているつもり?やはり「血」>「思い」ってこと?…ひじゅに...

べっぴんさん 第148回

内容紀夫(永山絢斗)からもらったカメラを藍(渡邉このみ)は、分解してしまう。唖然とするすみれ(芳根京子)紀夫。 そんななか、藍が姿を消し。。。 敬称略 どうしても、何らかのカタチで、“繋がり”を。。。と 考えているのだろうけど。 う~~~ん、、、、、。。。。。。

【べっぴんさん】第148回 感想

すみれ(芳根京子)の孫・藍(渡邊このみ)が、塾に来ていないとの連絡が入る。 すでに数日間も塾に通っていなかったことがわかり、心配するすみれと紀夫

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR