真昼の悪魔 (第8話/最終回・2017/3/25) 感想

真昼の悪魔

東海テレビ制作・フジテレビ系・オトナの土ドラ『真昼の悪魔』公式
第8話/最終回『贖罪』ラテ欄『「贖罪」愛を知った悪魔の行く末は』の感想。
なお、原作小説:遠藤周作氏『真昼の悪魔』は既読。


大塚(大倉孝二)と結婚した葉子(田中麗奈)は女児をもうけ、地方で診療所を開いていた。一方、小説家として活躍する難波(中村蒼)は、葉子を主人公とした物語を書くため3年ぶりに神父(伊武雅刀)と会う。難波が葉子を訪ねることを知った神父は、彼女の中で眠っているであろう「悪魔」が目覚めていないかを見定めてくるよう求める。その頃、診療所に、葉子にかつて散々な目に遭わされた人物が訪れ、娘を盾に葉子を脅していた。
上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

難波が動き出して、面白さが増した最終回…

前回で急に話が動き出し、楽しさが戻った本作。これまでも、葉子(田中麗奈)の心に棲む悪魔の部分はそれなりに描かれてきたが、誰の心にも棲んでいる悪魔の部分の描写が物足りなかったのだが、最終回では、難波(中村蒼)が再度登場してきたことで、2つの悪魔が上手に描けてきた。最初からこの位だったらと、悔やまれる…

最終回は、こんなお話…

さて、最終回は『贖罪』の名の通り、愛を知った悪魔の行く末をじわじわと且つ大胆に描いた。葉子が一人娘を手に掛けるどうかのくだりは、若干引き延ばしを感じたのは残念。しかし、結果的に悪魔が手を下したのは、照美(朝加真由美)の方だった。一人娘を「悪魔の子」と呼ばれた怒りからの犯行だ。

ラストは、あれから何十年後の老いた葉子が一人入院している病院。入院費は見舞いには来ないが支払っているのは娘。葉子は自分が娘を殺したと思い込んでいるまま、難波が書いた小説『白衣の悪魔』を手垢が付くまで何度読み返した様子の葉子は、歩行器を使って歩きながら弱弱しい声で歌って終わる…

ラストで葉子が脱ぎ捨てた白衣が意味深で印象的…

かなり、結末については視聴者に解釈を預けた本作。映像から直接分かるのは、ステーキ店のクーポン券を使い切ると決めた葉子は、警察に出頭すると言うことだろう。そして、何十年かの刑務所での刑期を終え、社会復帰したのは老人病院。一度も面会に来ない娘が治療費を払っているが、恐らくそんなことは分からない…

私なりの重要なカットは、葉子が病院の廊下を歩行器を使って歩いている途中で本を落してしゃがんだ際に、パジャマの上に羽織っている白衣が脱げ落ちるカット。葉子は拾おうとしない。そして、ラストカットは白衣のアップ。

本を読んでいるのだから、痴ほうではないのだろう。なのに、白衣を拾わない。まるで脱ぎ捨てたように。本作では、白衣そのものが「昼間の悪魔」の象徴だから、「白衣を脱ぎ捨てた=悪魔からの解放の始まり」を示唆しているのでは?『オトナの土ドラ』に相応しいミステリアスな作品に仕上がった。

あとがき

難波の語りでの補足が多過ぎたのは気になりますが、原作小説程にあれこれ描写が少ないので、しょうがないかもしれません。もうステーキ肉を大量に食らう葉子がもう見れないのは寂しいです。最終回、全体に脚本も演出も粗さが目立ったが残念。全話の構成を調整して、最終回を2回に分けても良かったと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
真昼の悪魔 DVD-BOX
東海テレビ オトナの土ドラ「真昼の悪魔」オリジナル・サウンドトラック
真昼の悪魔 (新潮文庫)遠藤 周作
W FACE ~ inside ~(Blu-ray付)(スマプラ対応) 07 On my way ??※東海テレビ ・ フジテレビ系全国ネット 「真昼の悪魔」 主題歌収録


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9683/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/448389925.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

真昼の悪魔 最終回『贖罪』

それから、数年… 葉子さま(田中麗奈)は大塚(大倉孝二)と結婚し、一人娘をもうけ、富士山のふもとの町で小さな診療所を開き、ほそぼそと医師を続けていました。公園にお弁当をもって家族で出かけ、まるで、絵に描いたような幸福な若夫婦!でも、葉子は3年前、難波(中村蒼)が吉田(鈴木省吾)に託したICレコーダーが病院内で公になり、解雇されていたのですね。難波は、今や売れっ子作家に次には、自らの驚愕の体験...

「真昼の悪魔」 最終話 贖罪 

 「(ーヘー;) うーむ・・・よくわからんラストだったなぁ・・・ 葉子様は望んでいた通りの普通の人間になって、そのため罪の意識から病んで 何十年も精神病棟に入院して老いてし ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR