べっぴんさん (第143回・3/23) 感想

連続テレビ小説「べっぴんさん」

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』公式
第25週『時の魔法』『第143回』の感想。
なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。
 本作は、2/28 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


すみれ(芳根京子)、紀夫(永山絢斗)、明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)は、若手社員たちを前に正式に引退することを発表する。次期社長に任命されたのは…。一方、「男のための着こなし講座」をきっかけに、取材や講演の依頼が来るようになっていた栄輔(松下優也)は、すみれたちが引退することを知り、明美に長年抱えていた想いを告白する。すると明美から思いもよらぬ提案が飛び出し…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

株式会社の社長交代が学級委員のサプライズ発表みたい…

冒頭の喫茶「レリビィ」の映像に、次のシーンの紀夫(永山絢斗)の台詞だけが先行した段階で、何事?って感じで始まったアバンタイトル。株式会社の社長交代が、まるで学級委員の交代だし、指名された武(中島広稀)が意外な顔をしていたってことはサプライズ?いくら何でも適当過ぎる。

これまでの流れだと、次期社長は健太郎(古川雄輝)が無難なのに、どうして雑用係の印象が強い武(中島広稀)を新社長にしたんだろ?こうなるなら、あの健太郎の “夢” だとか騒いだくだりは要らないかったのでは?

「キアリス」が描かず、"名に恥じぬ" と言われても…

25年も神戸で暮らしているのに、未だ大分弁?が抜けない武が、これまたどえらいことをゆうちょった。

武「これまで築き上げてきた
  キアリスと言う名に恥じないように」

だ、か、ら、私は「これまで築き上げてきたキアリス」がどんなものかを見たいの。そこを描かずに「名に恥じぬよう」と言われても、「皇室御用達」と大急百貨店にテナントで入ってるくらいしか知らないから、全く決意がどれほどのものかも推測するしかない。あー、面倒くさい。

全く老けない大島会長が、下の名前で呼ぶのが…

全く老けていない大島会長(伊武雅刀)にも違和感ありありだが、大島が突然に「夫唱婦随」を「婦唱夫随」の話に入れ替えて、取引先の元役員たちをまるでキャバ嬢でも呼ぶように下の名前で呼ぶのも、「紀夫君」と呼ぶのも何か変。だって、この時紀夫は54歳、すみれは48歳だ。家族みたいに思ってると捉えるべきか。

大急百貨店の売り場には、暖房入ってないの?

高級デパートの中で紀夫たちが全員コート姿も違和感。51歳で社長夫人のゆり(蓮佛美沙子)が販売員なのも違和感。エレベーターから降りて来た潔(高良健吾)たちはコートを脱いでるのも違和感。そして最大の違和感は、大急百貨店のシーンから2つ先のシーンでの潔の音声が先行していたこと。一瞬何が起こったのか戸惑った。

栄輔が、明美に事実婚を匂わせて騙してるみたいだが…

続いて、今回2度目の喫茶「レリビィ」には勝二(田中要次)がいなかったのは不自然。音楽は「ヒカリノアトリエ」のインストが流れて雰囲気づくりしていたが、収入が未だ不安定で住所も不定の栄輔(松下優也)が明美(谷村美月)の財産目当てで事実婚を匂わして騙してるように見えたが、それで良いのか?

あとがき

結局、「キアリス」の次期社長が武で、栄輔の肩書きが「ファッション評論家」で、明美が建てる家で栄輔が同居するってこと?どこにも、ヒロインのすみれが絡んでませんが。それと、あの音先行の編集。騒動の箇条書きにならないための苦肉の策でしょうが、やるなら15分間に1回だけにしておけば良かったのに。

それにしても、もう内容についてあれこれ言及するのも面倒ですね。あまりにくだらなすぎます。

[お願い] コメント等でのあらすじのネタバレ厳禁でお願いします。今やストーリー展開が唯一の私の楽しみですので…(困)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫)
ファミリア創業者 坂野惇子 - 皇室御用達をつくった主婦のソーレツ人生
坂野惇子の人生 (MSムック)
上品な上質---ファミリアの考えるものづくり
時空旅人別冊 “べっぴんさん"坂野惇子の生涯: サンエイムック
連続テレビ小説 べっぴんさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9672/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/448289638.html でも受付けております。


【これまでの感想】
“視聴率=作品の質”か? 「べっぴんさん」視聴率18%台と7日から大台割れ
「べっぴんさん」初回“総合視聴率”は27% 新視聴率調査でテレビのおばさん化に影響を与えるか?
べっぴんさん "お嬢様"を言い訳にし過ぎたり、各エピソードの"配分"の悪さが、ドラマに今一つのめり込めない原因か?
「べっぴんさん(第43回・11/21)」を"紀夫の立場"で改めて考えてみた
「べっぴんさん」2か月過ぎても、まだ本当の意味で "ドラマ" になってない!?
「べっぴんさん」第50回まで描かれずに残念だったこと。そして、本作の課題と今後に期待すること

第1週『想(おも)いをこめた特別な品』
1 2 3 4 5 6
第2週『しあわせの形』
7 8 9 10 11 12
第3週『とにかく前に』
13 14 15 16 17 18
第4週『四つ葉のクローバー』
19 20 21 22 23 24
第5週『お父さまの背中』
25 26 27 28 29 30
第6週『笑顔をもう一度』
31 32  33 34 35 36
第7週『未来』
37 38 39 40 41 42
第8週『止まったままの時計』
43  44 45 46 47 48
第9週『チャンス到来!』
49 50  51 52 53 54
第10週『商いの聖地へ』
55  56 57 58 59 60
第11週『やるべきこと』
61  62 63 64 65 66
第12週『やさしい贈りもの』
67  68 69 70 71 72
第13週『いつものように』
 73 74 75
第14週『新春、想(おも)いあらたに』
 76 77 78 79
第15週『さくら』
 80 81 82 83 84 85
第16週『届かぬ心』
86  87 88 89 90 91
第17週『明日への旅』
92  93 94 95 96 97
第18週『守るべきもの』
98  99 100  101  102  103
第19週『希望』
104  105  106  107  108  109
第20週『旅立ちのとき』
110  111  112  113  114  115
第21週『新世界へ、ようこそ』
116  117  118  119  120  121
第22週『母の背中』
122  123  124  125  126  127
第23週『あいを継ぐもの』
128  129  130  131  132  133
第24週『光の射(さ)す方へ』
134  135  136  137  138  139
第25週『時の魔法』
140  141  142  

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ほうれん草>『べっぴんさん』第143話

龍一が栄輔&明美に気を遣って店を離れる際 「ほうれん草を切らしてた」と言っていたけど タダの口実だから 「キャベツを切らしてた」でも 「パクチーを切らしてた」でも 「かき菜を切らしてた」でも>群馬限定? 何でも良いのに…敢えて「ほうれん草」にしたのは 「報連相」が足りないドラマだから? サプライズ好きな人物ばかりで 今日も今日で社長任命さえサプライズ こう...

ほうれん草>『べっぴんさん』第143話

龍一が栄輔&明美に気を遣って店を離れる際「ほうれん草を切らしてた」と言っていたけどタダの口実だから「キャベツを切らしてた」でも「パクチーを切らしてた」でも「かき菜を切ら...

べっぴんさん 第143回

内容紀夫(永山絢斗)すみれ(芳根京子)たちは、足立(中島広稀)ら社員に、会社を退くことを発表する。 敬称略 「コレまで築きあげてきた“キアリス”という名に恥じないように。。。」 もう、《?》しかないです。 たしかに、描こうとしているコト。 そして、この2週間ほどで描いているコト自体は、 大きな不満などは無いのだが。 さすがに、...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR