嫌われる勇気 (第9話・2017/3/9) 感想

嫌われる勇気

フジテレビ系・木曜劇場『嫌われる勇気』公式
第9話『黒幕は誰だ!真実が引き裂く孤独なバディ』の感想。
なお、原案:岸見一郎氏・古賀史健氏のノンフィクション『嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え-』は既読。



青山(加藤シゲアキ)が大文字(椎名桔平)の研究室を訪ねた帰りに何者かに刺され、その現場付近で会社員の男性・近藤の刺殺体が発見される。近藤は、蘭子(香里奈)の父の物である実家の鍵を所持していた。蘭子は、この事件と18年前に起きた自身の誘拐事件との関連を確信する。蘭子は大文字に犯人の心当たりを聞きに行く。ところが、大文字は、事件の解決には蘭子がトラウマに支配されている現状から脱却する必要があると説く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

一番やってはいけないことをやっちゃった!?

前回からの流れで、「アドラー心理学」に則って過去のトラウマに支配されている蘭子(香里奈)がトラウマを否定する辺りを描くかと思いきや、意外と普通の刑事ドラマでやや拍子抜け。更に、真犯人は次週の最終回へ先延ばしって。

これ、流石に “謎” を引っ張り過ぎてる。確かに “謎” は視聴者の1つの興味関心ではあるが、それは興味関心を抱けるように、ある程度事前にこれまで上手い具合に小出しにして興味関心を惹き付けるようにやってきた場合だけ。本作のように、ただただ先延ばしにしている作品では通用しない。

その点に於いて、今回の真犯人の謎解きを二週跨ぎにしたのは、一番やってはいけないこと。どうして、こんな構成にしたんだろう?

あとがき

「アドラー心理学」と「刑事ドラマ」の融合を、比較的に好意的に見てきたのですが、この度の二週跨ぎは頂けません。謎を抱えた主人公が謎を抱えたまま1時間画面に出ているだけでは、面白くありません。でも、こう言う展開なら最終回を観るしかありませんけれど。こう言うドラマづくりは賛成しかねます…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


               

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「嫌われる勇気」オリジナルサウンドトラック
嫌われる勇気
幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)
週刊ダイヤモンド 2016年 7/23 号 [雑誌] (今こそ! 「嫌われる勇気」 初めてのアドラー心理学)
マンガでやさしくわかるアドラー心理学
【早期購入特典あり】私(CD+STYLEBOOK)(初回生産限定盤)(B2サイズポスター付)
【早期購入特典あり】私(DVD付)(B2サイズポスター付)
私(CD+STYLEBOOK)(初回生産限定盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9618/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/447768348.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嫌われる勇気 「黒幕は誰だ!真実が引き裂く孤独なバディ」

ラス前というより、引っ張った印象。何者かに刺されて重症な青山(加藤シゲアキ)の、そばで、刺殺体が被害者は近藤という男で、持っていた鍵付きキーホルダー… それは、かつて、蘭子が父に贈ったモノで、子供時代の蘭子(香里奈)を誘拐した実行犯のようでした。蘭子は、自分の過去を知る何者かによる犯行だと確信して、捜査を始めます。メシアの手足として動いていたのは土方(寿大聡)でした。蘭子は、弟・悠真(堀井新...

嫌われる勇気 #09

『黒幕は誰だ!真実が引き裂く孤独なバディ』

木曜劇場『嫌われる勇気』第9話

「黒幕は誰だ!真実が引き裂く孤独なバディ」内容青山(加藤シゲアキ)が、何者かに刺された。病院へと搬送される中、蘭子(香里奈)たちは捜査を開始する。直後、その近くで刺殺体が発見される。青山が刺されたのと同じように、正面から刺されたようだった。蘭子は、その...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR