カルテット (第8話・2017/3/7) 感想

カルテット

TBS系・火曜ドラマ『カルテット』公式
第8話『最後で最大の嘘つきは誰だ!?激動の最終章、開幕!!』の感想。


幹生(宮藤官九郎)との一件が決着し、真紀(松たか子)は鏡子(もたいまさこ)とようやく和解した。鏡子は別荘で4人と夕食を味わい、その後、笑顔で真紀と別れる。諭高(高橋一生)は司(松田龍平)に、幹生と離婚して独り身になった真紀にアタックするようけしかける。一方、別荘などを多く扱う不動産業者で面接を受け、アルバイトを始めたすずめ(満島ひかり)は、司への思いを封じ込めて、真紀と司の仲を進展させようとあれこれ手を回す。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

完成度の高い大人が楽しめるドラマに仕上がった

演出が、本作のチーフ・プロデューサーである土井裕泰に戻った第8話。要領良く生きられない大人の男女4人の、小さな幸せと自分探しの物語と言った感じだろうか。4人の個性も光ってるし、各人の “思い” の違いも丁寧に描写されており、かなり完成度の高い大人が楽しめるドラマに仕上がった。

ちょっと勿体ないと思うこと…

決して今の状態に不満は無いのだが、本作の『カルテット』と言うタイトルを振り返ってみると、楽器演奏をするシーンしか『カルテット』が感じられないのが残念。

また、「ある日偶然出会って共同生活をすることになった4人の男女に巻き起こる、愛とサスペンスに満ちた人間ドラマ」と言う触れ込みでスタートしたが、恋バナの部分が良く出来過ぎており、サスペンスって必要だったかなと。いや、サスペンスの部分も面白いだけに、ちょっと勿体ないような…

あとがき

笑いあり涙あり共感あり謎ありと、ありあり尽くしの本作。これだけ詰め込んでも、ストーリーはしっかりしているし、登場人物も全員個性的で役割も明確。。演出も演技も丁寧で実に見易い。これ、2時間くらいの劇場映画でも良かったかもしれません。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 火曜ドラマ「カルテット」オリジナル・サウンドトラック
ピアノ・ソロ カルテット/オリジナル・サウンドトラック
別冊カルテット ドラマ「カルテット」公式メモリアルBOOK 【特別付録】カルテット オリジナルカレンダー (角川SSCムック)
カルテット1


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9606/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/447703153.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カルテット 「最後で最大の嘘つきは誰だ!?激動の最終章、開幕!!」

わかさぎ釣りに行った4人がユーモラスで、居候してた鏡子(もたいまさこ)のお説教に、隠れてコソコソ、彼女が作った手料理を食べ始める4人も笑えました。なにげに1つの蕎麦を4人が交互に食べるのも可笑しかったけれど、この均衡が絶妙なんですよね。司(松田龍平)の弟、圭が、別荘にやってきて、別荘を売る話を、偶然、知ってしまったすずめ(満島ひかり)少しでも、負担を軽くしそうと不動産屋で働き始めるのも、晴れ...

【カルテット】第8話 感想

ああ~…冗談です! え!? これ。このJでSはなかったことになるから。 なかったことになるかなあ。 …ことにして、みんな生きてるの。 …

カルテット 第8話

真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)、司(松田龍平)はワカサギ釣りを楽しんでいました。 しかし、次第にまったく釣れなくなって、4人はため息を付き始めます。 嫌な雰囲気を変えるため、真紀は昨日見た夢の話をし始めて、すずめ、司も同じように夢の話をし始めますが、すかさず諭高が持論を展開することに。 真紀が、幹生(宮藤官九郎)と離婚したことで、4人での生活は和気...

火曜ドラマ『カルテット』第8話

「最後で最大の嘘つきは誰だ!?激動の最終章、開幕!!」 内容ワカサギ釣りに出かけた真紀(松たか子)すずめ(満島ひかり)そして家森(高橋一生)と別府(松田龍平)初めは釣れていたのだが、釣れなくなっていき。。。。楽しい雰囲気が。。。 別荘に戻ると、先日から泊まっている鏡子(もたいまさこ)の手料理が。いろいろな注意を受けたものの、和気あいあいとした食事に。 そんなある日、家森は、離婚した真紀の...

氷上の穴釣りと危険なナポリタンと片思いの夢とすり替えられた神意と五艘のたこやきとリストの慰めと誰でもない女(満島ひかり)

カルテットなので四角関係なのだが・・・その中には三角関係が包み込まれている。 一つの点から別の図形が派生することもあり・・・たとえば・・・巻真紀-巻幹夫-巻鏡子の三角形など・・・複雑な人間関係を構成している。 巻幹夫-巻真紀-別府司の三角関係は・・・巻夫妻の離婚によって後退し・・・序盤から展開する世

カルテット 第8話「最後で最大の嘘つきは誰だ!?激動の最終章、開幕!!」

公式サイト わかさぎ釣りに行った真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高

『カルテット』 第8話

すずめの片思いが中心に描かれた第8話。宅建の資格証書には「綿来すずめ」とあったので、少なくとも資格を取った時点ではその名字だった。「世吹」を名乗る理由は相変わらず伏せられたままだが、そんなことを吹き飛ばしてしまうような出来事が最後に起きた。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR