真昼の悪魔 (第5話・2017/3/4) 感想

真昼の悪魔

東海テレビ制作・フジテレビ系・オトナの土ドラ『真昼の悪魔』公式
第5話『挑発』ラテ欄『「挑発」神父VS悪魔の女医』の感想。
なお、原作小説:遠藤周作氏『真昼の悪魔』は未読。


葉子(田中麗奈)は愛を説く神父(伊武雅刀)に反発心を抱き、自分の生き方を宣言。2人の対立は深まる。一方、心療内科に入院する難波(中村蒼)は、まるで洗脳されたかのように葉子に従順になっていた。葉子は亡き父・徳広(村井國夫)が最後に言いたかったことの意味を知るため、難波に自分の生い立ちを題材にした小説を書かせる。その頃、葉子と婚約した大塚(大倉孝二)には、葉子を中傷する差出人不明のメールが多数届いていた。
上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

演出家が交代して、振り出しに戻った印象

演出が、本作3人目の伊藤大輔氏にバトンタッチ。個人的には、第3.4話担当の千葉行利氏の方がテンポやメリハリがあって良かったような。なぜなら、物語が進んでいるようで、実は葉子(田中麗奈)の謎を引っ張っているだけだった第1.2話と似たような印書つになったから。

謎めいた部分を、余りにも引っ張り過ぎ

もちろん、葉子は益々悪魔度が増してきて、かなり恐ろしい女には見えているから、その点では間違っていない。ただ、「なぜ悪魔なのか?」の謎めいた部分が、余りにも引っ張り過ぎのため、間違いなく面白味が欠けている。

あとがき

もう少し、違うことは出来ないでしょうか?流石に煽りと引き延ばしが、完全なマンネリ化に貢献しちゃってるので。出演者もダブってるだけに、昨年の『火の粉』の亡霊が見てえいるのは私だけ?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
真昼の悪魔 (新潮文庫)
真昼の悪魔
W FACE ~ inside ~(Blu-ray付)(スマプラ対応)※東海テレビ・フジテレビ系全国ネット「真昼の悪魔」主題歌「On my way」収録
W FACE ~ inside ~(DVD付)(スマプラ対応)※東海テレビ・フジテレビ系全国ネット「真昼の悪魔」主題歌「On my way」収録


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9595/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/447624662.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「真昼の悪魔」 第5話 挑発 

 さて、心療内科に拘束される日々を経て、すっかり抵抗する気力も 無くなったかに見える使徒・難波(中村蒼)。 そんな彼へ葉子(田中麗奈)は小説のネタとして自分の生い立ちを ...

真昼の悪魔 『挑発』

葉子さま(田中麗奈)のデビル度、今週も、ますます加速人間ドックの申し込みにやってきた、ずっと讒言してた神父(伊武雅刀)を凍らせもはや、半ば諦めて従順になった難波(中村蒼)を作家志望と知り、自分の生い立ちを小説の題材として提供。作品が完成したら、車椅子の事故と見せかけて、再び大怪我。葉子の下僕である、婚約者の大塚(大倉孝二)、葉子さまを中傷するメールに悩まされます。そして、新たな恋敵?浅川(瑛...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR