スーパーサラリーマン左江内氏 (第7話・2017/2/25) 感想

スーパーサラリーマン左江内氏

日本テレビ系・土曜ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』公式
第7話『ヒーローが銀行強盗に!?悪用されたスーパースーツ」』の感想。
なお、原作:藤子・F・不二雄氏の漫画『中年スーパーマン左江内氏』は未読。


スーパーヒーローの自覚が出てきた左江内(堤真一)は、海外のテロのニュースを見て「何もできなかった」と罪悪感を感じる。部下の池杉(賀来賢人)と酒を飲んで、正体を明かした左江内は、スーパーヒーローとしての悩みを話し、後継者に名乗りを上げた池杉にスーツを託した。本気にしていなかった池杉は、翌日、スーツが本物だと知って驚く。直後、SOS信号を聞いた池杉は、左江内に促されて出動することになる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最終章に向けて、これまで以上に吹っ切れた作風

最終章に向けて、これまで以上に吹っ切れた感じの第7話。もう “福田雄一ワールド” 前回の1時時間。序盤のお約束の小池刑事(ムロツヨシ)のコーナー?も今回はコンビニ強盗ネタでこんなに充実&長尺でやる必要があるかって位にガッツリと。

その後も、主人公の左江内(堤真一)がなかなか変身せず、延々と池杉(賀来賢人)のスーパーヒーローのくだりを。円子を演じる小泉今日子さんも、重そうに扇風機を2台持たされてT.M.Revoltionネタをさせられた程度で、今回は左江内一家はお休み気味。それでも、湾曲した夫婦愛や家族愛が描かれたのはサスガだ。

"藤子不二雄ワールド" や壮大なテーマを含んだのはお見事

原作未読だが、今回凄いなと感じたのは何となく “藤子不二雄ワールド” を感じさせたこと。

スーパーヒーローの自覚が出てきた左江内が、スーツを他人に奪われたことで、宿って来た正義感が発揮できないことにジレンマを感じるところ。また、スーパースーツを悪用した銀行強盗に素手で立ち向かう左江内は、ドラえもんに頼らずに問題解決しようと頑張るのび太に重なったり…

解釈を広げれば、自衛隊の海外派遣、強いては日本が世界平和に何がどこまで出来るのか?までも含んだ、壮大なテーマ性を秘めていたのは、素晴らしい。こんな壮大で崇高なテーマを描きつつ、T.M.R.や故横山やすし師匠の往年のネタを入れ込んで、見た目は徹底的に馬鹿らしく仕上げたのはお見事と言うしかない。

あとがき

ある意味、“賀来賢人ワールド” も全開でしたね。『花子とアン』のヒロインの兄・吉太郎のイメージが完全に吹っ飛んじゃいました。それにしても、ゴールデン枠なのに、ここまで癖の強い作風で押し進んで、完全に視聴者の好みの問題になってますね。無難な作風を狙ってくる作品より潔くて好きです。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本テレビ系 土曜ドラマ 「スーパーサラリーマン左江内氏」 オリジナル・サウンドトラック
中年スーパーマン左江内氏 (てんとう虫コミックススペシャル)
Happy?(DVD付)日本テレビ系 新・連続ドラマ 「スーパーサラリーマン左江内氏」主題歌
Happy?日本テレビ系 新・連続ドラマ 「スーパーサラリーマン左江内氏」主題歌


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9563/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/447364048.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スーパーサラリーマン左江内氏 「ヒーローが銀行強盗に!?悪用されたスーパースーツ」

今回は、ちょっと変化球バージョンだったかな?スーパースーツを手に入れて以来、奮闘してきたものの、ちょっと疲れが出た左江内(堤真一)。スーツを、池杉(賀来賢人)に譲ったところ、女の子の気をひくために使ってみたり、果ては、銀行強盗の手に渡り、百人力で空も飛べることをいいことに、それを決行する現場に、あらわれて、謎の老人からもらった「少しだけ弱いスーツ」をまとって、戦ったり…でも、結局、バッジがあ...

スーパーサラリーマン左江内氏 第7話

左江内(堤真一)はスーパースーツを手に入れて以来、近所の平和は守っているものの、海外での痛ましいテロのニュースを見て、結局自分は何もできないのだと無力感を覚えていました。 池杉(賀来賢人)と飲みに行った左江内は、酔った勢いで自分がスーパーヒーローをやっていることを告白し、辛い胸の内を明かします。 酔っ払った池杉が、「じゃあ俺がやります」とスーパーヒーローを引き受けてくれることに。...

土曜ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』 第7話

「ヒーローが銀行強盗に!?悪用されたスーパースーツ」内容ある日のこと、海外のニュースを聞き、自身の無力さを感じる左江内(堤真一)池杉(賀来賢人)と飲みに行き、スーパーマンだと打ち明ける。自分には、資格が無いのではと告白。すると池杉が、替わってくれると言ってくれ。。。。。 翌朝、池杉は、スーパースーツがある事に気付く。しかし、理由が分からず。 一方、左江内は、変身バッジが無いことに気付く。...

ナンパーマン(賀来賢人)VSニーチェマン(間宮祥太朗)超人たる資質なし(早見あかり)

原作者の藤子・F・不二雄には「ウルトラ・スーパー・デラックスマン」(1976年)という短編作品がある。 「中年スーパーマン左江内氏」(1977年)と表裏一体の作品と言える。 「ウルトラ・スーパー・デラックスマン」の主人公はキャラクターとしての「小池さん」である。 「小池さん」の顔をした句楽兼人は超人

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR