A LIFE~愛しき人~ (第6話・2017/2/19) 感想

A LIFE~愛しき人~

TBSテレビ系・日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』公式
第6話『究極のモンスターペイシェント』の感想。



沖田(木村拓哉)の告知の前に、深冬(竹内結子)が自分の脳腫瘍のことを知ってしまう。壮大(浅野忠信)は動揺して沖田を責め立てる。一方、深冬は沖田に、腫瘍のことを虎之介(柄本明)には黙っていてほしいと頼む。そんな中、病院の顧問弁護士である実梨(菜々緒)の父・榊原が病院に運び込まれる。榊原は15年前に妻と実梨を残して別の女性の元に走り、以来音信不通だったという。榊原を憎む実梨は、彼の手術への同意を拒む。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

深冬が脳腫瘍のまま医療行為を続ける違和感は払拭された

「医者が限界を決めちゃいけない」と言う天才外科医が、最善の手術方法を模索している内に医師の理屈には無関係に “患者の命の限界” があることをすっかり忘れている主人公を描き続けて来た本作。

しかし、やっと前回で、沖田(木村拓哉)の告知の前に、深冬(竹内結子)が自分の脳腫瘍のことを知ってしまったことで(これがドラマとして面白いかは別にして)、深冬が医師として病気を抱えながら患者に医療行為を続ける違和感が払拭されたのは、本作にとって朗報だ。

井川を成長させる物語は、もっと丁寧に作って欲しかった

で、このまま深冬の病気の一件を中心に進むかと思いきや、図らずも病院の顧問弁護士である実梨(菜々緒)の父の放送回。それも、実梨との間にワケありの父・達夫(高木渉)は、パチンコ屋で倒れて運ばれてくると言う陳腐な設定で登場。まさか、すべての脇役にスポットを当てる訳ではないと思うが…

ただ、女性の脇役がメインの放送回は、オペナース・由紀(木村文乃)の不発っぷりの記憶が強く残る。その反面、男性の脇役がメインの放送回では、井川(松山ケンイチ)の “神回” の記憶が新しい。それだけに、井川を活躍、成長させる放送回は、もっと丁寧に作って欲しかった。

沖田の医師としての判断力の魅せ方が、間違ってない?

まず、実梨が沖田へのあてつけで井川を指名したくだりの状況説明が、視聴者の好意的な脳内補完をあてにし過ぎて不足気味。井川が術中にフリーズしたのはお約束としても、これまたそれ以上のお約束で、沖田が患者の命を危険にさらして井川に貴重な経験をさせる患者軽視の流れで終了。

毎回気になってしょうがないのが、本作は医師の技量の魅せ方、特に沖田の医師としての判断力の魅せ方が、間違っているように見えてしまうこと。確かにドラマチックではあるのだが、まず既視感があり過ぎるのを何とかしつつ、天才外科医ならもっと別な方法で沖田らしい解決法(患者も同僚も救う)を見せて欲しい。

あとがき

上ではマイナス面を中心に書きましたが、深冬への告知を済ませたことで、これまでで一番沖田が物語の最前線から若干後退して、病院関係者の群像劇になったって感じ。まあ、ここまで弁護士の個人的な事情を詰め込む必要があったかどうかは別にして。

今回を見て改めて悔やまれるのは、第1話か第2話で深冬への告知を済ませておけば、沖田の「自分で限界を作らない」と言うポリシーを物語の中心に据えて、井川や由紀の成長物語と、沖田と深冬と壮大(浅野忠信)の関係をサイドストーリーにして、かなり見応えのある作品になったのでは?ってことです。

“俳優・木村拓哉” の応援団としては残念だし、もったいないとしか言いようがない。あれっ?予告編では次回で深冬がまだ医療行為を続けてる!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9532/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/447169083.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

A LIFE~愛しき人~ 「究極のモンスターペイシェント」

深冬(竹内結子)が、自分の病状を知るところとなりました。あと、井川(松山ケンイチ)が執刀医に指名され、沖田(木村拓哉)が脇に回ったのが印象的だったかな?賛否両論回であるのも、興味深いなぁ、と感じたのでした。      (ストーリー)深冬(竹内結子)が病状を知ってしまったのに、まだ有効な手術の手立てを見出せない沖田(木村拓哉)。深冬を気遣う壮大(浅野忠信)だったが、夫婦の間にもぎこちない空気が...

A LIFE~愛しき人~ 第6話

沖田(木村拓哉)から告知される前に、自分の症状を知ってしまった深冬(竹内結子)は平然としてその場を去りますが、心中は穏やかではないです。 壮大(浅野忠信)は深冬に気を使いますが、夫婦間にはぎこちない空気が漂っています。 沖田の方も、深冬の手術に有効な手立てを見い出せずにいました。 そんな中、早急な手術を必要とする男性患者が救命に運ばれて来て、沖田が執刀することになり、井...

A LIFE~愛しき人~ #06

『究極のモンスターペイシェント』

日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』第6話

「究極のモンスターペイシェント」内容深冬(竹内結子)は、自らの病を知ってしまう。それに気付いた沖田(木村拓哉)は、いま現在の状態を告知するしかなかった。「きっと方法はある。必ず見つけるから」沖田から事態を聞いた壮大(浅野忠信)は、「俺が話せば良かった」と後悔する。壮大は、今まで以上に深冬を気遣うのだが、ふたりに微妙な空気が。。。 そんななか、急患が運ばれてくる。すぐに処置をはじめる沖田と井...

一瞬の殺意と永遠の後悔の間で(木村拓哉)

誰かに殺意を覚えたことのある人ばかりではないだろうが・・・誰かを殺したいほど憎むことは割とありふれた話である。 そのうちの何パーセントかが・・・実行して・・・そのうちの何パーセントかは後悔するわけである。 つまり・・・何パーセントかは殺意を覚え実行して後悔しない可能性がある。 殺意と実行の間には・・

A LIFE~愛しき人~  第6話  *感想*

番組HP 面白いような、、 面白くないような、、 なんとも感想が書きづらい状態。 柳原弁護士(菜々緒)のエピソードと壮大(浅野忠信)の過去が絡ませてあって、 二人とも父親との確執があったことが分かったことや、 虎之介(柄本明)と壮大の父のことが重なっていたり...

「A LIFE〜愛しき人〜」命と向き合う6井川は榊原からあなたには無理と思われた手術を意を決して挑んで成功させ試練を乗り越えた

「A LIFE〜愛しき人〜」第6話は深冬の病状が悪化し始めていた中で病状を知った深冬はこの現実を受け止められない。そんな中で顧問弁護士の榊原が実の父の手術を申し出るもその条件 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR