ホクサイと飯さえあれば (第4話・2017/2/14) 感想

ホクサイと飯さえあれば

TBS/MBS系・MBSドラマイズム『ホクサイと飯さえあれば』公式
第4話『恋のかぼちゃクリームドリア』の感想。
なお、原作:鈴木小波氏の漫画『ホクサイと飯さえあれば』は未読。また、2017年1月17日放送の『第0話/上京・新居飯計画編』は鑑賞済み。


二つの料理を同時進行で作ったブン(上白石萌音)は大失敗する。奮闘しているとジュン(池田エライザ)の幼なじみの男子が現れ、人見知りなブンは慌てる。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

謎の少年・凪が、ホクサイとの会話劇に参加するように…

今回から、謎の少年・凪(桜田ひより)が、ホクサイ(声:梶裕貴)との会話劇にきちんと参加するようになったために、ブン(上白石萌音)の部屋でのシーンのテンポがすごく良くなった。脚本が第1話担当の北川亜矢子氏に戻ったからだろうか。かなりドラマらしい仕上がりになり、正常進化だ。

あとがき

前回と比べると、南京料理が出来るまでを引っ張り過ぎたような。前半のブンちゃんの “エア料理” に周囲の人たちが惹き込まれる部分は良かったし、ブンちゃんが自分のためでなく他の人のために料理を作る楽しさを学んだのも悪くなかったです。次回にも期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
新装版 ホクサイと飯 (ヤンマガKCスペシャル)
[まとめ買い] ホクサイと飯さえあれば(ヤングマガジンコミックス)
主題歌 - HY「HAPPY」
エンディングテーマ - GOOD ON THE REEL「小さな部屋」


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9507/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/447018835.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR