映画「相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』公式)を2017/2/12に、劇場鑑賞。採点は、新たな『相棒』に期待を込めてご祝儀付きで ★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら50点にします。

私の評価基準(映画用)

ざっくりストーリー

7年前、英国で日本領事館関係者の集団毒殺事件が起きり、その唯一の生き残りだった少女が国際犯罪組織に誘拐された。しかし、当時の駐英大使と日本政府は “高度な政治的判断” によって闇に葬った。

そして2016年の夏。特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、総務部広報課の社美彌子(仲間由紀恵)の指示で、国際犯罪組織バーズを追って来日した国連犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウ(鹿賀丈史)に同行していた。

そんな中、7年前に誘拐された少女・鷺沢 瑛里佳(山口まゆ)の現在の姿の動画が公開され、犯行グループは政府に身代金を要求。特命係はマーク・リュウと共に、事件を調べ始めるが、東京が大規模テロの標的になっていることが判明して…。

評価できるのは、大きく3つ。期待感を込めての星3つ…

水谷豊さんが相棒と共に事件解決に挑む人気ドラマシリーズの劇場版第4弾。今回は、謎めいた国際犯罪組織による大規模テロの行方と真相が描かれる。脚本は、大田愛氏。監督は、橋本一氏。元旦スペシャルや本作公開直前の前後編のドラマ版の担当組だ。まあ、評価できるのは、大きく3つ。

[1] 杉下右京と4代目相棒の冠城亘の付かず離れずの距離感
[2] 2代目相棒の神戸尊(及川光博)、元鑑識の米沢守(六角精児)ら、テレビ版では今や退場組のメンバーたちが登場する劇場版らしいファンサービス
[3] 伊丹刑事(川原和久)らお馴染みのメンバーが、捜査に協力し活躍する者もいれば、ヘマをする者もいると言うメリハリ

まあ、この中でも、右京と亘の距離感と、亘らしさを見せた部分は評価したい。その意味で、かなりマンネリ化し『杉下右京の事件簿』化が加速する『相棒』としては、新たな『相棒』を模索しているのが分かると言う意味での期待感を込めての、星3つ(★★★☆☆)であり、100点満点の50点。
実質は、星2つ(★★☆☆☆)であり、100点満点の40点と言わざるを得ない。

脚本は大田愛氏。いつも通りに結末ありきの前半で…

予告編や公式サイトで公開済みの情報のみで、本編のネタバレは最小限のつもりで書くが、国際犯罪組織バーズのリーダー=レイブンを長年追ってきた国連犯罪情報事務局・元理事のマーク・リュウと言う劇場版タイトル同様に長い肩書の役を鹿賀丈史さんが演じて登場した段階で、ほぼ黒幕は…って感じ。

まあ、脚本が大田愛氏だから、期待値は超下げ気味で観てはいたが、いつも通りに結末ありきの前半の作り方。とにかく、謎解きのためのネタフリをあっちこっちに散りばめて、その上それらをご丁寧に注目させ説明しちゃうから、さっさと先に進んでよと何度も言いたくなる。何せ、本作は120分も上映尺があるのだから。

脚本も稚拙、演出は雑だが、ベテラン俳優陣は見応えアリ

そして、いよいよ本作最大の売り文句である「首都クライシス」へのスリルとサスペンスがやってくる後編…のはずだった。しかし、首に黒い羽のタトゥーを入れた“黒衣の男”の言動は稚拙だし、7年前に誘拐した少女=鷺沢瑛里佳の現在の行動も不可解。そもそも120分中で25分も右京さんのお説教って???

脚本が稚拙なら演出も雑(予算やスケジュールの都合もあるだろうが)どう見ても銀座通りには見えないロケ地。国際テロ組織による国家の存亡の危機なのに、結構こじんまりとした捜査会議室にパソコンが並んでるだけ。

右京さんがガードレールを飛び越える超アクションは驚かされるが、殆どが2時間スペシャルレベル。あの大観衆の中で意外と簡単に犯人に辿り着く脚本と演出含めて、こう言うのがもはや『相棒-劇場版-』らしさと言うしかないのか。因みに。劇場版ならではのゲストの江守徹さん始め、ベテラン俳優陣の演技は見応え十分だ。

あとがき

既に2016年10月から『season15』が放送中に、劇場版の時代設定が2016年夏と言う段階で、予告編での亘の「右京さ~ん!」の絶叫が虚しく響いた劇場版IV。そもそも、あそこで右京さんが撃たれる必然性も無いし。17歳の少女に拳銃を持たせてまで描くべきテーマかどうかも甚だ疑問。

あとは、長年の相棒ファンとしては、劇場版らしいお金を払って観て良かった醍醐味は、劇場版1作目『相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン』を超えることはありませんでした。そして、個人的には物語に国家や政治を絡ませたり、政府の要人や組織の長を無能に描くのは飽きてきました。

私は普通に、特命係が互いの個性を発揮して、犯罪者との駆け引きを通して真実に辿り着くのを観たいです。お金を払って観る劇場版で、ただただ大規模な犯人探しといつもより長い右京さんのお説教を観たい訳ではないのです。

結論。とにかく詰め込んで詰め込んで、あまり回収作業はされぬまま、何となく切ないエンディングになります。また、大田愛氏の脚本が好きなら楽しめます。全体的にアクションは控えですが、各レギュラー陣に見せ場はあります。あとは、この感想を読んで期待値を下げて、2時間スペシャルに1,800円を出せるかどうか。割引デーを狙いましょう。

【過去の相棒劇場版の感想】 ※本家ブログの記事
● 「相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」を観て来ました。※ネタバレあり
● 映画「相棒-劇場版II-警視庁占拠! 特命係の一番長い夜」 感想と採点 ※ネタバレあります
● 映画「相棒-劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」 感想と採点 ※ネタバレなし

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒 劇場版IV オリジナルサウンドトラック
「オフィシャルガイドブック 相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断 & シーズン14・15」 (ぴあMOOK)
相棒 劇場版4 (小学館文庫)
【チラシ付き、映画パンフレット】相棒 劇場版IV  首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9498/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446961489.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『相棒 -劇場版Ⅳ- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』 2017年2月12日 TOHOシネマズ日本橋

『相棒 -劇場版Ⅳ- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』 を鑑賞しました。 今回の作品は橋本一監督だった。和泉監督は引退なの 【ストーリー】  7年前、駐英日本領事館関係者の集団毒殺事件で生き残った少女が国際犯罪組織に誘拐されていた。そして現在。特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、国際犯罪組織バーズを追って来日した国連犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウ(...

相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断

相棒 劇場版 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断@東映試写室

劇場鑑賞「相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断」

生きてください… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702110000/ 相棒 劇場版4 [ 大石 直紀 ]

相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断★★★★

水谷豊主演の大人気TVドラマの劇場版第4弾。50万人の観衆がつめかける日本選手の凱旋パレードに危機が迫る中、杉下右京とその4代目相棒・冠城亘が事件解決に奔走する。共演は反町隆史、仲間由紀恵、及川光博、六角精児ら新旧のレギュラー陣に加え、北村一輝、鹿賀丈史、山口まゆらが出演。監督は「探偵はBARにいる」「王妃の館」の橋本一。 あらすじ:ある日、英国で日本領事館関係者の集団毒殺事件が起こり、唯...

「相棒 劇場版Ⅳ」@TOHOシネマズ六本木ヒルズ

 東京プレミア試写会、スクリーン2。上映前に主演の水谷豊、反町隆史、橋本一監督をはじめ総勢15名の豪華舞台挨拶があった後、本編が上映された。

相棒 劇場版Ⅳ 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断

公式サイト。橋本一監督。水谷豊、反町隆史、北村一輝、山口まゆ、鹿賀丈史、鈴木杏樹、川原和久、山中崇史、山西惇、六角精児、神保悟志、片桐竜次、小野了、益岡徹、江守徹、仲 ...

相棒-劇場版IV-

切なさはとくに感じなかった・・・。  

『相棒 劇場版IV ―首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断―』

□作品オフィシャルサイト 「相棒 劇場版IV」□監督 橋本 一□脚本 太田 愛□キャスト 水谷 豊、反町隆史、鈴木杏樹、川原和久、山中崇史■鑑賞日 2月11日(土)■劇 場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>劇場版『相棒』」シ...

[映画『相棒 Ⅳ』を観た]

☆・・・『相棒』シリーズと『名探偵コナン』の映画シリーズは、ソフトなサスペンス好きの母親を毎年 観に連れて行くことにしている。 考えると、この両作品、それぞれに「縛り」がある。 「コナン」は、自分の正体を、周囲の者や敵に隠さなくちゃならず、回りくどい捜査...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR