嫌われる勇気 (第5話・2017/2/9) 感想

嫌われる勇気

フジテレビ系・木曜劇場『嫌われる勇気』公式
第5話『美しき計画殺人!血塗られたバレンタイン」』の感想。
なお、原案:岸見一郎氏・古賀史健氏のノンフィクション『嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え-』は既読。



大文字(椎名桔平)の元教え子・美沙(中島亜梨沙)の夫で大学准教授の山岸(六角慎司)の遺体が自身の研究室内で見つかる。蘭子(香里奈)は研究室にあったイベントのチラシに注目。主催者は大文字の元教え子・塔子(内山理名)で、美沙は塔子が自分に隠れて夫と会っていたと激怒する。もみ合う2人だが、蘭子は「自分の課題ではない」と意に介さない。青山(加藤シゲアキ)は大文字から蘭子が実践する「課題の分離」について聞く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「青山の成長物語」の色が強まったのは良かった

第5話の脚本は、第1,2話担当の徳永友一氏。演出は、本作初担当の星野和成氏。脚本の徳永氏が、2週分空いたせいだろうか、かなり「アドラー心理学」を物語に組み込んで、ドラマを構成しようとする思いが伝わって来た。

その意味で、一番良かったのは、これまでも当blogでは蘭子(香里奈)よりも青山(加藤シゲアキ)をもっと前に出して「アドラー心理学」を学ぶ姿を描けと言ってきた部分が、きちんと具現化されたこと。それによって、まだ物足りなさはあるものの「青山の成長物語」の色が強まったのが良かった。

これまでで一番「アドラー心理学」を上手く盛り込んだ

そして、もう1つ良かったのは、蘭子の言動、特に推理を披露する過程で、本作らしい解釈で「アドラー心理学」を上手く盛り込んで来たことだ。私も、人に説明出来るほど「アドラー心理学」を理解している訳ではないが…

普通の刑事ドラマの解決編では、犯人の犯行の裏には、 “そうせざるを得なかった”と言う「原因」や「動機」を捜査していくのだが、本作は違う。「犯行」によって “何かを成し遂げたい” と言う「目的」があったと考え、青山と蘭子が捜査した。

しかし、これは本作が「アドラー心理学」に基づいて製作されたドラマだからと言う贔屓目で観た私の感じ方で、「アドラー心理学」を知らなければ、普通の刑事ドラマに見えてしまうだろう。やはり、大文字(椎名桔平)が青山に教授するシーンをもっと巧みに物語に組み込んだら、完成度が高まるに違いない…

あとがき

今回は、面白かったです。「アドラー心理学」も何とかきちんと盛り込まれましたし。やはり、蘭子と青山がバディとなって事件を解決するのが良いですね。それの方が、「アドラー心理学」が絡んでいると言う部分が自然に見えます。この方向をもっと研ぎ澄ませて行けば、盛り上がる可能性大。次回にも期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


               

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「嫌われる勇気」オリジナルサウンドトラック
嫌われる勇気
幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)
週刊ダイヤモンド 2016年 7/23 号 [雑誌] (今こそ! 「嫌われる勇気」 初めてのアドラー心理学)
マンガでやさしくわかるアドラー心理学
【早期購入特典あり】私(CD+STYLEBOOK)(初回生産限定盤)(B2サイズポスター付)
【早期購入特典あり】私(DVD付)(B2サイズポスター付)
私(CD+STYLEBOOK)(初回生産限定盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9485/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446860619.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嫌われる勇気 「美しき計画殺人!血塗られたバレンタイン」

大文字(椎名桔平)ゼミのOB会の塔子(内山理名)と美沙(中島亜梨沙)が、仲が良いこともあったけれど、帝都大学の准教授・山岸(六角慎司)を巡り三角関係になり、今や犬猿の仲。そこに美沙の夫、山岸(六角慎司)が殺害されたとの報せ実は、みんなの前では、仲が悪かったけれど、アリバイ工作も巧みに、結局、2人が結託した殺人事件、だったのでした。どんどん、蘭子(香里奈)の事件簿。アドラーがお飾りになっていき...

木曜劇場『嫌われる勇気』第5話

『課題の分離』「美しき計画殺人!血塗られたバレンタイン」内容大文字(椎名桔平)のゼミのOB会に出席した蘭子(香里奈)OB会には仲が悪い霧島塔子(内山理名)と山岸美沙(中島亜梨沙)もいた。そんなとき、美沙に電話がかかってくる。美沙の夫で、帝都大准教授・直也(六角慎司)が研究室で殺され見つかったと。 現場へ駆けつける蘭子。しばらくして、許可を得た大文字も現れる。大文字は、遺体の状況から犯人が男...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR