ホクサイと飯さえあれば (第3話・2017/2/7) 感想

ホクサイと飯さえあれば

TBS/MBS系・MBSドラマイズム『ホクサイと飯さえあれば』公式
第3話『魔法の牛すじカレー』の感想。
なお、原作:鈴木小波氏の漫画『ホクサイと飯さえあれば』は未読。また、2017年1月17日放送の『第0話/上京・新居飯計画編』は鑑賞済み。


教授に説教され落ち込んだブン(上白石萌音)。落ち込んだまま出かけたデッサンの練習で新米教師・柑田川永太郎(前田公輝)に出会いモデルを頼むことに。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

熱血純情教師の登場で、人間関係が広がって良かった

これまでは、ブン(上白石萌音)が料理を作るシーンとホクサイ(声:梶裕貴)の関係が主な内容だったが、前回から登場した謎の少年・凪(桜田ひより)に加えて、編み物部の顧問で “金八先生” に心酔してる熱血純情教師・永太郎(前田公輝)の登場で、人間関係が一気に広がったのが良かった。

千住の土手の夕景は、本作らしい温かさが詰まってた

なぜなら、人見知りで妄想癖のブンとホクサイとの会話のシーンは楽しいのだが、どうしても世界が小さくなる。やはりここは、千住の町を十分に生かして、広々とした物語にして欲しかったから。デッサンのシーンでの千住の土手の夕景は、本作らしい温かさが詰まったいいシーンだった。

あとがき

牛すじカレーの魔法って納豆だったんですね。炊飯器で牛すじカレーを作ったお蔭で、肝心のご飯を炊くのを忘れたってオチも可愛らしかったです。最後にブンがご飯を探しに全力疾走した商店街の裏に、わたし住んでました…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
新装版 ホクサイと飯 (ヤンマガKCスペシャル)
[まとめ買い] ホクサイと飯さえあれば(ヤングマガジンコミックス)
主題歌 - HY「HAPPY」
エンディングテーマ - GOOD ON THE REEL「小さな部屋」


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9474/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446783606.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホクサイと飯さえあれば 「魔法の牛すじカレー」

ある作家さんか漫画家さんが、「煮詰まった時は、煮込み料理を作る。それが、あれば、もしも良いストーリーが浮かばず、時間がぐずぐずになっても、救われる」と言ってたけれど、ふと、そのエピソードを思い出しました。新しいキャラの偶然出会ったジャージ姿の新米教師・柑田川永太郎(前田公輝)。一方的にデッサンのモデルを依頼してましたが、ブンに好意を感じてた様子。どう関わってくるのかな?また、謎の少年・凪と、...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR