カルテット (第4話・2017/2/7) 感想

カルテット

TBS系・火曜ドラマ『カルテット』公式
第4話『妻はピラニア、婚姻届は呪いを叶えるデスノート』の感想。


諭高(高橋一生)を追って、ワゴン車の2人組・半田(Mummy-D)と墨田(藤原季節)が別荘に押し掛けてきた。2人が帰った後、諭高は真紀(松たか子)たちに、自分が以前結婚していて子どももいると明かし、現在、元妻とその恋人が置かれている状況を説明する。元妻と暮らす小学生の息子のことを心配する諭高は、すずめ(満島ひかり)を伴い、元妻を捜しに行く。一方、司(松田龍平)は別荘の様子をうかがう鏡子(もたいまさこ)と遭遇する。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

まさか、ここへきて4人を超える女を登場させるとは!

うーん、おかしい。大の苦手な坂元裕二氏の脚本のドラマを、こんなに楽しんでる私がいることが。今回は、いよいよ諭高(高橋一生)がメイン。まあ、とにかく、4人がそれぞれ超が付く程の個性的なキャラクターで、どうしようもない性格の中に可愛らしさや寂しさを抱えて、実に魅力的なのだが…

まさか、ここへきて4人を超える女を登場させるとは!それも、諭高の元妻と言う意味深な設定を背負った上に、バリバリの関西弁の強烈な茶馬子(高橋メアリージュン)が、実に物語によーく嵌ってる。何せ、茶馬子を前にすると、4人が変わり者に見えないと言う面白さ。もはや、諭高は良きパパにしか見えないし。

今やこの4人以外の配役はあり得ないと思えるレベル

これ程に癖と言うよりアクの強い “坂元節” をここまで普通のドラマのように、苦手な視聴者にも見せてしまうのは、脚本の巧みさはもちろんだが、それを具現化する演出と俳優があってこそ。特に、キャスティングが見事。今やこの4人以外の配役はあり得ないと思えるレベル。正に、脚本、演出、俳優の三位一体だ。

本作が、『火曜ドラマ』枠である理由

放送当初は、なぜ本作は金曜22時の『金曜ドラマ』枠で無いのか不思議だった。だって、火曜22時の『火曜ドラマ』は前作が『逃げるは恥だが役に立つ』で日本中に恋ダンス旋風を作った恋愛ドラマにはうってつけの放送枠。だから、次も似たようなラブコメで攻めれば良いのに、本作。だから、不思議な世界観の作品は『金曜ドラマ』。

きっと、TBSは『火曜ドラマ』がラブコメ枠と言う固定概念を付けられるのを避け、ジャンルやテイストは違えども、少し癖のある評価が分かれそうな作品でも、自信を持って品質の高いドラマを提供する放送枠にしようと言う意図が反映されているのではないだろうか。

『逃げるは恥だが役に立つ』は高視聴率だったが、『ダメな私に恋してください』『重版出来!』は視聴率には恵まれなかったが、丁寧に作られた高品質なドラマだった。本作もこの流れに乗っているに違いない…

あとがき

手の握り方や手のアップの撮り方など、本当に丁寧で的を射た演出と演技で、坂元節をプッシュしてますね。益々、好みが分かれる作風にはなっていますが、良い感じで、次回は折り返しできそう。第5話に期待します。

本作のサウンドトラック盤が発売決定です。発売予定日は2017年3月8日です。どんな楽曲が収録されるのか楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 火曜ドラマ「カルテット」オリジナル・サウンドトラック
別冊カルテット ドラマ「カルテット」公式メモリアルBOOK 【特別付録】カルテット オリジナルカレンダー (角川SSCムック)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9473/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446782263.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カルテット 「妻はピラニア、婚姻届は呪いを叶えるデスノート」

別荘で、ゴミ出し当番問題が勃発。みんなの自堕落を別府(松田龍平)が追求し、意見が別れます。そこから始まり、今回のオハナシは随分とスピンがかかってましたね。ワイワイしてるところに、諭高(高橋一生)を追って、半田(Mummy-D)と墨田(藤原季節)の怖いお兄さんコンビが。写真を出して、「この女の行方を話せ」に知らないの一点張りしてたら、人質とばかりに諭高のヴィオラを持ち去られてしまいます。はたし...

カルテット 第4話「妻はピラニア、婚姻届は呪いを叶えるデスノート」

公式サイト ある日、諭高を追っていた半田(Mummy-D)と墨田(藤原季節)が別

火曜ドラマ『カルテット』第4話

「妻はピラニア、婚姻届は呪いを叶えるデスノート」内容山積みになったゴミに、唖然とする4人。真紀(松たか子)すずめ(満島ひかり)家森(高橋一生)は、別府(松田龍平)がやると思っていたと、口を揃える。どこで、別府は、順番で出そうと提案するが、皆聞く耳を持た...

今宵、私とあなたと二人の子供の三人で(高橋メアリージュン)

やるせない人々の物語である。 ほぼ中流家庭の物語だった「逃げるは恥だが役に立つ」がアリさんたちの物語とすれば・・・こちらは冬のキリギリスの話なのだ。 メンバーの一人が軽井沢に別荘を持っていることに象徴されるように・・・彼らはどちらかといえば上流階級に属する出自を持っている。 そして・・・若者たちがバ

『カルテット』 第3話

『カルテット』 第4話 十分楽しめたのだが、家森の話は類型的な気がした。その分普

『カルテット』 登場人物の名前

坂元裕二の場合は名前に意味を持たせることが結構あるような気がする。作品やキャラに絡めたネーミングであれば、見る側からすれば作品のヒントになる。『カルテット』ではキャラの名前に意味がある場合が多そうなので、自分なりの推測を書いてみようと思う。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR