視覚探偵 日暮旅人 (第3話・2017/2/5) 感想

視覚探偵 日暮旅人

日本テレビ系・新日曜ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』公式
第3話『結婚式(秘)女装作戦』の感想。
なお、原作:山口幸三郎氏の『探偵・日暮旅人』シリーズは未読。2015年11月20日に「金曜ロードSHOW!」枠で放送された番組と2017年1月17日に放送された映画天国「連続ドラマ化御礼!『視覚探偵 日暮旅人スペシャルドラマVer.』」も鑑賞済み。


旅人(松坂桃李)の事務所を挙式間近の川辺(福田悠太)が訪れ、婚約者がふさぎ込んでいる原因を探ってほしいという。その婚約者が愛歌(国仲涼子)だと知り、雪路(濱田岳)は驚く。実は、雪路の父は大物参議院議員・照之(伊武雅刀)で、愛歌は住み込みの使用人。しかも、愛歌は雪路の12歳上の異母兄・勝彦(眞島秀和)と恋人同士だったが、16年前、勝彦が突然、家出。その後、山で遺書が見つかり、自殺と処理されていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前回よりは面白味が出て来たが、全体は不完全燃焼…

サブタイトルは『結婚式(秘)女装作戦』となっているのに、その部分が完全に物語の邪魔になっていると言う矛盾。そこ以外は、探し物探偵を描きつつ、旅人(松坂桃李)と雪路(濱田岳)の関係や謎を強めに描き始めた第3話。前回より、物語に深みも増して、面白みが出て来た。

とは言え、亀吉(上田竜也)と娘の灯衣(住田萌乃)を持て余している感じ。むしろ、増子刑事(シシド・カフカ)のパートを掘り下げた方が面白くなりそうだが…。陽子(多部未華子)の出番が少なったのも残念だった。

あとがき

亀吉と灯衣の使い方を再考する必要があるでしょうね。そこが、シリアスな部分と上手く馴染めばだいぶ印象が良くなると思うんですが。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
探偵・日暮旅人の探し物 (メディアワークス文庫)
探偵・日暮旅人の失くし物 (メディアワークス文庫)
探偵・日暮旅人の贈り物 (メディアワークス文庫)
探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)
視覚探偵 日暮旅人 [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9465/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446711774.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

視覚探偵 日暮旅人 「結婚式(秘)女装作戦」

探し物探偵事務所には、2日後に結婚式を控えた依頼人・川辺健也(福田悠太)が、結婚相手の愛歌(国仲涼子)が最近塞ぎ込んでいる原因を探してほしいとやってきます。愛歌が雪路(濱田岳)の実家に長年勤める使用人で、実は雪路の父・照之(伊武雅刀)は大物政治家。雪路にとって、愛歌は、とても思い入れのある存在な模様。しかも、雪路の腹違いの亡き兄・勝彦(眞島秀和)の恋人だったのでした。雪路は断ろうとしますが、...

日曜ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』第3話

「結婚式(秘)女装作戦」内容川辺健也(福田悠太)が旅人(松坂桃李)の探偵事務所にやって来る。結婚を2日後に控えているが、西沢愛歌(国仲涼子)がふさぎ込んでいるという。その理由が知りたいと。愛歌は、雪路(濱田岳)の父で、参議院議員の雪路照之(伊武雅刀)の...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR