A LIFE~愛しき人~ (第4話・2017/2/5) 感想

A LIFE~愛しき人~

TBSテレビ系・日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』公式
第4話『ナースのプライド』の感想。



沖田(木村拓哉)は壮大(浅野忠信)から、ある病院に出向いて手術をしてほしいと頼まれる。そこは、壮大が虎之介(柄本明)に内緒で提携話を進めている病院だった。難しい手術のため、沖田はオペナースに由紀(木村文乃)を指名。ところが手術中、同病院の院長・片山(鶴見辰吾)の息子で心臓血管外科医・孝幸(忍成修吾)が、由紀の指摘にへそを曲げる。そして手術は成功するが、片山は提携話を盾に取り、由紀を外すよう迫る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

看護師を軽視し過ぎ 時代錯誤も甚だしい

とにかく脳腫瘍を患っている医師に手術させるとか、頭痛の自覚症状が出ているのに医者の不養生だかで自分のカルテも見ない医師のことが、完全にスルーされて今回も物語が進んでいる状態で、本作の医療ドラマとしての部分に、これ以上食い付くのも何だと思うが…

今回は、オペナースに由紀(木村文乃)の “ナースのプライド” を描いた第4話。しかし、ナースのプライドの以前に、医者になりたかったがお金が無くて奨学金で看護師になったと言うのは、流石に看護師と言う職業を軽視し過ぎ。医者になりたい熱意が本気なら、国立大学の奨学金制度で目指せば良いだけ。

折角、由紀はいいキャラだったのに、ふてくされて段ボール箱にバンバンと音を立てて荷物を積めるとか、いくら優秀でもあり得ない。怒りを表現したかったのだろうが、益々アンチ由紀を増やすだけにしか思えない。

結果的に、沖田が被害を拡大させているのでは?

更に言うなら、器械出しの看護師は看護師の中でもかなりのスペシャリスト。脳外も心外もやる沖田(木村拓哉)の設定こそあり得ないが、オペナースはいろいろな診療科の手術に立ち会うから、知識や経験だって医師より豊富なのは当然のこと。

それに、他病院から鳴り物入りでやって来た沖田(木村拓哉)が連れて来た由紀に、あれほど幼稚に対抗心をぶつけた孝幸(忍成修吾)の人間性や医師の資質の方を疑ってしまった。

そして何より、この一件は出張の責任者であり、手術の責任者である沖田が相手の病院長に謝罪すれば良いだけの話。結果的に、由紀を守ろう引き留めようとして何もしない沖田自身が、被害を拡大させている。これ最大の矛盾…

「自分のオペのため」でなく「患者のため」で無いのか?

やはり、本作にイマイチ共感できないのは、登場人物たち、特に医療従事者たちが「患者のため」と言うプライドを前面に押し出さないから。単純に且つ明確に「患者さんのため」と台詞で言わせるだけも、視聴者への印象付けは確実に出来るのに、なぜかやらない。だから、「自分のオペのため」のように見えてしまっている。

沖田と由紀の廊下のシーンもそう。沖田と壮大(浅野忠信)のシーンもそう。沖田が「患者のため」と言う部分が不明瞭だから、沖田の言動そのものに説得力が無いのだ。説得力の無い沖田が、説得すると言うのも、これまた矛盾なのだが…

あとがき

結局、最後に壮大が頭を下げる理由も「患者のため」とは口ばかりで、真意は妻を救いたいってこと。みんな自分ことばかり。脚本担当の橋部敦子さんのこれまでの作品は、重たいテーマの作品でも、現実を直視しつつも感情移入しやすい作風だと思っていましたが、本作は別人の脚本のようですね。

こんな強引なヒーローを仕立てた医療ドラマ、視聴率が下がるのは当然。「俳優・木村拓哉」の応援団の私でも、「患者のため」と言う矜恃を持たせたら、沖田の自尊心や相手を思う気持ちにも共感できるのに。何とか、早急に患者のために手術をする沖田先生に描いて欲しいです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~ Blu-ray BOX
ごめんね青春! Blu-ray BOX
99.9-刑事専門弁護士- Blu-ray BOX
家族ノカタチ [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9464/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446710591.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

A LIFE~愛しき人~ 「ナースのプライド」

壮大(浅野忠信)、沖田(木村拓哉)が、深冬(竹内結子)にオペさせたことに憤ってましたが、視聴者は、微妙に壮大と別の意味で不安です。かくも深刻な患者さんに、そんな重大な仕事をさせてイイのでしょうか?早く、沖田、深冬を直してあげなさいよ、と感じてしまうのは、私だけ?オペナースとして優秀な由紀(木村文乃)でも、壮大は片山関東病院との提携話を院長(柄本明)に内緒で進めようとして、難易度の高いオペを片...

日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』第4話

「ナースのプライド」内容沖田(木村拓哉)が、深冬(竹内結子)にオペさせたことに憤る壮大(浅野忠信)同時に、沖田の深冬への気持ちに疑いをかけるのだった。 そのころ、壮大は、壇上(柄本明)に黙って片山関東病院との提携を進めていた。提携が決まれば、高度な治療を要する患者が回ってくると。羽村(及川光博)を交え、片山修造(鶴見辰吾)孝幸(忍成修吾)らと交渉。すると、難易度の高い手術を沖田に来てやって...

A LIFE~愛しき人~ #04

『ナースのプライド』

「A LIFE〜愛しき人〜」命と向き合う4沖田は由紀の過去を知り自らの言葉で必要だと伝えて由紀とのコンビで手術は成功した

「A LIFE〜愛しき人〜」第4話は壮大が片山関東病院との提携話を院長に内緒で進めようとしていた。院長の耳に入れば当然反対するのは当然だっただけに壮大は脳外科手術ができる病院 ...

すれちがう心を修復する道具(木村拓哉)

心臓が機能しなければ心不全になる。 心臓の鼓動が停止すれば人は死に至るのである。 心臓は伸縮し血液を循環させる。 血管はその道である。 道が閉塞すれば渋滞が生じる。 医師たちは抜け道を作り血流を確保する。 パイパス手術のための様々な道具が駆使される。 人の心と心が通わない時・・・人は話し合う。 言葉

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR