就活家族~きっと、うまくいく~ (第4話・2017/2/2) 感想

就活家族~きっと、うまくいく~

テレビ朝日系・木曜ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』公式
第4話『妻にホストの恋人が!?家族に失業を話す時…』の感想。


同窓会に出席した洋輔(三浦友和)は、久美(キムラ緑子)らと再会。しかし、直前に思わぬ場所で見掛けた水希(黒木瞳)のことが気になってしまう。真壁(渡辺大)と中原(山本未來)との仲を疑う栞(前田敦子)は、真壁に直接問いただす。一方、栞からやりたいことにこだわれと助言された光(工藤阿須加)は、ネットエントリーも不可能だった有名出版社を訪ねることに。そんな中、成り行きで水希に出張すると言ってしまった洋輔は…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

誰も就活しないし、詰め込み過ぎの群像劇になった

もう第4話になっているのに、誰も就活している状態とは言えない『就活家族』と言うこのドラマ。結局、結局、うじうじと結論を先延ばしにしている似た者家族が、中古住宅で新しい生活をしようと言う夢だけは、どんどん現実化しているって感じで、これのどこが就活家族なのかって感じになってる。

また、家族4人をほぼ全員並行に描いた上に、各人にネタを満載にしているから、群像劇が膨らむだけ膨らんじゃった。どこをどう見ろと言うのだ。と言いたいところだが…

真面目な俳優が、ダメ家族を演じるドラマとして面白い

その詰め込み過ぎの群像劇のお蔭で、テレビの中から伝わってくるのは、富川家の悲惨さや愚かさ。それが、私から見ると、真面目な印象の俳優さんたちが演じることで、シュールさになって面白みに変わってる。ドラマの楽しみ方としては変則的だが、三浦友和さんの掃除クルーの格好なんて、本作でしか見られないから…

あとがき

もう、全員が失職して就活するドラマになるのは諦めました(苦笑)。ダメダメな富川家がどこまでクズっぷりを見せ、どこで転機を迎えるのか?そこを楽しむことにします。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


<  

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
晴れた日に、空を見上げて(DVD付)
晴れた日に、空を見上げて


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9451/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446593241.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

就活家族~きっと、うまくいく~ 「妻にホストの恋人が!?家族に失業を話す時…」

まだ、妻の水希(黒木瞳)に失業を話せない富川洋輔(三浦友和)は、彼女がホスト・クラブに入っていくのを目撃。もやもやしつつ同窓会に。そこで再会した、夏野久美(キムラ緑子)から、経営する洋菓子店の相談内申書の取り違えで引きこもりになっていた佐藤久志(宮城孔明)の家を訪れ、勉強をみるようになった水希は、それが知れ、校長の原口(矢島健一)から、釘をさされます。栞(前田敦子)は、真壁雄斗(渡辺大)との...

木曜ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』第四話

「妻にホストの恋人が!?家族に失業を話す時&hellip;」内容水希(黒木瞳)が、ホストクラブに入っていくのを目撃した洋輔(三浦友和)モヤモヤしたものを感じながら、同窓会に出席する。同級生の夏野久美(キムラ緑子)から経営する洋菓子店の相談される。なんとなく、誤魔化した洋輔だったが。。。 一方、水希は、引きこもっていた佐藤久志と話が出来るようになり、個人授業をするようになっていた。同時に、以...

「就活家族」1~4 ☆☆☆

黒木瞳のサービスショット来たーwなどというヤジも飛ばしつつ、概ねはガクブルしながら見ております。嘘とすれ違いが破滅を招くよ……幽霊や殺人鬼出るよりある意味ホラー。エリー ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR