相棒season15 (第13話・2017/2/1) 感想

相棒season15

テレビ朝日系・『相棒season15』公式
第13話『声なき者~籠城』ラテ欄『前後編スペシャル!!声なき者~籠城』の感想。



神戸(及川光博)からのメールを受けた亘(反町隆史)は、1年前の人質立てこもり事件を思い出す。傷害事件を起こした犯人が車で逃走し、近くで巡回カードを集める手伝いをしていた右京(水谷豊)が、犯人が立てこもった家を特定したのだ。程なく、逃走車両の持ち主が司法浪人生の真渕(三浦英)と判明。その真渕から、ある企業の常務の妻を連れて来いというメールが入る。だが、彼女は3週間前に駅のホームから転落死していた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

まさかの時間軸の巻き戻し!?

脚本は:S8#3『ミス・グリーンの秘密』以来、パリッとした作品のない太田愛氏。演出は、橋本一氏。また、2017年2月11日公開予定の映画『相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断』のコンビでもある。

いやあ、驚いた。久し振りに脚本の太田愛氏がやってくれた。まさかの時間軸の巻き戻しを。それも、何の断りも無くシラーっと。普通に考えれば、前の『season14』の元旦スペシャルで放送できた内容だ。しかし、今放送するのは『劇場版IV』との繋がりがあるからと言う、大人の事情だ。

神戸尊と米沢守の再登場、もう少し工夫できなかった?

さて、内容的には…神戸尊(及川光博)と米沢守(六角精児)の久し振りの再登場 “だけ” がお目当てのようなものだから、その意味では完全に間延びと引き延ばしをやり過ぎ。太田愛氏が事件を複雑にしてつまらなくするのはいつものことだが、今回は意外と前編に詰め込んでこなかった。

ってことは、実は単純な事件ってことか?ならば、もっと尊と米沢の登場や活躍の場面を増やしても良かったような。以前の通常回よりも露出が少ないのはもったいない。まあ、前後編だから後編を見ないことには評価できないが、何となくテレビ版は薄味にして、劇場版が濃い味にするとか?それは困る。

あとがき

久し振りに尊と米沢を見て、二人の存在は偉大だったんだなあと再認識しました。とにかく来週に期待します。

ところで、中盤で特命係が小学校に聞き込みに行くシーンがありました。そこで右京(水谷豊)が女性教師に質疑する場面があって、途中で籠城シーンのインサートが入りましたが、1分19秒間の1カット長回しがあって、驚きました。先生役の女優さんもよく噛まなかったなあと。作品のアクセントには良かったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒 season14 上 (朝日文庫)
相棒 season14 中 (朝日文庫)
相棒season14 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray] 相棒season14 オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9447/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446566225.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒 Season15 「声なき者~籠城」

映画の布石として、相棒オールスターで、尊(及川光博)も、鑑識の米沢(六角精児)も登場すべく、時間軸を1年さかのぼり!冒頭から、“K”から亘(反町隆史)へのメールを、右京(水谷豊)が読み上げるあたりから、サービス精神?!同時多発的に、いろいろな事が起こり、やや頭が混乱しましたが、後編で、パズルのようにすっきりと収束するのかな?2016年2月、頭にケガをした男を、女子学生たちが発見。そこに来たパ...

相棒15 第13話

元特命係の尊(及川光博)から「君に借りができた」と言う意味深長なメールを受け取った亘(反町隆史)は、1年前、法務省から出向中に経験した事件を思い出していました。 2016年2月、草むらで男性が襲われて倒れているのが発見されます。 犯人の男は車を使って逃走しますが、目撃していたランニング中の女子たちがたまたま巡回中のパトカーにナンバープレートや車の形などを伝えたことで、男は車を...

相棒season15 第13話

「前後編スペシャル!!声なき者~籠城」 内容ある日、亘(反町隆史)に、差出人Kから“君には借りが出来た”というメールが送られてくる。右京(水谷豊)に挨拶をして、特命係をあとにする亘。亘が“K”こと神戸尊(及川光博)と妙な出会いをしたのは、法務省から出向中だった1年前のこと。2016年2月、とある公園で、頭にケガをした男が見つかった...

相棒15 テレ朝(2/01)#13

第13話 声なき者 ~籠城 あらすじ時は、今から1年ほど前にさかのぼる…。 2016年2月。住宅街の一角で、若い男が頭から血を流して倒れているのが発見される。目撃者の情報から、現場から逃げた車の持ち主が司法浪人の真渕(三浦英)と判明。スマホの位置情報などから、小さな町工場に逃げ込んでいることが発覚する。立てこもり事件の発生を受け、警視庁から特殊部隊が出動。その様子がテレビで生中継されるなど、...

「相棒 season 15」第13話

殴打された男と籠城事件。 第13話『声なき者~籠城』ネタバレです。 「オフィシャルガイドブック 相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断 & シーズン14・15」 (ぴあMOOK)ぴあ by G-Tools

嘘の戦争第3話 & 相棒15期第13話 & 東京タラレバ娘第3話 & 科捜研の女16期第11話(1.31-2.2)

嘘の戦争第4話 一ノ瀬浩一(草彅剛)の次の標的は政治家四条綾子(ジュディ・オング)。 浩一一家が惨殺されるきっかけとなった女性の暴行死事件、 綾子の息子司(森岡豊)が犯行グループの一人と浩一は読んでいた。 浩一は綾子が占いに凝ってることに目をつけ、隠し財産を奪おうとする。 政治家母子を陥れるまでがスピーディーで面白かったな。 草彅君の迫真の演技もイイ。 浩一のバディのハルカが二科妹に勝手に...

相棒 season15 第13話「声なき者~籠城」 (前後編スペシャル)

前後編仕立てのサスペンスは好きではない。  前編である程度、話を進めないと面白くない………後半にキーポイント要素をが偏ると、前編の意味が薄くなる  かと言って、前編で進め過ぎると、後編が間延びしたものになってしまう。  前後編のバランスが難しいのである。 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR