突然ですが、明日結婚します (第2話・2017/1/30) 感想

突然ですが、明日結婚します

フジテレビ系・月9『突然ですが、明日結婚します』公式
第2話『大波乱のプロポーズ』の感想。
なお、宮園いづみ氏の漫画「突然ですが、明日結婚します」」は未読。



あすか(西内まりや)は‘結婚する気がない’名波(山村隆太)のことが気に掛かる。そして、一緒にカフェにいた証券会社の神谷(山崎育三郎)のことを聞かれると、あたふたしてしまう。そんな中、あすか、莉央(中村アン)、桃子(岸井ゆきの)が再び小野(森田甘路)の部屋に招かれた。あすかは名波から「結婚は理解できないが一緒にいたい」と言われ、戸惑う。一方、名波は女優の夕子(高岡早紀)とトーク番組をやることになる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ベタな恋バナとしての連ドラとしては、正常進化した

前回の感想では、以下の3点を来週も観たくなる『月9』になるための提案とした。

 ● 全体的に、堅苦しい印象。もっと軽快で気楽にしたら?
 ● 丁寧な演出は悪くないが、何となく古い印象が…
 ● メインが若くて目新しいから、脚本も演出も合わせたら?

では、第2話はどうだったか?結論から言うと、合格点には遠く及ばないもの、かなり頑張った印象だ。

特に良かったのは、物語をあすか(西内まりや)と名波(山村隆太)に絞り込んだこと。また、あすかと名波の感情表現を演技に依存せず台詞と言うカタチにして分かり易くしたこと。また、かなり編集で音楽を効果的に活用してコミカルな雰囲気を盛り上げたり、若者らしく SNS を使ったやり取りをふんだんに挿入したり。

脚本が2人体制に。演出家も交替して新鮮味が出た

クレジットを見たら、脚本が、前回のやや硬派な作品が多かった山室有紀子氏に加えて、『隣のレジの梅木さん』『ラヴソング』の倉光泰子氏の2人体制になった。きっと、セリフ回しが今風で軽快になったのはこれが原因だろう。

演出は、本作初担当で『私が恋愛できない理由』『SUMMER NUDE』の石井祐介氏。演出面で現代風の若者群像劇的になったのは、このせいだろう。従って全体的にはベタな恋バナとしての連ドラとしては、正常進化したと言える。

あすかと名波に輝きを。そして、設定を映像で描こう

ただ、問題は山積とまでは言わなくても、目に見えて見える。それは、主人公の2人が主人公らしい輝きに乏し過ぎるってこと。そして、あすかと名波がモテモテであるように映像的に映っていないこと。この2点は、恋バナに関係なく、テレいドラマとして致命的と言わざるを得ない。

たとえば、あすか。「恋愛結婚を経て専業主婦に押し付きたい」と連呼するが、言ってるだけでは視聴者から「専業主婦をバカにするな」と反感を買うだけ。やはりここは、料理学校に通うとか、スゴイきれい好きとか、家事全般を母親に任せていない…等の目に見える描写は絶対に必要。

名波については、「イケメンで優秀だが絶対に結婚したくない男」は何とかクリアしたとして、ドラマ的には一見冷静で冷たそうだけど、仕事や恋にやる気を出すと情熱的みたいなギャップを魅せないとダメ。さっぱりした顔で小声の人気アナだけでは明らかに魅力不足だから。

苦手な出演者を "観ている内に好きになる" な作品を

やはり、魅力は映像で伝えるべき。散々難航した配役だから、俳優の魅力に頼りたいし、演技力や存在感を考えればそこしか頼りようがない苦しさも理解するが、このままでは出演者のファンだけが楽しめるドラマまっしぐらは間違いない。

世間の評判を聞いても、主役の2人への違和感や嫌悪感があるのは確か。しかし、そこを登場人物の魅力でカバーしなくては、本当の意味でのドラマの面白さは出ない。実際に嫌いだった俳優を “観るている内に好きになる” ことは多い。そこが一番苦手で手抜きをしてきたのが最近の『月9』。だから、やるしかない。

あとがき

これを言ってはおしまいですが、最大の問題は脚本と演出でどうしようもない部分をどう攻略するかでしょうね。それは、主演の2人の演技力。これは、演出家に頑張って演技指導してもらうしかないでしょうね。そこが少しでも解消されれば、かなりオーソドックスではありますが、恋バナと見られる作品になると思います。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】Motion(DVD付)(カードカレンダー付)
【早期購入特典あり】Motion(カードカレンダー付)
<突然ですが、明日結婚します 1 (フラワーコミックスアルファ)
突然ですが、明日結婚します コミック 1-5巻セット (フラワーコミックスアルファ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9438/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446499744.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

突然ですが、明日結婚します 「大波乱のプロポーズ」

だいぶ、男性主人公の、“ナナリュー”こと名波竜(山村隆太)に馴染んできて、見易くなりました。思いっきり、高梨あすか(西内まりや)と反発しながら、惹かれる部分もあり、ひょんな展開から、あすかの実家へ行くことに、あすかママ(石野真子)が、ナナリューの大ファンで、渾身の大御馳走ってのも、笑えたのでした。なにげに、ナナリューのナレーションを、あすかが「この声、好き」と言ってたのも伏線だったのかな?偶...

突然ですが、明日結婚します 第2話

突然ですが、明日結婚しますの第2話を見ました。 結婚して専業主婦になることを夢見るあすかはTNNテレビのアナウンサー・名波から告白されるが、名波には結婚する気がないことを知ると、キスしようと近づいてきた名波の顔を押しのけ、帰ってしまう。 出勤前、情報番組『モーニングYELL』を見ていたあすかは名波が三上から結婚願望はあるのかと問われた際に出会いがあれば是非と答えており呆れてし...

突然ですが、明日結婚します 第2話

「大波乱のプロポーズ」内容名波(山村隆太)の番組を観ていたあすか(西内まりや)は、司会者から結婚願望を聞かれた名波が、&ldquo;出会いがあれば、是非&rdquo;と答えたことに唖然とする。 出社後、つい同僚の小野(森田甘露)に愚痴ってしまう、あすか。ただ、小野の家に居候する名波のことを、やはり理解していたようで。。。 そんななか、外回りに出たあすかは、いずみ証券の神谷(山崎育三郎)と...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR