視覚探偵 日暮旅人 (第2話・2017/1/29) 感想

視覚探偵 日暮旅人

日本テレビ系・新日曜ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』公式
第2話『5歳の少女を救え』の感想。
なお、原作:山口幸三郎氏の『探偵・日暮旅人』シリーズは未読。2015年11月20日に「金曜ロードSHOW!」枠で放送された番組と2017年1月17日に放送された映画天国「連続ドラマ化御礼!『視覚探偵 日暮旅人スペシャルドラマVer.』」も鑑賞済み。


旅人(松坂桃李)は、キャバクラで働く恵理(入山法子)から、2日前に行方不明になった5歳の娘・さくら(川北のん)の捜索を頼まれ、雪路(濱田岳)とアパートの住人に聞き込みを開始。住人の狭川(栗原類)と凛子(矢田亜希子)には話を聞けたが、江園(今野浩喜)はさくらがいなくなった日から消息不明らしい。その頃、灯衣(住田萌乃)が黙って家を抜け出し、一緒にいた亀吉(上田竜也)と居合わせた陽子(多部未華子)は慌てる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前回より面白かったが、何となく中途半端な感じ…

前回よりは、旅人(松坂桃李)の複雑な設定が見え始めて、面白かった。しかし、全体的には、演出の堤幸彦氏らしさが薄目で、普通のドラマに見えたのは残念。それと、亀吉(上田竜也)のキャラが面白いだけに、もう少し必然性は作れないだろうか。終盤なんてかわいそうなくらいだから。

視聴率はそれなりに良いのに、あまり世間で話題にならない本作。内容もそうだがホント不思議。ちょっと松坂桃李さんの不可思議さを醸し出す方向に振り過ぎて、多部未華子さん、濱田岳さんらの良さを活かしきれていない感じ。これはもったいない。物語もちょっと強引。修正するならまだ間に合うか?

あとがき

何となく、旅人の人物像が次第に明らかになっていけば、尻上がりに面白くなりそうな気配はあるのですが。次回が見極めになるかも?だから、次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
探偵・日暮旅人の探し物 (メディアワークス文庫)
探偵・日暮旅人の失くし物 (メディアワークス文庫)
探偵・日暮旅人の贈り物 (メディアワークス文庫)
探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)
視覚探偵 日暮旅人 [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9434/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446463640.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

視覚探偵 日暮旅人 「5歳の少女を救え」

5歳の時、事件に巻き込まれ、過酷な監禁がもとで、視覚以外の感覚を失った、主人公・日暮旅人(松坂桃李)。先週のタイムカプセルの件もあって、保育士・陽子(多部未華子)は、20年前に自分の保育園で起きた誘拐事件の被害者が旅人でないかと思い始めます。そんな折、シングルマザーの宮川恵理(入山法子)から、行方不明となった娘、さくらの捜索を依頼される旅人と雪路(濱田岳)同じアパートの狭川洋一(栗原類)や、...

日曜ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』第2話

「5歳の少女を救え」 内容シングルマザーの宮川恵理(入山法子)から、行方不明となった娘さくらの捜索を依頼される旅人(松坂桃李)と雪路(濱田岳)早速、ふたりは、恵理たちの住まうアパートへ、同じアパートの狭川洋一(栗原類)や、矢口凛子(矢田亜希子)から話を聞くが、それぞれアリバイを主張し、知らないと言うばかり。隣人の江園大樹(今野浩喜)は、姿を消していた。刑事のすみれ(シシド・カフカ)土井(和田...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR