大貧乏 (第4話・2017/1/29) 感想

大貧乏

フジテレビ系・『大貧乏』公式
第4話『ママがスパイ迫る危険!奥手弁護士にモテ期到来!?』の感想。


会社の倒産の原因になった「濱中電子工業」への賠償金250億円が、実は濱中が仕組んだものではと推理した柿原(伊藤淳史)は、心配しながらもゆず子(小雪)に派遣社員として濱中に潜入してもらう。週末、子どもをまりえ(内田理央)一家に預け、ゆず子は濱中でバッテリーを作ったという亜香里(沢井美優)と親しくなるため一緒に合コンへ。だか相手は精いっぱいおしゃれをした柿原ら弁護士チームで、ゆず子はあきれる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ホームドラマとラブコメに、サスペンスが食われちゃった

うーん、正直つくり手たちが、どの辺を落とし所に設定して作品づくりをしているのか見えなくなってしまった。

見た目も中身も違う凸凹なゆず子(小雪)と柿原(伊藤淳史)を活かそうとして、軽妙なコミカルタッチなホームドラマとラブコメを意識し過ぎて、もう一つのサスペンスの部分まで緊張感が無くなり、本末転倒になってるような。

更に、ゆず子と柿原だけにしておけば良いものを、子どもたちの部分も話を広げるから、完全に風呂敷を広げ過ぎて、どこを楽しんだら良いのか、私には分からない状態になってしまった。普通に、ゆず子と柿原の関係がどうなるのかを描きながら、2人が協力して事件を解決すれば良いのに…

あとがき

欲張り過ぎですね。この放送枠は裏番組への緊張感のためにも、もっともっと成長して欲しいと応援してきたのですが、本作は今回で離脱します。継続視聴の皆さんはこのあとも楽しんで下さい。そして、この放送枠の次回作に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
小雪 美の養生訓: 女性として心とカラダに向き合った5年間の記録 (小学館セレクトムック)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9432/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446456641.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR