東京タラレバ娘 (第2話・2017/1/25) 感想

東京タラレバ娘

日本テレビ系・水曜ドラマ『東京タラレバ娘』公式
第2話『アラサー3人娘が幸せ求めて悪戦苦闘、右往左往!』の感想。
なお、原作:東村アキコ氏の漫画『東京タラレバ娘』は未読。


KEY(坂口健太郎)が人気モデルだと知り、腹立たしい倫子(吉高由里子)たち。恋を忘れた倫子は、監督から脚本に胸キュンシーンが欲しいと要求され、不安になる。そんな折、倫子は早坂(鈴木亮平)とマミ(石川恋)からドラマ主題歌を歌うバンドのライブに誘われ、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)も呼ぶ。そのバンドのギタリストは、香がかつて振った元恋人・涼(平岡祐太)だった。香は再会した涼に抱き締められ、胸をときめかせる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

流石に、前半と後半では雰囲気が違い過ぎない!?

脚本と演出は、第1話と同じ松田裕子氏と南雲聖一氏のコンビ。前回同様に、メインの3人の実年齢と劇中の設定年齢と物語が釣り合っていない不自然さは残るが、そこをいつまでも愚痴ってもしょうがないから、本筋に入る。

全体的には、前半は第1話のノリで漫画チックな演出と “タラレバ” を連呼して本作らしさが出て面白かったのに、後半になったらまるで別のドラマのように、普通の恋バナのドラマになっちゃった。

それも、前半は倫子(吉高由里子)と香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)がメインで話が進んでいたのに、後半はほぼ群像劇。まあ、メインの3人がそれぞれの恋愛をってことだから、群像劇化するのは当然としても、前半と後半では雰囲気が違い過ぎないか。

3人の "人間性の中途半端さ加減" が良かった

ただ、物語としては、確実に動き出したし、面白い方向に進んだのは認める。特に、良いなと思ったのは3人の人間性の中途半端さ加減。あんな女がダメなんだよなって、ちゃんと思わせてくれたから。あとは、“タラレバ” を活かして “らしさ” を醸し出せるかだろうか?

あとがき

随分、大胆に後半の雰囲気を変えてきましたね。それが視聴率に吉と出るかどうか?第1話の “ノリ” を期待した人は厳しいかなって。でも、私としては、この方向で “本作らしさ” を足してくれれば、意外と継続視聴できそうですが。次回にも期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本テレビ系 水曜ドラマ 「東京タラレバ娘」 オリジナル・サウンドトラック
TOKYO GIRL(初回限定盤)(DVD付) 日本テレビで放送される水曜ドラマ『東京タラレバ娘』の主題歌
東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス) [まとめ買い] 東京タラレバ娘(Kissコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9417/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446313927.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京タラレバ娘 「アラサー3人娘が幸せ求めて悪戦苦闘、右往左往!」

あいかわらず、タラネバ娘達が集まると、回転寿司屋で、あーでもない、こーでもない、のタラネバ話。そんな中、倫子(吉高由里子)、彼氏を奪われた上に、仕事も、若い女性脚本家・笹崎まりか(筧美和子)に、さらわれ、「女を使ったから」との情報に、後をつけたら、やはり、実力だった、と思い知らされ、深く落ち込みます。また、早坂(鈴木亮平)新ドラマの主題歌を歌うバンドのライブに誘われた倫子は、香(榮倉奈々)と...

東京タラレバ娘 第2話

東京タラレバ娘の第2話を見ました。 早坂がマミと付き合い始めたショックを引きずり続ける倫子は自分達を「タラレバ女」と名付けた男・KEYが今話題のモデルだということも判明して衝撃を受け、香と小雪にも教える。 「アイツ、モデルだったの!?」 「KEYって名前も癪に障る」 「ホント、外国人気取りか」 「ブレイク必須だと!?」 ある日、早坂から新ドラマの主題歌を歌うバンドのラ...

東京タラレバ娘 第2話

倫子(吉高由里子)は、早坂(鈴木亮平)がマミ(石川恋)と付き合い始めたことで受けたショックを引きずり続けます。 さらに、倫子たちを「タラレバ女」と名付けたKEY(坂口健太郎)が、今話題のモデルだということが判明します。 ある日、早坂から新ドラマの主題歌を歌うバンドのライブに誘われた倫子は、香(榮倉奈々)、小雪(大島優子)と一緒に行くことになりますが、香はバンドのギタリストが元...

水曜ドラマ『東京タラレバ娘』 第2話

「急展開のキス!次の一手がわからない!!」 内容「こんな30歳になる予定じゃ無かったのに。。。」つい“タラレバ”愚痴る倫子(吉高由里子)香(榮倉奈々)小雪(大島優子)が。。。その“タラレバ”言ってきた嫌な男(坂口健太郎)が、KEYというモデルだったと知る。顔だけは良いのに。。。。 そんなある日、ドラマの脚本の打ち合わせ後に、早坂(...

東京タラレバ娘 第2話~気づけば、世界は手に入らないもので溢れてた……

「仕事はがんばれば、結果が出るって信じてた。  でも気づけば、世界は手に入らないもので溢れてた」  若い子に〝好きな人〟も〝仕事〟も奪われた倫子(吉高由里子)の言葉だ。  これって、生きることの真実だよな~。  二十代後半、三十代になってわかること。 〝努...

「東京タラレバ娘」第2話 感想

 ライブのシーンで平岡祐太さん、リズム感がイマイチで笑っちまったよ~。^^;  ミュージシャンには見えんかった…。  単にイケメンでカッコいいから平岡祐太さんを配役にしたかぁ。  それにしても、またクズ男の役って思いました。  「私が恋愛できない理由」に「ディア・シスター」に、恋愛物連ドラで印象に残ってるのはそんなろくでもない役どころばかり。  見た目の爽やかさとは裏腹な…。 ...

「東京タラレバ娘」3人娘の現実2倫子は実力不足を突きつけられ香は元カレが忘れられず勢いで一夜を明かしどうしてよいのかわからない自分がいた

「東京タラレバ娘」第2話はKEYにタラレバ女と名付けられた倫子は朝から悪いニュースばかり巡ってくる。これまでやっていた脚本を別の女に奪われてしまいそれが実力で奪われたとわ ...

傾城の皇妃最終話 & 嘘の戦争第3話 & 東京タラレバ娘第2話(1.23-25)

・傾城の皇妃最終話 愛する蜀皇帝チーヨウを失ったものの 北漢や周の力を借りて、父の仇の叔父を討つマー・フーヤー(林心如)、 だが共に行動をしていた弟こそチーヨウの命を奪った元凶だと知り、 弟を殺害する。 登場人物、ほとんどが死んだ(苦笑)。 北漢の皇太子が死んだあたりから展開がおかしくなったな。 フーヤーとチーヨウが蜀宮廷で陰謀を巡らせていたあたりは面白かったです。 ・嘘の戦争第3話 か...

嘘の戦争第3話 & 相棒15期第13話 & 東京タラレバ娘第3話 & 科捜研の女16期第11話(1.31-2.2)

嘘の戦争第4話 一ノ瀬浩一(草彅剛)の次の標的は政治家四条綾子(ジュディ・オング)。 浩一一家が惨殺されるきっかけとなった女性の暴行死事件、 綾子の息子司(森岡豊)が犯行グループの一人と浩一は読んでいた。 浩一は綾子が占いに凝ってることに目をつけ、隠し財産を奪おうとする。 政治家母子を陥れるまでがスピーディーで面白かったな。 草彅君の迫真の演技もイイ。 浩一のバディのハルカが二科妹に勝手に...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR