べっぴんさん (第92回・1/23) 感想

連続テレビ小説「べっぴんさん」

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』公式
第17週『明日への旅』『第92回』の感想。
なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


すみれ(芳根京子)は、任されていた大急百貨店の展示のテーマを「女の一生」に決め、明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)と準備を進めていく。一方で、家出中の娘・さくら(井頭愛海)は姉のゆり(蓮佛美沙子)の家からいまだ帰らない。すみれは夫の紀夫(永山絢斗)に「会いに行かないか」と誘われるが、「今はまだかける言葉が見つからない」と断るのだった。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回のアバンを "初見の視聴者" が見たらこんな感じ?

ホント、個人的な理由を書いて申し訳ないが、朝から3本もドラマを見直して(内2本は拡大版)感想を投稿した後に、こんなアバンタイトルを見せられたら、一気に意気消沈してしまうではないか。このアバン、初見の視聴者だったら、こんな風に見えやしないだろうか。

どうやら思春期のヒロインと若くて短気な後妻の継母がケンカ中で、メモで娘の家出を知った継母が、娘を探しに行った先の喫茶店のママに自分の子育ての失敗をズバリと当てられ泣いたが、父親は平気な顔で朝飯を食らい、母親は仕事に行くと。祖母だけが寂しそうにご飯を食べてる…

そう、すみれ(芳根京子)が主人公にも実の母親にも見えないのだ。お父さんの後妻にいじめられて家出した威勢の良いさくら(井頭愛海)がヒロインに見えてしまう。なぜ、すみれの存在感の薄さも問題だが、どうしてここまで、さくらの反抗期を描くことに時間も労力も注ぎ込むのか?全くわからない…

"さくらの乱" はそっちので、突然キアリスの話!?

そして、主題歌明けは突然にキアリスの話。先週からアバンにかけてあれだけ大量に出稿?していた “さくらの乱” はそっちのけかい?

それも、我が身の子育てが大問題になっていると言うのに「女の一生」をテーマにした企画展示の話を自信ありげに提案するすみれってどう言う人格なの?って感じ。それに、すみれが肌着への拘りを熱弁していたが、あまりにベビー服の話から遠退いているために、そうかベビー服の会社だったのかと、再認識する始末だ。

今さら、肌着の話をされても…

中西「肌着なんですね。やっぱりキアリスは…」

大急百貨店の小山(夙川アトム)の褒め言葉が余程嬉しかった中西(森優作)のこの台詞に2つの違和感を覚えてしまう。1つは、如何にも視聴者に対してキアリスを懸命に説明しようとしている違和感。もう1つは、新入社員の西城(永瀬匡)はおべっかキャラなのは良しとして、中西も同じキャラになりつつある違和感だ。

更に加えれば、武(中島広稀)のポジションの中途半端さ。明美(谷村美月)との絡みが無いと全く存在感が…。いずれにせよ、すみれたち4人もまともにえがいていないのに、さくらや新入社員や夜の街の人たちまで突っ込んで、本当に何を描きたいのか見えてこなすぎる…

中盤の "さくらの乱" をアバンにしたら良かったのに…

そして中盤。今やヒロイン扱いの “さくらの乱” をインサートしてきた。それも、前後との繋がりを一切無視した舞台演劇調の照明のカットと、見飽きたクラブと喫茶店の回想と、意味不明な波止場のシーンを合計で1分11秒も。完全に話の腰を折ってる。これを、アバンにしたら、かなり印象が良くなったろうに…

未婚の明美に「女の一生」を語らせるは、冷酷では?

で、「女の一生」とは何かを、これまた突然に模索し始めるすみれたち4人。実は今回で一番嫌なシーンがここ。最初、展示案の紙は左(赤ちゃん時代)から右にパン(カメラが移動すること)して、画面下手(右側)の端にお婆ちゃん時代が映ったところでカメラが止まる。

そして、カットが切り替わって君枝(土村芳)が「ここまでは辿ってきた道」とイラストの位置を示すが、その直後のカットは、「独身→結婚→育児→老後」が映ってる。まず、そこが不自然。普通は「独身→結婚→育児」だけで良いのでは?そして、明美が老後のことをチラリと言うが、ここが嫌。

明美だけは「独身」の先を経験していないのに、こんなセリフを言わせる脚本家の人間性が見えてしまったのが残念を超えて嫌~な感じ。どうして、明美だけ独身設定なのか?そして、その上で「女の一生」をテーマに話を進める冷たさとか寒気が…。どうしようもないことだから、これくらいにしておこう…

主人公として "妥当な過去" が無いのが致命的…

なんか、残りの4分間近くはどうでも良いやって感じ。だって、すみれが子育てをしてきたようには見えないし、子どもを大切にしてきたようにも見えていない。なのに、「女の一生」のイラストのカットをインサートして強引に、主人公の一生と重ねようとしているが、

本来ここは、イラストでなく実写の回想シーンであるべき。イラストで表現してしまったら、それは文字通り「動く紙芝居」。少なくともテレビドラマなら回想シーンで、主人公のこれまでと今の気持ちを重ねるべきなのに、本作にはその映像がない。描いてこなかった証拠でもある。

今からでも "すみれとさくらの過去" を作ったら良いのに

それは、主人公に主人公として “妥当な過去” が無いのと同意だ。だから、「語り」でこう言って補強するしかない。

はな(N)「これまで辿った道が、今を作っています…」

残念だが、主人公として “妥当な過去” が無いから、“さくらの乱” にも必然性が生まれないし、そもそも “さくら” と言う登場人物の存在の意味さえ混沌としてしまうのだ。

もしかして、もう本当にどうしようもないところに来てしまっているのかもしれないが、まだ “さくらの乱” を続けるなら、今からでも “すみれとさくらの過去” を作ったら良い。

あとがき

今回は、かなり不快に感じた人がたくさんいたでしょうね。キアリスの職場のシーンでの新人・西城の上司への態度、部長の武のふがいない態度、表面だけ繕った主人公夫婦とその家族のやり取りなど、ここまで不快感を与える必要ってあるのかなあって感じ。演技にも、みんなが力を入れてないなって感じもあるし…

朝から、不快な描写をわざわざ入れる必要ってありますか?普通に出来ないかなあ。普通に。とにかく脚本と演出はそこを第一に考えた方が良いです。そして、俳優さんたちは、この脚本では気の毒ですが、何とかがんばって欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫)
ファミリア創業者 坂野惇子 - 皇室御用達をつくった主婦のソーレツ人生
坂野惇子の人生 (MSムック)
上品な上質---ファミリアの考えるものづくり
時空旅人別冊 “べっぴんさん"坂野惇子の生涯: サンエイムック
連続テレビ小説 べっぴんさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9406/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446224351.html でも受付けております。


【これまでの感想】
“視聴率=作品の質”か? 「べっぴんさん」視聴率18%台と7日から大台割れ
「べっぴんさん」初回“総合視聴率”は27% 新視聴率調査でテレビのおばさん化に影響を与えるか?
べっぴんさん "お嬢様"を言い訳にし過ぎたり、各エピソードの"配分"の悪さが、ドラマに今一つのめり込めない原因か?
「べっぴんさん(第43回・11/21)」を"紀夫の立場"で改めて考えてみた
「べっぴんさん」2か月過ぎても、まだ本当の意味で "ドラマ" になってない!?
「べっぴんさん」第50回まで描かれずに残念だったこと。そして、本作の課題と今後に期待すること

第1週『想(おも)いをこめた特別な品』
1 2 3 4 5 6
第2週『しあわせの形』
7 8 9 10 11 12
第3週『とにかく前に』
13 14 15 16 17 18
第4週『四つ葉のクローバー』
19 20 21 22 23 24
第5週『お父さまの背中』
25 26 27 28 29 30
第6週『笑顔をもう一度』
31 32  33 34 35 36
第7週『未来』
37 38 39 40 41 42
第8週『止まったままの時計』
43  44 45 46 47 48
第9週『チャンス到来!』
49 50  51 52 53 54
第10週『商いの聖地へ』
55  56 57 58 59 60
第11週『やるべきこと』
61  62 63 64 65 66
第12週『やさしい贈りもの』
67  68 69 70 71 72
第13週『いつものように』
 73 74 75
第14週『新春、想(おも)いあらたに』
 76 77 78 79
第15週『さくら』
 80 81 82 83 84 85
第16週『届かぬ心』
86  87 88 89 90 91
第17週『明日への旅』

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【べっぴんさん】第91回・92 感想

家出をしてしまったさくら(井頭愛海)を心配するすみれ(芳根京子)だったが、姉のゆり(蓮佛美沙子)の家にいると知ってとりあえず胸を…

明日への旅>『べっぴんさん』第91話

「大急ですから」が「キアリスですから」に 分かり易い変り身を見せる小山さん 明美に「身内みたい」なんて言われるし 悦子様のフィアンセが彼なのはバレバレ この分だと 五月さんの同棲相手は二郎さんでは!? …という予想も当たりそう(笑) 今週で3週目に入る“さくらエピ”が 来週も続くのかも!? …という悪寒も実現しそう(^^;) …ひじゅにですが何か? ...

明日への旅>『べっぴんさん』第91話

「大急ですから」が「キアリスですから」に分かり易い変り身を見せる小山さん明美に「身内みたい」なんて言われるし悦子様のフィアンセが彼なのはバレバレこの分だと五月さんの同棲...

べっぴんさん 第92回

『明日への旅』内容さくら(井頭愛海)が、ゆり(蓮佛美沙子)のもとに“家出”すみれ(芳根京子)は、心配しながらも、大急から依頼されていた展示テーマを“女の一生”に決めて。。。。 そんななか、紀夫(永山絢斗)が、すみれに。。。。 敬称略 ほんと、何のためのアバンタイトル? その後も、度々盛りこむ...

コメント

No title
こんにちは。いつも感想を楽しみに読ませて頂いています。前から、思っていたのですが、誤字が多い気がします。名前ですとか、色々ですが、一度読み直して見て下さい。
  • 2017-01-23│17:27 |
  • 舞子 URL│
  • [edit]
No title
こんにちは。いつも感想を楽しみに読ませて頂いています。前から、思っていたのですが、誤字が多い気がします。名前ですとか、色々ですが、一度読み直して見て下さい。
Re: No title
☆舞子さん
コメントありがとうございます。

勢いで書いてますから。
チェックします。
  • 2017-01-23│18:52 |
  • みっきー URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR