スーパーサラリーマン左江内氏 (第2話・2017/1/21) 感想

スーパーサラリーマン左江内氏

日本テレビ系・土曜ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』公式
第2話『サエないヒーローでも息子のピンチを救えるのか!?』の感想。
なお、原作:藤子・F・不二雄氏の漫画『中年スーパーマン左江内氏』は未読。


スーパーヒーローを渋々続ける左江内(堤真一)は、再会した例の老人(笹野高史)にスーツを返そうとする。しかし、仕事に遅れそうになり、ついスーツの威力に頼ってしまう。そんな左江内と部下の蒲田(早見あかり)は、たまたま入ったもんじゃ焼き店の店主・茂(織本順吉)から「店を閉めてマンションを建てたい」と相談される。一方、もや夫(横山歩)が合唱コンクールの指揮者に選ばれ、円子(小泉今日子)は大喜びするが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

楽しさは前回を下回った、と言わざるを得ない

小泉今日子さん目当ての視聴につき、その意味ではもっと出番を増やしてくれれば文句なしと言うところなのだが、正直全体の仕上がりの良さや楽しさは、前回を下回ったと言わざるを得ない。

"らしい" 痛快さや軽快さや滑稽さが薄まった印象

前回が第1話だから、人物と設定紹介に事件を盛り込んだおかげで、ある意味でネタ満載に見えたのかもしれない。今回は事情説明が無いのは当然として、事件を2つにしたのが “ネタ満載” でなく “単なる散漫” になってしまった。

特に、もや夫(横山歩)のくだりには、家族の話だけでなく合唱コンクールやら、あれこれ詰め込んで更に散漫さが助長されちゃった。

その上、メイン?のもんじゃ焼き店の店主・茂(織本順吉)のくだりも、妙に人情話風なテイストを入れ込んだ分だけ、「スーパーサラリーマン」らしい痛快さや軽快さや滑稽さが、薄まった印象だ。

可愛げがない鬼嫁と子供たちに嫌悪感を抱く視聴者も…

第1話の視聴者の反応が、第2話の脚本と演出に即時に影響を与えるとは想像しがたい。だとしたら、脚本・演出の福田雄一氏だけでなく、制作陣そのものが本作の方向性や着地点をまだ模索中の可能性はある。特に、左江内(堤真一)の家族、中でも左江内と妻の円子(小泉今日子)の描き方だ。

私は、円子の鬼嫁の描き方は今時していは思い切っているし、外見だけ繕っているような家族や仮面夫婦よりは、かなり個性的ではあるものの幸せそうだし、家族や夫婦の数だけタイプがあるし、こう言う好みが分かれる作風も福田雄一作品の見所だから許せるが…

ただ、冷静に見れば、可愛げが無く不愉快な鬼嫁と姉弟に見えるのは確か。放送枠を考えても、万人ウケする一般的な妻と子供たちにしておくのが無難なのも確か。

福田氏は "ゴールデン向き" は一切考えていないのでは?

でも、つくり手の立場なら、普通ではただ “スーパーサラリーマン左江内氏” が大活躍するだけのヒーロードラマになり、わざわざ40年前の原作をテレビドラマ化する意味すら問わざるを得ないのも確か。少なくとも私は、福田雄一氏は最初から本作をゴールデン枠向きにしようなんて一切考えていないと想像するが…

いつもの福田作品のように "らしさ" を全開にしたら良い

福田雄一氏と日テレ上層部との葛藤が、早くも第2話の映像に露呈したのかもしれない。これは、両者にとっても視聴者にとっても好ましくない事態。私は、全体をもっと絞り込んで、あらゆるパーツをデフォルメして、いつもの福田作品のように “らしさ” を全開にするだけで、面白くなると信じるが。

あとがき

『土曜ドラマ』枠と言えば、男性を主人公としたティーンエージャーを中心としたファミリー向け作品のイメージが強いですが、その一方で、古き良き漫画のリメイクや、新たなスタイルの脚本・演出を取り入れる作品も多く、意外に挑戦的な作品も多いです。

本作は久し振りに後者の中でもピカイチな作風かも?私は、引き続き本作を応援します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本テレビ系 土曜ドラマ 「スーパーサラリーマン左江内氏」 オリジナル・サウンドトラック
中年スーパーマン左江内氏 (てんとう虫コミックススペシャル)
Happy?(DVD付)日本テレビ系 新・連続ドラマ 「スーパーサラリーマン左江内氏」主題歌
Happy?日本テレビ系 新・連続ドラマ 「スーパーサラリーマン左江内氏」主題歌


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9400/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/446187645.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スーパーサラリーマン左江内氏 第2話

左江内(堤真一)の息子・もや夫(横山歩)が、クラス対抗の合唱コンクールで指揮者に選ばれます。 左江内の妻・円子(小泉今日子)は「もや夫には音楽の才能がある」と大喜びです。 もや夫は合唱コンクールに向けて張り切りますが、クラスメイトをまとめることができずに落ち込みます。 そんな中、もや夫が学校でうんていから落ちて怪我を負います。 指揮者に選ばれた彼に嫉妬したクラスメイト...

スーパーサラリーマン左江内氏 「サエないヒーローでも息子のピンチを救えるのか!?」

今回は、左江内(堤真一)、大忙し。彼の息子・もや夫(横山歩)が、クラス対抗の合唱コンクールで指揮者に選ばれ、円子(小泉今日子)、大喜び。でも、運動方面… うんていは苦手なんですね。それも御愛嬌?一方、左江内が進めるタワーマンション建設計画にも大きなトラブルいけいけ、粉まみれになりながらも、あちこち。だんだん、スーパーサラリーマンになることに躊躇がなくなりましたね。もや夫は、ちょっとズルかった...

土曜ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』 第2話

「サエないヒーローでも息子のピンチを救えるのか!?」内容なんとなくスーパーマンの仕事をしながら、タマに本業でも利用。そんな日々を送っている左江内(堤真一) ある日、息子もや夫(横山歩)が、クラス対抗合唱コンクールで指揮者に選ばれたと知る。大喜びの円子(小泉今日子)は、もや夫の指導。張りきるもや夫だったが、クラスメートをまとめることが出来ず。合唱の練習が出来ずにいた。 一方、左江内は、部下...

なんてたって絶対音感(小泉今日子)もんじゃも大好き(早見あかり)マエストロブルー(島崎遥香)

なんとか・・・対応しているようだな。 のほほんとしていていいぞ。 全国の主婦が全員高圧的になったらと小心者が怯えるのだ。 だが・・・高圧的になってもいいのは・・・それなりの実力者だけですから~。 そこんところを間違えないで~。 誰にお願いしているんだよ。 で、『スーパーサラリーマン左江内氏・第2回』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR