就活家族~きっと、うまくいく~ (第1話/初回15分拡大・2017/1/12) 感想

就活家族~きっと、うまくいく~

テレビ朝日系・木曜ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』公式
第1話/初回15分拡大『父のリストラ、母の熟年離婚…家族に仕事下さい!!』の感想。


富川家は大手鉄鋼メーカーの人事部長・洋輔(三浦友和)、私立中学教師の妻・水希(黒木瞳)、OLの長女・栞(前田敦子)、就活中の長男・光(工藤阿須加)の4人家族。新卒採用とリストラ勧告を担当する洋輔は、その真面目な働きで役員昇進目前だ。水希も校長から雇用延長を打診され、2人はマイホーム購入を決断する。そんな中、洋輔は社長の的場(中丸新将)から、入社面接で落とした銀行頭取の息子を採用するよう命じられて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

この第1話では、"失職詐欺" じゃないの?

妻が、数十年来の三浦友和さんのファンで、私も彼の映画作品なども見るため、一部には大の苦手の女優陣がいる本作だが、食わず嫌いはいけないと思い視聴した。

内容は、事前の「家族全員が就職活動に取り組む異色のホームドラマ」と言う大量の番宣の通りに、まずは家族4人が職を失ったところから、家族が一致団結して立ち上がっていくドラマだと想像したのだが、これが大幅な期待外れ。15分拡大した割に、誰も職を失わない。これ失職詐欺ではないのか?

1人あたり "90分" で何が描けるか?

その上、最後まで見てみると、4人の家族が全員並行して描かれていた。となると、最近の連ドラが全10話として、設定紹介の第1話と最終回を除いた残りの8話を4人でシェアすることになる。で、1人=2話となる。正味90分程度だ。その間に、まずは失職して、あれこれ就活して、最終的に職に就く。

1人あたり90分で何が出来る?と言うか、要は2時間ドラマで1人の主人公が失職して再び就職するまでを、4本見るのと同じようなもの。これで、興味を持てと言うのは少々強引では?

全話の構成ミスでは?

これ、全話の構成ミスではないだろうか。まず、第1話の15分くらいで、なぜか不運続きで家族4人が次々と職を失った方が、テンポが良くなっただろう。その後の “這い上がる姿” を通して、「家族とは何か」「仕事とは何か」をユーモラスに時にシリアスに問い掛けていく方が楽しめたのでは???

あとがき

ちょっと期待外れでした。三浦友和さんのドラム演奏のシーンは良かったです。が、あとは職を失うまでの初期設定をだらだらと見せられたって感じ。前職なんて描かずに、一家が路頭に迷うところから始まっても良かったくらいです。それ以前に、父親と母親が失職して、子どもたちが慌てふためいても良かったかも?

次回で継続視聴か離脱を決めます。ジャッジのポイントは、何人失職するか?ですかね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


<  

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
晴れた日に、空を見上げて(DVD付)
晴れた日に、空を見上げて


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9364
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/445878836.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

就活家族~きっと、うまくいく~ 「父のリストラ、母の熟年離婚…家族に仕事下さい!!」

どうやら、平和で普通の家族に、どんどん危機が訪れるオハナシみたいですね。タイトルとは違って、現時点で、大手鉄鋼メーカー・日本鉄鋼金属で人事部長を務める富川洋輔(三浦友和)は、就活の面接官側で、リストラする側… 誠実に仕事をこなし、役員職も目前だったのに、ある日、取引会社・重役のドラ息子が、モンスター就活生となって、「彼を採用せねば、取引銀行との関係が…」という立場をいいことに、無理難題。結果...

就活家族~きっと、うまくいく~(三浦友和)パパからお小遣いをもらったよ(前田敦子)嫌われる勇気(香里奈)ナチュラル・ボーン・アドラーだよ(桜田ひより)

予定通り・・・谷間が濃厚な木曜日である。 呪われたように不吉な出来事に襲われ続けるがオカルトものではないホームドラマ。 目的達成して自己実現することだけが正しいような自己啓発的刑事ドラマ。 どちらも・・・エンターティメントとは言えないのではないかと思う。 (個人の感想です) 金銭目的のために周到な計

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR