相棒season15 (第11話・2017/1/11) 感想

相棒season15

テレビ朝日系・『相棒season15』公式
第11話『アンタッチャブル』の感想。



路上で刺殺事件が発生。捜査をしようとした右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、刑事部長の内村(片桐竜次)から目撃者に接触しないよう命じられる。目撃者は警察上層部の娘らしい。現場を見た右京は、中学生である目撃者が通学路でもない寂しい夜道をなぜ一人で歩いていたのか気になる。やがて、目撃者の父親が警視庁のナンバー2である副総監・衣笠(大杉漣)と判明。右京らは早速、衣笠の娘・里奈(桜田ひより)に会いに行く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

上司の命令を無視して、独自に捜査してこその特命係

脚本は、山本むつみ氏。演出は、橋本一氏。所々、演出に雑な部分が目立って困ったものだが、全体を見ると少なくとも『正月スペシャル』よりだいぶマシな仕上がりだった。

特に、刑事部長の内村(片桐竜次)の指示を無視して、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)がバディで、「特命係」として独自に捜査をしたのは良かった。明らかに『杉下右京の事件簿』ではなく見えたから。

中園参事官の使い方 最近作では秀逸

また、鑑識係の米沢無き後に残るレギュラー陣を活用して、長年続いた連ドラらしさを十分に醸し出した。中でも、中園参事官(小野了)の使い方は最近作では秀逸な部類では?

"小さな事件" に、特命係が首を突っ込むのが丁度良い

更に、個人的に良かったと思うのは、人が殺された事件を “小さな事件” と言うのは語弊があるかもしれないが、国家の存亡に関わる事件など所謂 “大きな事件” は本来は「スペシャル」や「劇場版」でも最近は大き過ぎて遠慮して貰いたい位。

今回のような所轄警察で手に余る程度の事件に、特命係が首を突っ込むのが丁度良い。

里奈役を演じた桜田ひよりさんの再登場に期待

さて、今回のゲストのる副総監・衣笠(大杉漣)の娘・里奈役を演じた桜田ひよりさん、若いのに落ち着いており、右京と亘と対等にやり合う雰囲気も堂々として、如何にも衣笠副総監の娘って感じ。ラストの雰囲気からすると、再登場もありそうだから、そちらにも期待したい。

あとがき

昨夜にリアルタイム視聴した時は、演出の雑さばかりが気になりましたが、今朝に見直してみると意外に『相棒』らしい雰囲気が全体に感じられて良かったです。これ、右京の年齢なども考えると、特命係に家族がいると言う設定も、今後は考えると、面白い展開のストーリーも出来るかも?そんなことも考えた1時間でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒 season14 上 (朝日文庫)
相棒 season14 中 (朝日文庫)
相棒season14 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray] 相棒season14 オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9358/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/445844228.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒15 「アンタッチャブル」 ~これでいいのか、『相棒』?

 中園参事官(小野了)のヒントで、目撃者を確認し、目撃者の証言で犯人を捕まえた。  ただ、それだけの話である。  ここには謎解き要素やトリックはまったくない。  これでいいのか、『相棒』?  青木(浅利陽介)も相変わらずの便利キャラ。  後に伏線があるとは...

相棒15 第11話

ある夜、人通りの少ない路上で会社員の男性が殺害されました。 手掛かりはなく、捜査は目撃証言が頼りとなりますが、刑事部長・内村(片桐竜次)は捜査陣に対して、有力な目撃者とされる女子中学生への接近をきつく禁じます。 その女子中学生の父親が偶然にも警察関係者で事情聴取に難色を示し、証言はすべて父親経由で提供されることになったからでした。 いつも以上に特命係の動きを警戒する内村は、...

相棒15第11話「アンタッチャブル」

この話・・・・・なんか真ん中の所は、あまり面白くなかったです。 あっ、この言葉を付けなくてはいけませんね。「私的には」って言うのは、大事な言葉です。 だけど、真ん中が詰まらなくても、その側面は面白かったです。 特に中園参事官。 と言うか、今回はその中園さんに光が当たった回だったのですね。 光っておでこに・・・  いや、なんでもない。 彼は本当に「うっかり」を装うのが上手いです...

相棒season15 第11話

「アンタッチャブル」 内容ある夜のこと、人通りの少ない道で、会社員・矢口紀之の遺体が発見される。 そんななか、内村(片桐竜次)刑事部長に呼ばれる右京(水谷豊)亘(反町隆史)有力目撃者である中学生への接触をするなと言うこと。中学生の父が警察関係者で、事件に巻き込みたくないと、自分を介してしか接触させないと言う。何らかの力が働いたと、勘ぐる右京と亘だが、すぐさま、2人は現場へと向かうのだった...

相棒15 テレ朝(1/12)#11

第11話 アンタッチャブル あらすじ都内の裏通りで会社員の男性が刺殺される事件が発生。犯人の遺留品はなく、捜査が難航する中、有力な目撃者が現れる。しかし、その人物が警察上層部の家族で、中学生の少女ということが分かり、捜査本部にも接触禁止が厳命される。 それを受け、刑事部長の内村(片桐竜次)は、自分に火の粉が及ばないよう、あらかじめ特命係に事件とかかわらないよう釘を刺す。ところが、そんなことは...

相棒 Season15 「アンタッチャブル」

かなり今回のオハナシには、賛否両論、諸説出てるみたいですが… 私は、分かりやすかったのが嬉しく、初期の相棒らしくて面白かったです。ちなみに、ダンナさんも面白かった派。でも、あいかわらずの「古轍」圧力コンビに、ふとした失言からヒントを見つけるあたり、痛快ですよね。しかし、被害者は、娘の誕生日ケーキ下げてたばかりに被害にあってお気の毒。事件の目撃者である里奈(桜田ひより)、いい味だしてました。岸...

嘘の戦争第1話 & 相棒15期第11話 & 科捜研の女16期第9話(1.10-12)

・嘘の戦争第1話 家族を殺され、詐欺師になった男一ノ瀬浩一(草彅剛)の復讐劇。 『曲がり角の彼女』『チームバチスタ』『銭の戦争』の後藤法子脚本。 初回は、家族を殺害した男と同じく腕にアザのある人物と遭遇した浩一が その男を陥れ、黒幕と思われる男二科(市村正親)に接近したと。 うん、テンポが良くて、面白かったです。 草彅君は本当に役に染まる人だね。 標的を見つけた浩一が初回から復讐に熱中しちゃ...

「相棒 season 15」第11話

目撃者は少女。 第11話『アンタッチャブル』ネタバレです。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR