金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画「天才バカボン2」 (2017/1/6) 感想

金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画「天才バカボン2」 (2017/1/6) 感想

日本テレビ系・金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画『天才バカボン2』公式
『高視聴率を獲得した実写版スペシャルドラマ『天才バカボン』の第2弾!今回は…謎の隣人【マツコ・デラックス】が物語のカギを握る!ハジメちゃん誕生秘話も初公開!』の感想。
なお、『金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「天才バカボン ~家族の絆」 (2016/3/11) 感想』あります。


<第1話>
『ハッピーメリーニューイヤーなのだ!』
 大晦日の夜、バカボン家では、一家団欒で新年を迎えようとしていた。年越しそばを準備していたママ(松下奈緒)は、うっかりネギを買い忘れていたことに気付く。「ネギがないそばなんて、年越しそばじゃないのだ!」と急に怒り出すパパ(上田晋也)。そして、もうすぐ年越しを迎えるというのに、ハジメちゃん(早坂ひらら)と一緒にネギを買いに行くことに!
 時間は、もうすぐ午前0時。赤塚神社の前を歩いていたパパとハジメは、偶然、福男レースの集団を見かける。福男レースとは、年が明ける午前0時にスタートする名物競争だ。「1位になった人は、その年一年間の幸せが保証される」と言われている。するとパパは、レース参加者の集団の中に、八百屋の店主(木下ほうか)を発見した!ネギを手に入れるため、声を掛けようとするパパ。しかし、その瞬間、福男レースが始まってしまった!
 一方、神社周辺をパトロールをしていたおまわりさん(高嶋政伸)は、人だかりで賑わっている屋台で、何やら怪しいモノを売る謎の男(寺島進)を発見し、追跡していた。福男レースとおまわりさんの追跡劇が混ざり合い、赤塚神社は大混乱に…!!
<第2話>
『世にも素敵なハジメちゃん誕生秘話なのだ!』
 年が明けて元旦。ママの同級生・栄子(山口紗弥加)が夫のタカシ(中村俊介)を連れてバカボン家を訪れる。パパもバカボンもハジメちゃんも、お腹の大きい栄子に興味深々。
 実は、栄子は臨月で、翌週に予定日を控えていた。しかし、栄子は「マタニティブルーで、タカシとうまく言っていない」とママに打ち明ける。その直後、栄子は陣痛に襲われ、病院へと担ぎ込まれる。タカシは、パパとバカボンと一緒に出産まで待つことに…。
 するとタカシは、パパに「自分が父親になることへの不安がある」ことを口にする。次の瞬間、バカボンは、ハジメちゃんが生まれた当時のことをタカシに語り始めた…実はバカボンは、タカシと同じ悩みを抱えていたのだ。バカボンは、ハジメちゃんが生まれる直前に、ある「秘密特訓」をしていたのだ。はたして、パパとの特訓とは…!!
<第3話>
『リンゴ殺人事件!いや、ミカン誘拐事件なのだ!!』
 1月6日、天才児ハジメちゃんは「ミカン神経衰弱・世界大会」で優勝し、なんと名前通り、世界一の栄冠に輝いた。翌日、バカボンと一緒に商店街におつかいに行くと…瞬く間に大人たちに囲まれ、握手やサインを求められるハジメちゃん。昨晩、テレビ番組で生放送されたため、すっかり有名人になってしまったのだ。しかし、それが仇となる。商店街でバカボンと別れた直後、なんと黒ずくめの男に連れ去られてしまう!
 しかし、そんなハジメちゃんが誘拐される光景を、初詣帰りの隣人マツコ(マツコ・デラックス)が、たまたま目撃する!そして『家政婦は見た!』の市原悦子ばりに追跡…勇気を出して、いざアジトの中へ!しかし、その直後、催眠スプレーを吹きかけられ、意識を失ってしまう…。目を覚ますと、縄でぐるぐる巻きに縛られている隣人マツコ!「ハジメちゃんを離しなさいよ!」と大声を出す。はたして、ハジメちゃんを救うことはできるのか!?
 一方、そんな事態になっているとは全く知らないバカボン家では、パパとおまわりさんがお茶を飲んで談笑していた。そこに犯人から身代金の要求電話が!しかし…要求には全く応じないパパ。パパの対応に困惑する犯人。
 その後、ハジメちゃんを救うために、パパとママは、なぜかフィギュアスケートの大会に出場しなければならなくなる。スケート経験は全くないパパとママ…、一体どうするのか?優勝することはできるのか?そして、ハジメちゃんを無事に救出することはできるのか!?
 ラストには、誰にも予想できなかった、信じられない結末が待っていた!!
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

本作なりのナンセンスさで、原作の世界観を仕上げた

SMAPの「オレンジ」を使ったのは、なかなかのアイデアとして。全体的には、前作よりも良くなったかな。ただ、原作よりもどうしてもテレビドラマになると、バカボンのパパのモラルをすごく押し付ける雰囲気になったりするのが、好みが分かれるかも?

ただ、一般世間のモラルによって、最近のあれはダメこれはダメと言う風潮のテレビドラマが多いな中、本作なりのナンセンスさを残して、『天才バカボン』の世界観を何とか今のドラマに仕上げようとする意気込みは感じた。前向きに攻撃的にものづくりをするのは大切だから。

あとがき

今作は、あまり世間で話題になっていなかったようですが、前作同様に悪くなかったです。また、続編を見たいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
スペシャルドラマ 天才バカボン~家族の絆 [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9342/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/445652545.html でも受付けております。


【2017年のスペシャルドラマの感想】
東京センチメンタルSP~千住の恋~ (2017/1/3) 感想

新春スペシャルドラマ「富士ファミリー2017」 (2017/1/3) 感想
新春大型ドラマ「君に捧げるエンブレム」 (2017/1/3) 感想
孤独のグルメ お正月スペシャル ~井之頭五郎の長い一日~ (2017/1/2) 感想

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

特別ドラマ企画「天才バカボン2」

個人的に、レレレのおじさんに扮した小日向文世を観たかったのですが、キャスティング自体、楽しかったです。織田信成にマツコ・デラックスも、お疲れ様でした。バカボンに扮したおかずクラブのオカリナのハマり具合にも感心しつつ、特に、ハジメちゃん役の早坂ひららちゃんの可愛いさにノックアウト♪冒頭から、外人さんと英語を流暢に話し、天才子役の片鱗を発揮顔芸しまくりでとにかくバカボンのパパになりきった上田やパ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR