TBS「噂の東京マガジン」の「平成の常識・やって!TRY」のイタリアンの達人・片岡護のアルポルトカフェ@日本橋高島屋でランチ

TBS「噂の東京マガジン」の「平成の常識・やって!TRY」のイタリアンの達人・片岡護のアルポルトカフェ@日本橋高島屋でランチ

アルポルトカフェ 日本橋タカシマヤ店

12月24日、毎年恒例の我が家でのクリスマスを祝うための食材調達を兼ねて、日本橋高島屋にある『アルポルトカフェ 日本橋タカシマヤ店』(公式サイトぐるナビ食べログ)に行って来ました。1階のエントランスエリアには巨大クリスマスツリーにトナカイの展示が施され、クリスマスイヴ直前の雰囲気満載でした。

TBS「噂の東京マガジン」の「平成の常識・やって!TRY」のイタリアンの達人・片岡護のアルポルトカフェ@日本橋高島屋でランチ

西麻布「アルポルト」片岡護シェフ監修イタリアン

このイタリアン店は、日本橋高島屋地下2階にあります。オーナーシェフの片岡護さんは、TBS『噂の東京マガジン』の『平成の常識・やって!TRY』のイタリアンの達人として時々出演される知る人ぞ知るお方。どこまでも “シンプルに素材の味を活かす” のが片岡流。

TBS「噂の東京マガジン」の「平成の常識・やって!TRY」のイタリアンの達人・片岡護のアルポルトカフェ@日本橋高島屋でランチ

開店時間の10:30前に到着して、妻と一緒に窓際のお気に入りの席に案内されました。メニューはディナーのことを配慮して分量を抑えめにするため、月替わりの「12月のおすすめメニュー」からピッツァとパスタをチョイス。グラスワインは、店員さんのおすすめで「フルボディタイプ」で。

磨宝卵とベーコンのピッツア トリュフがけ

TBS「噂の東京マガジン」の「平成の常識・やって!TRY」のイタリアンの達人・片岡護のアルポルトカフェ@日本橋高島屋でランチ

私が選んだのは、もっちりと焼き上げたピッツァに半熟卵が溶けたソースとトリュフの香りが絶品の味わいが売り文句の『磨宝卵とベーコンのピッツア トリュフがけ(ピッツァ単品/税込2,160円』。有名シェフの間で “ふんわり焼ける卵” として重宝される磨宝卵が半熟状態で見事に中央で存在感を放ってます。

TBS「噂の東京マガジン」の「平成の常識・やって!TRY」のイタリアンの達人・片岡護のアルポルトカフェ@日本橋高島屋でランチ

香り豊かなトリュフもお値段の割に多めにトッピング。食べる直前に半熟卵を崩しすと、香ばしい少しモチッとした触感のピッツァ生地とトリュフの香りに、磨宝卵の濃厚な味が絡み合って、正に片岡シェフのシンプルに素材の味を活かしたピッツアが完成。ベーコンの塩味だけで十分です。

TBS「噂の東京マガジン」の「平成の常識・やって!TRY」のイタリアンの達人・片岡護のアルポルトカフェ@日本橋高島屋でランチ

鴨肉とポルチーニの煮込みソース フェットチーネ

TBS「噂の東京マガジン」の「平成の常識・やって!TRY」のイタリアンの達人・片岡護のアルポルトカフェ@日本橋高島屋でランチ

妻が選んだのは、旨味の凝縮した乾燥ポルチーニと鴨肉を赤ワイン、ブイヨン、トマトホールでじっくりと煮込んだソースで、太目のフェットチーネのパスタとソースが絡み、相性が良い一品と言うのが売り文句の『鴨肉とポルチーニの煮込みソース フェットチーネ(サラダ・パン付き/税込1,836円)』。

TBS「噂の東京マガジン」の「平成の常識・やって!TRY」のイタリアンの達人・片岡護のアルポルトカフェ@日本橋高島屋でランチ

我が家のクリスマスと言えば「鴨」は絶対に外せない食材の1つ。その鴨に醤油のような独特の強い香りと旨味と甘味の乾燥ポルチーニ、僅かなトマトの酸味が絶妙な一品でした。

男性2名の接客が抜群 女性店員の気遣いもいい感じ

私がレストランで味と同等に重要視するのが接客サービス。この日は男性2名が担当してくれましたが、このお手軽な料金の割にかなりテキパキとした気持ち良い配膳。冷水や皿下げ時の声掛けもかなりベストなタイミング。

ワインについては、着席直後にグラスワインはミディアムタイプとフルボディタイプを聞かれ銘柄は確かめませんでした。帰りの精算時に「お料理とワインはお合いになりましたか?」と尋ねるあたりも手抜かりなし。

恐らく、イタリア・トスカーナ地方のメルローとカベルネ・ソーヴィニヨンの比率が6:4位のワインだったと思います。1杯が税込1,296円。メルローの果実味と酸味を邪魔しないタンニンの渋みがあり、2つの料理に合ってました。

あとがき

お値段的には、片岡護ブランド、立地、味からすると標準的だと思います。今度は、コース料理に挑戦しようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
片岡護の絶品パスタ (講談社+α文庫)
片岡護の料理の段取り: イタリアンの名シェフが作る【おいしい】家庭料理ベスト86
リストランテ アルポルト 片岡宏之の我が家のレシピ ~片岡家に伝わる秘密のワザ~ (我が家のレシピシリーズ)
ワイン好きのイタリアンおつまみ100 (ワイン好きのおつまみシリーズ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9307/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR