カインとアベル (第10話/最終回・2016/12/19) 感想

カインとアベル

フジテレビ系・月9『カインとアベル』公式
第10話/最終回『山田涼介主演!激動の最終回!お前だけは許さない!』の感想。
なお、原案:旧約聖書「創世記」第4章「カインとアベル」は未読。また、関連の映像作品も未見。



贈賄の疑いで警察に連行された優(山田涼介)を心配する隆一(桐谷健太)だが、貴行(高嶋政伸)は会社を守るため優に全責任を負わせることに。拘置所で心を閉ざす優に、面会に来た誘致相手の店主・後藤(今井朋彦)が、ここを出たらピザを食べに来いと言う。程なく、優は不起訴で釈放される。後藤の店に行き、仕事を楽しんでいた頃を思い出した優は自分を取り戻す。そして、政治家・大田原(鶴田忍)のわなにはめられたと気付く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

"カインとアベル" と言うモチーフに翻弄されまくった

終わってみれば、最後の最後まで個々の登場人物とそれに関わるエピソードの掘り下げ不足と、『カインとアベル』と言うモチーフに翻弄されまくった中途半端な作品と言わざるを得ない。

更に言うなら、『月9』には不似合いな “カインとアベル” と言う壮大なテーマと、『月9』に求められ馴染みやすい “恋バナ” と言う庶民的な部分が、完全に溶け込み合わずに、仕事と家族と恋バナがバラバラに見えてしまったのが残念でならない。

"カインとアベル" と言うタイトルが付いて無かったら

だって、良い部分もたくさんあったのだ。特にやる気のない優(山田涼介)が仕事に興味を持ち次第に社内で頭角を現すくだりなんて、お仕事ドラマとしても、主人公の成長ドラマとしても悪くなかった。

ただ、“家族” や “兄弟(姉弟)” を描くと言う点に於いては、桃子(南果歩)と黒沢(竹中直人)の人物描写が不十分で、結果的に家族でまとめたが、要は “都合良く天から降って来た救世主” 止まりだったし、そもそも、三角関係とか四角?関係みたいなのって必要だったかって感じ。

最初から、“カインとアベル” は前面に出さずに、企画会議の席上だけの話に留めて、祖父、父、伯母、優の話でも良かったような。だって、“カインとアベル” と言うタイトルが付いていたら、それなりの作品を期待してしまうから。タイトルさえ「嫉妬と復讐」とか「嫉妬の果てに…」とか、別にしたら感想も違ったろうに…

俳優・山田涼介の "大人の芝居" には見応えがあった

個人的には、“俳優・山田涼介” が大人の芝居に挑戦したことが大きなニュースであり、学生服からスーツ姿になった彼の演技を見て、これまで期待していたのは間違っていなかったと確信した。その意味では、ラストで優とひかり(山崎紘菜)をああ言う結果に運ぶなら、ひかりもきちんと描いて欲しかった。

あとがき

父親に出来愛されていた兄に嫉妬して、いつしか兄を追い抜いてやると必死に仕事や恋に格闘して成長する弟が、最後には父にも兄にも恋人にも認められるって話で良かったんじゃないですか。

まあ、阿相クミコさんと山崎宇子さんと言う2人の脚本家の力量不足、「カインとアベル」と言うテーマを選択した企画のセンスの悪さが目についたって感じ。フジテレビのドラマ制作力の低下がまた露呈してってことです。残念…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】カインとアベル Blu-ray BOX(ポストカードセット付)
【早期購入特典あり】カインとアベル DVD-BOX(ポストカードセット付)
カインとアベル DVD-BOX
フジテレビ系ドラマ「カインとアベル」オリジナルサウンドトラック
カインとアベル(上) (扶桑社文庫)
カインとアベル(下) (扶桑社文庫)
Give Me Love(初回限定盤)(DVD付)
Give Me Love(通常盤/初回プレス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9290/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/445070565.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カインとアベル 最終回「山田涼介主演!激動の最終回!お前だけは許さない!」

とりあえず、ハッピー・エンドだったのかな?あんなに怪しさ爆発の桃子(南果歩)のフィアンセ、黒沢(竹中直人)がファミリーになることで、会社の危機も救ってもらい、高田優(山田涼介)、隆一(桐谷健太)兄弟も、心にしまってた、相手へのコンプレックスを吐露して和解することができたし優が、贈賄容疑で拘置所に収監されて食事にも手をつけず、やつれ姿も、意外とファンには、萌えだったかな?柴田ひかり(山崎紘菜)...

剣を取るものは剣で滅び姦淫を行うものは裁かれ愛が金を呼びよせる(山田涼介)

あああああああああああ・・・と思わず叫びたくなるドラマである。 見てはいけないものを見てしまった感じだ。 「ラーメン大好き小泉さん」をやっていればよかったのになあ・・・。 なんで「カインとアベル」をやろうと思ったんだろう。 「カインとアベル」から「弟殺し」を抜いたら・・・それはもうコーヒーからカフェ

カインとアベル 最終回

優(山田涼介)が贈賄容疑で連行されてしまいます。 隆一(桐谷健太)が面会に行きますが優は応じてくれず、食事にも手を付けようとしませんでした。 ひかり(山崎紘菜)が面会に行くと、そこにはやつれた姿の優がいました。 心配するひかりに優は、もし何か聞かれたら、何も知らないと言うように言うのでした。 一方、隆一は貴行(高嶋政伸)の元へ優のことで相談に行きます。 貴行...

カインとアベル 第10話(最終話)

「恋に仕事に大波乱!!最後に起こる奇跡!!」内容父・貴行(高嶋政伸)兄・隆一(桐谷健太)が止めるのも聞かず、優(山田涼介)は、ある案件に手を出してしまう。そして。。。贈賄容疑で逮捕。 拘置所へ面会にやって来た隆一だが、優は拒絶。食事にも手を付けていないよう。直後、父・貴行のもとを訪ね、優のことを相談する。すると、会社を守るため、優がひとりでやったことにするつもりだという。だが父としては、身...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR