キャリア~掟破りの警察署長~ (第10話/最終回・2016/12/11) 感想

キャリア~掟破りの警察署長~

フジテレビ系・『キャリア~掟破りの警察署長~』公式
第10話/最終回『桜吹雪で悪事を退治』の感想。


南(高嶋政宏)が撃たれた。25年前に金志郎(玉木宏)の父・周平(宇梶剛士)を殺した真犯人・桐島(中村俊介)の犯行だった。当時の副総監の息子である桐島は、警察幹部の判断で犯行を見逃され、別人が罪を着せられていた。金志郎は長下部(近藤正臣)にもみ消しの事実を詰問する。ところが、桐島の過去そして現在の犯行までも「事実無根」とする現副総監ら‘キャリア’の幹部により、金志郎は謹慎と署長解任を言い渡される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最終回は有終の美を飾った

最後まで、『遠山の金さん』らしい時代劇風のアレンジや、桜吹雪も登場人物紹介の氏名の部分のCGだけにしか使われなかったのが、最後まで残念だった。しかし、その2つを抜けば、最終回は有終の美を飾ったと言える。すべてが解決し、みんなが成長と昇進し、大団円のグランドフィナーレ。天晴だ。

全10話の構成での序盤の数話の迷走が悔やまれる

こんな良く出来た最終回を見てしまうと、全10話の構成での序盤の数話の迷走が悔やまれてならない。最初から、25年前の事件と今の街で起こっている事件を上手に並行に描いていたら、最終回の市民からの目撃情報のくだりにしても、もっと楽しめただろうに。

視聴率では裏番組に負けたが、内容は決して劣らない作品

とは言え、逆に最終回に向けて、じりじりと面白さと完成度を上げて、この度の最終回まで引き上げたのは素晴らしい。視聴率では裏番組に負けたが、内容では決して劣らない作品だった。それだけは間違いない。

あとがき

時代劇ドラマがどんどん減っていうく中で、本作のようなわかり易い勧善懲悪で、時代劇風味の入った人情刑事ドラマは、新たな時代の時代劇になるような気がしました。面白かったので、是非続編やスペシャルを期待します。あー、面白かった。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「キャリア~掟破りの警察署長~」オリジナルサウンドトラック
暁の君に(初回限定盤)(DVD付)
暁の君に(通常盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9266/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/444844078.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャリア~掟破りの警察署長~ 最終回「桜吹雪で悪事を退治」

金志郎(玉木宏)の父・桜井周平(宇梶剛士)を、25年前に、射殺した真犯人を追っていた、南(髙嶋政宏)が拳銃で撃たれ、意識不明のまま病院へ。南を撃ったのは元副総監の息子・桐島真司(中村俊介)でした。組織ぐるみで隠蔽して時効を迎えた事件、だったのですね。首に三日月の痣がある、真犯人の本当の目的は、もっと自分をちゃんと見て欲しかったよう。だから、保身にまわり、隠蔽工作をした父親を許せなかったよう。...

キャリア~掟破りの警察署長~ #10 最終回

『桜吹雪で悪事を退治』

キャリア 掟破りの警察署長最終話 & ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館5期第2話(12.11)

・キャリア 掟破りの警察署長最終話 かつて遠山金志郎(玉木宏)の父親(宇梶剛士)を殺害したのは 当時の副総監の息子桐島(中村俊介)、 警察上層部は事実の隠ぺいを図り、金志郎の捜査を妨害する。 だが南(髙嶋政宏)たちの協力もあり、金志郎は事実を明るみにしたと。 金志郎の父親殺しは中村俊介君だったか。 中村俊介君演じた『ハンチョウ 神南署安積班』の村雨刑事は真逆の理想的な刑事で 村雨さんを引き...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR