IQ246~華麗なる事件簿~ (第9話・2016/12/11) 感想

IQ246~華麗なる事件簿~

TBSテレビ系・日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』公式
第9話『マリアT死後に犯す完全犯罪』の感想。



沙羅駆(織田裕二)が解決してきた一連の殺人事件の首謀者で、‘犯罪コンサルタント’と称されるマリアT(中谷美紀)が拘置所内で倒れる。静かに過ごしていたはずのマリアTだったが、新しい衣服に縫い込まれていたあるものをちぎり取り、飲み込んだのだ。そのマリアTを巡り、沙羅駆と賢正(ディーン・フジオカ)の意見が対立。その過程で、2人の過去が次第に明らかになっていく。一方、沙羅駆に認められ始めた奏子(土屋太鳳)は…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最終回直前の第9話が、一番良かった

これまでで、一番良かった。理由は単純。沙羅駆(織田裕二)とマリアT(中谷美紀)の “対決” だけに物語が絞り込まれ、互いの頭脳決戦が描かれたから。

シリーズ全体の構成に妙な仕掛けをしたのが仇になった

まあ、好みの問題はあろうが、シリーズの序盤で「マリアT」の存在を隠しておくなんてまどろっこしい構成にしないで、第1話から沙羅駆と賢正(ディーン・フジオカ)の対立と忠誠心を描きつつ、徐々に「マリアT」の真実に近づいていくストーリーで良かったような。

だって、おかしいのだ。沙羅が「マリアT」の存在を最初は知らなかったのなら良いが、知っていたのなら始めから明晰な頭脳で探しているはず。だって、沙羅駆と賢正の以前の関係があるのだから。シリーズ全体の構成に妙な仕掛けをしたのが仇になったって感じだろうか。もったいない。

あとがき

こうなるなら、どうして最初から沙羅駆とマリアTの “対決” だけに絞り込まななったのだろう?奏子役に土屋太鳳さんを配したことよりも、大きな謎なんですが…)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 日曜劇場「IQ246~華麗なる事件簿~」オリジナル・サウンドトラック
IQ246 華麗なる事件簿(上)
IQ246 華麗なる事件簿(下)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9263//
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/444813740.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

IQ246~華麗なる事件簿~「マリアT死後に犯す完全犯罪」

やはり、宿敵・マリア・Tを、中谷美紀が演じて正解でしたね。序盤の、わざと地味に存在を消してた頃が、嘘のよう刑務所内で、服毒自殺を図った、と思われてたマリア・T(中谷美紀)でしたが、沙羅駆(織田裕二)と賢正(ディーン・フジオカ)が調べてみると別人でした。でも、行き先は分からないけれど、会話ならできるよう前後しますが、前回、殺人容疑をかけられた沙羅駆でしたが、奏子(土屋太鳳)と賢正の奮闘で、容疑...

IQ246~華麗なる事件簿~ 第9話

沙羅駆(織田裕二)たちの元に、マリアT(中谷美紀)が服毒自殺を図り、搬送先の病院で息を引き取ったとの連絡が入ります。 時を同じくして黒木(上杉祥三)という男性が法門寺家を訪ねて来ます。 沙羅駆は黒木から、ある政財界の要人が手術で極秘入院するので、秘密裏に警護の指揮を執ってほしいと要請されます。 賢丈(寺島進)は黒木の要請を引き受けるよう沙羅駆を促しますが、沙羅駆はマリア...

IQ246~華麗なる事件簿~ #09

『マリアT死後に犯す完全犯罪』

日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿』第9話

「マリアT死後に犯す完全犯罪」内容殺人容疑をかけられた沙羅駆(織田裕二)だったが、奏子(土屋太鳳)賢正(ディーン・フジオカ)の奮闘で、容疑が晴れ釈放される。北鎌倉の屋敷に到着してすぐ、留置所で勾留中のマリア・T(中谷美紀)が、所内で突然倒れ、搬送先の病院で息を引き取ったという連絡を受ける。 その直後、...

日曜劇場「IQ246~華麗なる事件簿~」 第9話

日曜劇場「IQ246~華麗なる事件簿~」 第9話 (公式ホームページ) 比較的好意的にこの作品を評価してきた私ではあるものの、それでも今回ばかりはさすがにいただけない。いや、さすがにその展開と結末はないだろ、と思ってしまった。 最もそう感じたのはやはり結末か。結末と言うよりはあそこまで追い詰めておいてマリア・Tを逃すという大失態っぷり。それそのものが悪いというよりもその経緯...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR