カインとアベル (第8話・2016/12/5) 感想

カインとアベル

フジテレビ系・月9『カインとアベル』公式
第8話『忍びよる悪魔の誘い一瞬で奪われる幸せ』の感想。
なお、原案:旧約聖書「創世記」第4章「カインとアベル」は未読。また、関連の映像作品も未見。



取締役に就任し、ますます仕事に入れ込む優(山田涼介)。周囲の態度も激変し、隆一(桐谷健太)は焦る。そんな隆一を支えると決意した梓(倉科カナ)は、寿退社の準備を進める。ある日、披露宴の準備で高田家を訪れた梓は、貴行(高嶋政伸)と優の前で仕事を辞めて家庭を守ると明言し、優に明かした迷いを否定。ショックを受けた優は仕事でもいら立ちを募らせ、先輩にまで声を荒げてしまう。一方、隆一は貴行と優の動向が気になり…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「カインとアベル」に、三角関係は必要か?

シリーズの序盤とここ数回のドラマがあまりに違うため、少し旧約聖書「創世記」第4章の『カインとアベル』を読んでみた。

兄カインと弟アベルは、唯一神ヤハウェにカインは農耕従事者として収穫物を、アベルは牧畜従事者として肥えた羊の初子の中から最上のものを捧げた。ヤハウェはアベルの捧げ物だけを気に入り、カインの物は無視した。嫉妬に駆られた兄は野原で弟を殺してしまう。これが、人類最初の殺人となる。

そして、ヤハウェは兄に行方不明の弟の居場所を聞くと、「私は知りません」と神に嘘をつく。これが、人類最初の嘘だと言う。まあ、簡単に言えば、弟に嫉妬した兄が弟を殺してしまうって話。これを知っちゃうと本作の全話の個性が非常にアンバランスなのがわかる。

だって、最初の数話は父に溺愛されている兄とそんなの関係ねえって感じの弟を描き、第6話くらいまでは、突然兄弟は無関係に弟の仕事の才能が開花した話になって、最近の数話は仕事が出来る弟に嫉妬する兄の話になってる。

これだけでも、序盤の兄を意識していない茶髪で平社員の弟だったくだりが無駄なのに、第6話くらいから強引に三角関係をぶち込んで来た。おかげで、優(山田涼介)の人格設定が微妙に変わって来てる。だって、無理矢理に優と梓(倉科カナ)の間に恋愛感情をつくったから、優が強欲な男になってしまったから。これはダメだ。

兄と弟の "格差" や "違い" を描くだけで良いのに

これ、どう考えても、兄と弟の “格差”や“違い” を描くだけで良いテーマ。一人の女を兄弟が取り合うなんて安っぽい三角関係で描くテーマじゃない。もっと、隆一(桐谷健太)と優の人間性を掘り下げて描くテーマのはずだ。ただ、それで『月9』として成立するか?と言う疑問が残るのは当然。

まあ、多くの『月9』ファン、そして、山田涼介さんのファンは望んでいないだろう。従って、根本的な問題として本作のテーマの選択はミスしたかもしれない。残りが何話あるか知らないが、どんどん壊れて行く兄と、ぐいぐい前に進む弟だけを描けば良いのに、今回のラストもまた二股に悩む梓と何かを企んでる優で終わり。

何か、優が取締役になってから似たような展開ばかりなのが、本当に残念。本来なら崩壊が進む隆一とイケイケの優の関係が一番面白くなる時なのに、梓が入ると三角関係のドラマになっちゃう。やはり全話の構成のまずさが、クライマックスへの上り坂にブレーキをかけちゃってる。もったいないと言うしかない。

あとがき

45分頃の、父から「自分を責めることは無い」と言われる優。自分の兄を裁いた悲しみと正義感に苛まれて、父の背中を見ながら涙する山田涼介さんの演技は良かったです。それにしても、突っ込みどころは多々ありますが、こう言う第8話にするなら、最初の数話が悔やまれます。残り数話の巻き返しに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Give Me Love(初回限定盤)(DVD付)
Give Me Love(通常盤/初回プレス)
映画「カインとアベル」【TBSオンデマンド】
カインとアベル DVD-BOX1<シンプルBOXシリーズ>

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-9241.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/444642920.html


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カインとアベル「忍びよる悪魔の誘い一瞬で奪われる幸せ」

たしかに、物語的には、「カインとアベル」になりつつあるのですが、前回が、高田優(山田涼介)のお仕事快挙!で面白かっただけに、強引な対立構造。強引な決断と悲劇。見ていてツッコミどころ満載。優も仕事に燃えるあまり、かぎりなくキャラ変。従来の心優しい魅力を失っていくし隆一(桐谷健太)が優のオフィスに盗聴器を仕掛けるほど、挙動不審になっているなら、家族間の問題。解任ではなく、休養を薦める、とか受診し...

「カインとアベル」第8話 感想

 隆一(桐谷健太)の壊れていく様が哀しかった第8話。一方、優は仕事の魔力に取りつかれたようになり、非情な人間へと変貌します。その極端な変化に驚かされました。  とにかく桐谷健太の表情、病んでるのがよく伝わってきました。  暗い部屋でひとりで何かを呟いています。パソコンの画面に集中しています。ネットで何かを購入しました。紙袋を持って社長室や優の部屋に入ります。  観葉植物の中に紙袋の中の...

滅びに通じる道はなだらかで少し下っている(山田涼介)

カインとアベルは「聖書」の冒頭に近い。 そこでは「神の支配」の絶対性が語られている。 カインは弟の方が自分よりも神に愛されていることに絶望し、絶望から抜け出すために弟を殺害する。 つまり・・・神を愛するあまりに弟の存在を認めることができなかったのだ。 しかし・・・アベルの血は大地に呪いをかける。 カ

カインとアベル 第8話

「忍びよる悪魔の誘い一瞬で奪われる幸せ」内容難しい交渉を成功に導いた優(山田涼介)は、その能力を示すとともに、社員達の信頼を得るのだった。そこで父・貴行(高嶋政伸)は、優を取締役に抜擢する。優は、今まで以上に、仕事に前向きになっていく。 一方、隆一(桐谷健太)に仕事か家庭かを迫られた梓(倉科カナ)は、家庭に入ることを決断する。 そんななか、黒沢(竹中直人)に呼び出された隆一は、ある事を告...

カインとアベル 第8話

取締役に就任した優(山田涼介)が仕事への意欲を増して行く一方、仕事と家庭のどちらを選ぶかで悩んだ梓(倉科カナ)は、隆一(桐谷健太)と結婚して家庭を選ぶことを決めて、上司・団(木下ほうか)に退社を申し出ます。 貴行(高嶋政伸)と優の接近が面白くない隆一は、食事に誘われた黒沢(竹中直人)から「優の台頭に焦りを感じているのではないか」と痛いところを突かれて、否定できずにいました。 する...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR