IQ246~華麗なる事件簿~ (第7話・2016/11/27) 感想

IQ246~華麗なる事件簿~

TBSテレビ系・日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』公式
第7話『完全犯罪を名女優は演じきる』の感想。



沙羅駆(織田裕二)は、一連の事件の黒幕で法医学専門医監察医に成り済ましていたマリアT(中谷美紀)と接触するが、取り逃がす。沙羅駆はマリアTのパソコンに残されていたメッセージを解読し、次の犯罪が起きると思われるテレビ局のスタジオへ。一方、警察に「女優の美園麗子(山口紗弥加)を殺した」という電話が入る。警察が現場へ向かうと、そこには麗子ではなく、女優・あやめ(佐野ひなこ)の他殺体が横たわっていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

なぜ、事件をマリアTが絡むような内容にしなかった?

折角、冒頭とラストでマリアT(中谷美紀)を登場させたのに、中身の事件については、いつも通りの電子メール扱いで終了。どうして、事件そのものをマリアTが絡むような内容にしなかったのだろう?そこが、第7話の最大の疑問。

沙羅駆ら3人の役割も明瞭 ドラマとしてまとまってる

あとは、事件そのものは相変わらず天才が解決するような代物ではないのは、いつも通り。しかし、沙羅駆(織田裕二)を車椅子に乗せただけで、いつもと違う雰囲気は漂うし、心なしか奏子(土屋太鳳)と賢正(ディーン・フジオカ)の役割も明瞭になって、ドラマとしてはまとまってきてる。

泰子を演じる土屋太鳳さんの演技が浮いてるような…

ただ、どうしても気になるのが泰子を演じる土屋太鳳さんの演技。もはや完全な好みの範疇だが、私としてはウザいの一言。嫌悪感と言う程ではないが、やはり全体のバランスとして一人浮いてる印象。まあ、演出的には、あれくらいやらないと目立たないが。

あとがき

事件の難易度もIQ246が出てくる必要もないほどの簡易版ですし、和藤もうるさいし、でもドラマとしては回を重ねる毎に良くなってますね。視聴率は上下してますが、沙羅駆の喋り方にもそろそろ慣れてきて、意外と楽しめる連ドラになっていると思います。あとは、何度も言うようですが好みの問題…。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 日曜劇場「IQ246~華麗なる事件簿~」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9203/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/444397198.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

IQ246~華麗なる事件簿~ 「完全犯罪を名女優は演じきる」

ずっと地味な存在の、監察医の森本朋美になりすましてた、中谷美紀の起用はダテじゃなかった!これまで沙羅駆(織田裕二)が解決してきた一連の事件の元凶で、『13』と名乗っていた、『M』こと、犯罪の黒幕“マリア・T”になって以降、存在感を放ってますね。サスガです散布されたものは新種のウイルス。おかげで、沙羅駆(織田裕二)は、しばし車椅子生活になってしまいました。すぐに朋美が使っていたパソコンを分析。...

IQ246~華麗なる事件簿~ 第7話

沙羅駆(織田裕二)が解決して来た事件の黒幕「マリアT」が監察医・森本朋美(中谷美紀)に成り済ましていたことが判明します。 沙羅駆も朋美に怪しさを感じていたものの証拠がなかった・・・ 彼が朋美のところに出入りしていたのは、今回彼女が使用したウィルスのワクチンを手に入れるためだったようです。 「マリアT」はIQ300もの頭脳を持つと言われていて、世界的に暗躍する犯罪コンサルタン...

IQ246~華麗なる事件簿~ #07

『完全犯罪を名女優は演じきる』

日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿』第7話

「完全犯罪を名女優は演じきる」内容ついに“マリア・T”が、沙羅駆(織田裕二)の前に現れる。「待ちかねたよ。ワクチンは開発済みだ。すでに摂取してある」と、監察医の朋美(中谷美紀)を組み伏せるのだった。「全身整形で別人になりきるとはね。 ただ体からあふれ出る品性だけは、誤魔化しようが無い」だが、次の瞬間、沙羅駆は意識を失ってしまう。 目覚めると、沙羅駆は屋敷にいた。心配...

日曜劇場「IQ246~華麗なる事件簿~」 第7話

日曜劇場「IQ246~華麗なる事件簿~」 第7話 (公式ホームページ) 沙羅駆が生きていることも、マリア・Tに馬乗りになっていたことも次回予告でネタバレしていたわけだ。それを前回批判したわけだけど、実はそれ以上の展開を用意していた点は素直に驚いた。 沙羅駆を超えるIQ300というマリア・T、一度はそのマリア・Tを上回りながらもワクチンの不完全性で逃した沙羅駆。っていうか、沙...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR