家政夫のミタゾノ (第6話・2016/11/25) 感想

家政夫のミタゾノ

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』公式
第6話『黒い噂の熱血教師!!ミタゾノの熱愛発覚と奪われし禁断のヅラ』の感想。


家庭の事情で、家政婦を辞めるえみり(清水富美加)は、中学時代の恩師・八重子(浅田美代子)からの依頼を最後の仕事にする。定年間近の八重子は、手首を捻挫していた。えみりは、依頼人の秘密をことごとく暴いてきた三田園(松岡昌宏)に、あくどいまねはするなとくぎを刺す。実は八重子には、教員免許を持たない‘偽教師’の噂があった。一方、元教え子たちが次々訪れ、えみりは八重子が慕われていると改めて実感する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最終回まで見越した展開は秀逸

全部で何話あるのか知らないが、通常なら第6話は折り返し。そんな全話の構成を上手く活かして、家政婦を辞めるえみり(清水富美加)の最後の仕事と言う設定が、ちょっとざわつくいい感じのスタート。とにかく、ワンパターン化を避けたいと言う脚本家の狙いがあるのだろう。

今回は、隅々までいつもと違うところがたくさんあった。特に意外だったのは、三田園(松岡昌宏)が八重子(浅田美代子)をどん底まで突き落さなかったこと。そして、三田園が最終的に狙った餌食は、えみりの花田家らしいことがわかったこと。ホント、次週だけでなく最終回まで見越した展開は秀逸だ。

もはや、美田園が松岡昌宏さんであることを忘れてしまう

それにしても、三田園役の松岡昌宏さんとえみり役の清水富美加さんのコンビが素晴らしい。以前はココリコの田中さんに似てるなんて思ったことがあるが、それも度々外れるカツラのシーンのお陰で見事に払拭。どこから見ても松岡昌宏さんのミタゾノになってる。いや、時々松岡さんであることすら忘れてしまう。

『家政夫のミタゾノ』と『素敵な選TAXI』の意外な関係

一方の清水富美加さんもコメディエンヌとして、着実に腕を上げてる。ここでちょっと面白いネタを。今回のえみりの中学時代の恩師の名前が「金森八重子」で、今年4月に放送されたフジテレビのドラマ『素敵な選TAXIスペシャル』で清水富美加さんが演じた中学校教諭の名前が「金本八重子」。これ偶然とは思えない…

あとがき

捻りに捻って、工夫に工夫を重ねてきたって感じです。有り得ない話を本当のように魅せるドラマ。本作、本当に良く出来てます。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
愛! wanna be with you...(初回限定盤)(DVD付)
愛! wanna be with you...(通常盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9197/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/444359313.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家政夫のミタゾノ 「黒い噂の熱血教師!!ミタゾノの熱愛発覚と奪われし禁断のヅラ」

今回は、パターン外しの遊び心というか… 指パッチンして、時間を止めての、家事説明を、いつもは美田園薫(松岡昌宏)がやるところを、相棒の花田えみり(清水富美加)が行ったり、そもそも、むすび家政婦紹介所に依頼が入った、依頼主が、花田えみりの中学時代の恩師・金森八重子(浅田美代子)で、美田園が、いつものように、「結果、えらいこっちゃ」にならないよう、金森先生を守るため、いったん願い出た辞意を取り下...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR