黒い十人の女 (第9話・2016/11/24) 感想

黒い十人の女

読売テレビ・日本テレビ系・木曜ドラマ プラチナイト『黒い十人の女』公式
第9話『さよなら風松吉』ラテ欄『さよなら10股不倫男女たちの狂気と殺意…』の感想。
なお、原作は和田夏十氏のオリジナル脚本、市川崑監督による映画『黒い十人の女』(1961年)、和田夏十氏脚本と市川崑監督によるリメイクドラマ(2002年)は鑑賞済み。


風(船越英一郎)の想定外の一言により久未(成海璃子)も賛成に回り、佳代(水野美紀)の計画を全員が受け入れた。その方法は、10錠で致死量に至る錠剤を各自1錠ずつ飲ませるというものだ。タイムリミットは最初の任務完了から12時間。まず、真衣(白羽ゆり)がマッサージの後、飲み物に入れて渡した。スタジオでは美羽(佐藤仁美)や志乃(トリンドル玲奈)らが待っていて…。
上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

クズしか出てこないのに、みんなどこか魅力的…

完全犯罪を目論んでる女たちを、SNSを巧みに活用して、テンポよくコミカルに見せる脚本と演出がすごく本作らしい。俳優さんたちも、楽しみながら人殺しと殺されていくのを演じてる感じも悪くない。不思議で笑える罪悪感、これこそバカリズム脚本。クズしか出てこないのに、みんなどこか魅力的なのも楽しい。

あとがき

いよいよ、次回が最終回。バカリズム脚本全開であることを、大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
読売テレビ・日本テレビ系 プラチナイト 新・木曜ドラマ 「黒い十人の女」 オリジナル・サウンドトラック
黒い十人の女 [DVD]
愛/憎(初回生産限定盤)(DVD付)
愛/憎(通常盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9189/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/444311099html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スタンプとスタンプの間の殺人(成海璃子)

素晴らしいインターネットの世界で社会的ネットワークを構築可能にするサービスの一種における絵文字機能の使用によって楽しませるドラマである。 基本的にコミュニケーションのツールというものは危険なものである。 早い話、口論から殺人事件に至ることはままあることだ。 平和愛好家たちが「武器よさらば」と口にする

黒い十人の女 「さよなら風松吉」

ラス前。ついに、計画は実行に移され、12時間以内に10錠飲めば死ぬという薬を1人1錠ずつ風に飲ませようとする10人の女たち1回1回、飲ませ方も、お互いの反応もバリエーション豊かで、大いにサスペンスでした。そして、ついに、計画は完遂… と思わせて、次回が最終回?!個人的に、食事かけ、の時、挫折しかかりましたが、独特のユーモア・センス。斬新さに、興味。どんなラストが待っているか、楽しみです。  ...

【黒い十人の女】 第9話 感想

タイプの子を見つけるとつい食事に誘っちゃうんです。 気づいたら9人もと付き合っていました。 しかし、私はついにみんなと別れました…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR