地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 (第8話・2016/11/23) 感想

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

日本テレビ系・水曜ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』公式
第8話『悦子VS部長の元カノ仕事も恋愛も全力には全力返し』の感想。
なお、原作小説の宮木あや子氏『校閲ガール』シリーズは未読。


悦子(石原さとみ)は部長の茸原(岸谷五朗)から、桜川葵の恋愛小説の校閲を任され、いつも以上に全力を尽くすよう指示される。一方、幸人(菅田将暉)は貝塚(青木崇高)から、本当に興味を持てるものを題材にしてみればと助言された。そんな中、葵が校閲部にいきなり現れるが、茸原とのやりとりに一同はあぜん。悦子は貝塚から、茸原がかつて熱血編集者で葵の担当をしていたこと、さらに10年前に起きた事件について知らされる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ずっと右上がりに楽しく完成度も高くなってきていたのに

あれっ、どうしちゃったんだろう?これまでずっと右上がりに楽しく完成度も高くなってきていたのに。岸谷五朗さんとゲストの伊藤かずえさんで面白おかしくやりたかったのかもしれないが、流石にあの序盤は三文芝居って感じで興ざめしてしまった。また、幸人(菅田将暉)の部分だけ妙なドキュメンタリタッチって?

一部がちょっと過剰演出だったかな?

悦子(石原さとみ)と恋愛小説家・桜川葵(伊藤かずえ)の校閲の激論やプライベートのやり取りもすごーく面白かった。会話劇と言うか台詞自体が良く出来ていて、作家と校閲者の関係性がとても上手く描かれていたし。もちろん桜川先生と茸原(岸谷五朗)の愛の物語も感動的だし。

だったら、三文芝居みたいなのを挟まずに、いつものノリで行けばよかった。ちょっと過剰演出だったようだ。また、幸人のくだりももっと押し出して良いと思うが、何となくどんどんつまらないキャラクターになってきているような。幸人のキャラをもっと魅せたら良いのに。

あとがき

残り何話あるのか知りませんが、第8話になってちょっとマンネリ化してきたのは残念です。登場人物をあれこれ描くのは悪いとは思いませんが、初期の頃の真面目な部分とコミカルな部分のバランスの良かった頃に戻ったら良いなって。今回は置いておいて、次回に大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本テレビ系 水曜ドラマ 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 オリジナル・サウンドトラック
校閲ガール
校閲ガール トルネード
校閲ガール ア・ラ・モード
Heaven’s Door ~陽のあたる場所~(初回限定盤)(DVD付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9183/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/444275753.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子「悦子VS部長の元カノ仕事も恋愛も全力には全力返し」

悦子(石原さとみ)が、本郷(鹿賀丈史)にも、幸人(菅田将暉)との仲を認められ、喜ぶも、何日か会ってないことにジタバタする、コメディアンヌぶりが可愛かったです。主題歌を筆頭に、コミック・ティストな演出が楽しいですよね。その悦子が、、恋愛小説家・桜川葵(伊藤かずえ)の小説の校閲を任され、「もてまくり」状態に、最初、逐一、怒ってたのも可笑しかったです。茸原(岸谷五朗)は悦子に、葵は中途半端な仕事を...

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 #08

『悦子vs部長の元カノ 仕事も恋愛も全力には全力返し』

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 第8話

「悦子vs部長の元カノ仕事も恋愛も全力には全力返し」 内容本郷にも幸人(菅田将暉)との関係を認められ喜ぶ悦子(石原さとみ)が、冷静になって気付く。幸人が忙しく、ここ数日、会っていないと。 そんななか、悦子は、桜川葵(伊藤かずえ)の小説の校閲をすることに。茸原(岸谷五朗)から、全力で校閲をして欲しいと頼まれてしまう。幸人のこともあり、恋愛小説に憧れながらも、悦子は、いつもどおりに校閲をする...

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」ファッションオタクの知識8悦子は小説家のダメ出しを受けて懐に飛び込み命を懸けて仕上げる小説家の執念を知った

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第8話は茸原部長は悦子に恋愛小説家の校閲を任せる。悦子は恋愛小説家は厳しい人なのでいつも以上に仕事をしてほしいと注文する。その言 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR