カインとアベル (第6話・2016/11/21) 感想

カインとアベル

フジテレビ系・月9『カインとアベル』公式
第6話『嫉妬?欲望?転落?動き出す禁断の恋!!』の感想。
なお、原案:旧約聖書「創世記」第4章「カインとアベル」は未読。また、関連の映像作品も未見。



何か悩んでいる様子の梓(倉科カナ)と、対照的に結婚の準備で充実していると言う隆一(桐谷健太)の姿に戸惑う優(山田涼介)。そんな中、リゾート会社CEOへのプレゼンが2週間後に迫り、梓らプロジェクトメンバーとその準備に奔走する優は、働くことの楽しさを全身で感じる。そして梓も優と一緒に生き生きと働く。そんな2人の姿を目にした隆一は、改めて自分と結婚したら仕事を辞め、高田家に入ってほしいと梓に告げる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

また、阿相クミコ氏の迷走状態の脚本に戻った?

折角、前回で良くなったと思ったのに、また迷走状態の脚本になったと思ったら、脚本担当が第1~4話担当の阿相クミコ氏に戻っていた。そして、演出家も前回良かった洞功二氏から第2話担当の葉山浩樹氏へ戻った。

前回は、優(山田涼介)の心機一転を茶髪から黒髪に戻したりと、優の覚醒的な見所があったと言う効果で、かなり良い感じに仕上がって来たのに、今回はまたおかしな状態になってしまった。

隆一が「梓には仕事を辞めて欲しい」と言い過ぎる

一番気になったのは、優と梓(倉科カナ)の関係が今回のラストのようになるのは事前に決まっていたこととは言え、隆一(桐谷健太)は突然「梓には仕事を辞めて欲しい」と半ば病的に連呼をし始め、一方の梓も突然に「仕事が面白い」と言いだしたこと。この唐突さが半端無い。

全編で一番記憶に残ってるのが、この隆一と梓の台詞だけと言って良いくらい。それで、ラストの優と梓の中途半端な状態で終了とは、流石に引き延ばし過ぎ。一気に三角関係に家事を切りたかったのが見え過ぎた。もう少し自然な流れにしてくれたら良かったのに…

兄弟の仕事をもっと描いて欲しい

それと、仕事を描かな過ぎる。兄弟のキャラクターの違いを描くのは当然だが、第6話だけを見ると、兄は結婚相手を束縛するタイプで、弟は社運を賭けたプロジェクトのリーダーと言う違う土俵での対比になってしまっている。その原因は、兄・隆一の仕事の部分をさらりとそれも隆一以外の台詞だけでしか描いていないから。

もっと、兄弟の仕事の違い、仕事のやり方の違いを明確に描かないと、このまま進んだら、兄弟の三角関係を描いてる単なる “恋バナ” になりかねない。やはりここはタイトルにあるように「兄弟」のストーリーを中心に描くべき。その上で三角関係が無いと本当にタイトル負けになるだけだ。

隆一が激しく感情をあらわにするシーンが多過ぎる

あと、これは演出も大きく関わってくるが、今回から隆一が激しく感情をあらわにするシーンが多く挿入されていたが、あそこまでの過剰さと分量が必要だろうか?もちろん、やりたいのも入れたい理由もわからなくも無いが、あの場面だけ舞台調の演技と演出になっており、全体から浮いてしまっていた。

もう少し全体とのバランスを考えての、演技指導なり編集に努めた方が良い。それでなくても、優の同僚・ひかり(山崎紘菜)の片思いなんて無駄なパートがちょこちょこと登場して、物語の流れが削がれているのだから。

あとがき

仕上がりの良さは、前回を上回ることはありませんでしたが、前回から始まった新生・優が登場した「新章」としては悪くないと思います。ただ、いろんな部分のバランスが良くないですね。

兄弟のそれぞれの仕事を描くことで、梓が仕事を辞めたくない気持ちも描かれますし、それが三角関係にも繋がっていく理由にもなって一石二鳥。それと、優の仕事の能力が過剰に良すぎ。やはり、もう少し全体のバランスを良くしたら、面白くなるのではないでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Give Me Love(初回限定盤)(DVD付)
Give Me Love(通常盤/初回プレス)
映画「カインとアベル」【TBSオンデマンド】
カインとアベル DVD-BOX1<シンプルBOXシリーズ>


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9176/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/444213809.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

汝、兄の婚約者とイチャイチャすることなかれ(山田涼介)

原案である「旧約聖書 創世記 カインとアベル」には人類は四人しかいない。 だから・・・カインとアベルは一人の女を巡って争奪戦を繰り広げたりはしないわけである。 あるとすれば・・・母であるイヴを巡っての争奪戦で・・・別の意味で危険である。 カインはアベルを殺した後でエデンの東を追放され・・・名もなき妻

カインとアベル「嫉妬?欲望?転落?動き出す禁断の恋!!」

二人の祖父・宗一郎役が、寺尾聰に変わり、なんだか微妙に雰囲気というか空気が変わりましたね。でも、さすが大物・実力派。全体に影響してピシッとしめています。新規のプロジェクトを父・貴行(高嶋政伸)に任された優(山田涼介)。それが、隆一(桐谷健太)を動揺隆一は、梓(倉科カナ)に結婚後は仕事を辞め、家庭に入ってほしいと望まれますが最初は迷ってたものの、後半には「私を縛りたいの?」と反発。ある日。休日...

カインとアベル 第6話

休日出勤をしていた優(山田涼介)は、後ろから抱き締めて来た梓(倉科カナ)から「しばらくこのままでいてほしい」と頼まれて、どう接していいのかわかりませんでした。 時間が経つと、梓は優から離れて行って、いつもの明るさに戻って帰って来ます。 帰宅した優は、隆一(桐谷健太)と顔を合わせて、2人はケンカして以来、初めての会話を交わします。 隆一は梓との結婚準備が進んでいることに充実し...

カインとアベル 第6話

「嫉妬?欲望?転落?動き出す禁断の恋!!」内容新規のプロジェクトを父・貴行(高嶋政伸)に任された優(山田涼介)そのことは隆一(桐谷健太)を動揺させる。 隆一は、梓(倉科カナ)に結婚後は家に入って欲しいと告げるのだった。 休日出勤していた優は、突然、梓に背後から抱きしめられる。次の瞬間、梓は、優から離れ、帰って行くのだった。 家に帰った優に、隆一は梓との結婚が進んでいることを伝えた上で、...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR