べっぴんさん (第34回・11/10) 感想

連続テレビ小説「べっぴんさん」

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』公式
第6週『笑顔をもう一度』『第34回』の感想。
なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


すみれ(芳根京子)と明美(谷村美月)は、復帰した君枝(土村芳)と店を続ける。子供の夜泣きの相談に乗ったことをきっかけに、育児に詳しい看護婦の明美の知識を生かして、店でベビー相談室を開こうと思いつく。そんなある日、店に飾ってあるワンピースを、何度も店を訪れていた少女・美幸に着せてあげることになる。改めてその服の工夫に感心したすみれは、設計した良子(百田夏菜子)のことが気になり、会いにいくのだが…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

あと1カットずつ、ゆりと忠一郎の表情が見えたら…

前回で突然に良くなった本作。とにかく一つのフレームにクローバーさんたちは3人までと、15分間にエピソードは3つまでを厳守すれば、かなり良いドラマになることがほぼ判明したのだが、それを守らないと折角の良いシーンもダメになる例が、早くも冒頭に主題歌明けに表れてしまった。

すみれ(芳根京子)が五十八(生瀬勝久)に宿題の答えを発表するシーンだ。ほら、鬼門の1フレームに4人だ。すみれにしては珍しく明るい表情で自信ありげに「ベビー相談室」の話をするすみれがに、まずゆり(蓮佛美沙子)が寄ってきて、忠一郎(曾我廼家文童)と3人が並ぶ。

生き生きと熱弁をふるうすみれがバストショット(胸から上の構図)で抜かれるが、この構図だと下手(画面左側)にずっと忠一郎の胴体だけがフレームインをしていて実に無駄。ここは、すみれにもっと寄ったサイズにして、ゆりと忠一郎の表情が見えるショットをあと1カットずつ入れたら良かった。

そうしたら、突然の五十八のすみれアゲには見えずに、家族愛、家族の協力、家族の見守りに見えたのに…。ちょっとしたことだが、編集って大事だぞ。

洋服の仕立て直しのシーンは、とても良かった

そして、本日2つ目のエピソードは所謂メインの話だ。クローバーさんは3人で、そこに近所の子どもが1人。これは良い人物配置。第三者の子どもを介入させたことで仕立て直しの作業が発生して、すみれと君枝(土村芳)と明美(谷村美月)の3人で、台詞で良子(百田夏菜子)のことにも触れたのは、実に自然な流れ。

その場にいない良子を含めて4人のキャラクターの違いを描き、それぞれの役割分担は明瞭にさせたのも良かった。こう言うシーンをどんどん増やしていけば、超が付くほどベタではあるが、ドラマとしてはよく仕上がっていくはず。この調子で進んで欲しいのだが…

話の腰を折ってる"良子と勝二の話"は整理整頓を望む…

さーて、本日3つ目のエピソードは、良子と勝二(田中要次)の夫婦の話。と言っても、実際は田中要次さんの存在感と演技力に頼り切った、あってもなくても良い話。だって、最終的に4人で仕事をやるのはわかっているのだから。僅か50秒のシークエンスだが、明らかに話の腰を折っている。

と言うか、残念ながら3つ目のエピソードから今回はぐずぐず状態。なぜ良子のくだりは話の腰を折ると感じてしまうのか。それは簡単。すみれも、君枝も、明美も、お店も、そしてゆりと潔まで、どんどん変化をしているのに、良子と勝二だけが変化していないから。

既に、洋服の仕立て直しとベビー相談室にまで話は進んでいるのだから、明美にご尽力頂いて、強引に手伝わせてしまえば良いだけのこと。そんな生き生きと働く妻の姿を見て勝二が心を改める…で良いではないか。もちろん無理矢理な展開ではあるが、折角変化中のドラマにブレーキをかけるよりマシではないだろうか。

あとがき

良子と勝二のくだりは、もう少し整理整頓した上で、まとめてどこかで描くとか、前述のように奇策で打破するかした方が良いと思います。でも、ここまで「商売」の話が進んできていますから、良子のくだりは次回で決着するかも。少なくとも土曜日までには四葉のクローバーが揃ってほしいです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫)
ファミリア創業者 坂野惇子 - 皇室御用達をつくった主婦のソーレツ人生
坂野惇子の人生 (MSムック)
上品な上質---ファミリアの考えるものづくり
時空旅人別冊 “べっぴんさん"坂野惇子の生涯: サンエイムック
連続テレビ小説 べっぴんさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9125/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/443737058.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1週『想(おも)いをこめた特別な品』
1 2 3 4 5 6
第2週『しあわせの形』
7 8
“視聴率=作品の質”か? 「べっぴんさん」視聴率18%台と7日から大台割れ
9
「べっぴんさん」初回“総合視聴率”は27% 新視聴率調査でテレビのおばさん化に影響を与えるか?
10 11 12
第3週『とにかく前に』
13 14 15 16 17 18
第4週『四つ葉のクローバー』
19 20 21 22 23 24
第5週『お父さまの背中』
25 26 27 28 29 30
第6週『笑顔をもう一度』
31 32
べっぴんさん "お嬢様"を言い訳にし過ぎたり、各エピソードの"配分"の悪さが、ドラマに今一つのめり込めない原因か?
33

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【べっぴんさん】第34回(第6週木曜日) 感想

すみれ(芳根京子)と明美(谷村美月)は、復帰した君枝(土村芳)と店を続ける。 子供の夜泣きの相談に乗ったことをきっかけ…

どんぐり>『べっぴんさん』第34話

君枝や明美は「言えない」状態をクリアして 何だかどんどん心が柔らかくなっている感じ 口下手で文字通り「言えない」状態だった、すみれも 最近は言葉も多くなってきたし声に力も入っている 良子だけがまだ「言えない」状態真っ只中 夫@勝二さんも妻に心広げられない つまり「言えない」状態で 今や お嬢様のプライドや接客への心構えよりも 夫婦仲へと問題はシフト? ...

どんぐり>『べっぴんさん』第34話

君枝や明美は「言えない」状態をクリアして何だかどんどん心が柔らかくなっている感じ口下手で文字通り「言えない」状態だった、すみれも最近は言葉も多くなってきたし声に力も入っ...

べっぴんさん 第34回

内容君枝(土村芳)のことを思い、昭一(平岡祐太)は決断。すみれ(芳根京子)明美(谷村美月)の店で、君枝は、再び働きはじめる。 そんななか、麻田(市村正親)五十八(生瀬勝久)の助言を受けて、すみれは、明美の知識を利用した“ベビー相談室”を思いつく。 敬称略 五十八へ報告するすみ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR