地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 (第6話・2016/11/9) 感想

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

日本テレビ系・水曜ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』公式
第6話『一晩で緊急校閲!集え!作家&編集&校閲涙の本作り』の感想。
なお、原作小説の宮木あや子氏『校閲ガール』シリーズは未読。


森尾(本田翼)と幸人(菅田将暉)の仲を疑う悦子(石原さとみ)は、幸人を尾行して自己嫌悪に陥る。一方、子ども向けの新しい雑誌用の小説の校閲を任された悦子は、難解な作品で掲載には不向きと判断。貝塚(青木崇高)に企画の趣旨を作家にちゃんと伝えたかと尋ねるが、貝塚は人気作家を起用して売れればいいの一点張りだ。そんな中、貝塚は、やって来たバイク便の男性が、以前、新人作家として担当していた桐谷だと気付く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

とにかく、いろいろな"バランス"が秀逸すぎる

通りすがりの三宅さん役で、リオ五輪の女子48kg級重量挙げの銅メダリストの三宅宏実さんが出演し、それだけでお得感の高かった第6話。

とにかく全体のバランスが秀逸。何のバランスかって?まず、恋バナとお仕事ドラマのバランス。それに、校閲部と編集部のバランス。そして何より、悦子(石原さとみ)を中心とした幸人(菅田将暉)と貝塚(青木崇高)との距離感。

今一つ幸人のキャラが不明瞭なのは気になるが、それでも、幸人を前に出して、悦子の “仕事と恋との葛藤” をストレートに描いたのは、折り返しとも言える第6話としては、脚本として上手いところ。俄然と後半戦への期待が高まった。

笑いあり涙ありの"感動お仕事ドラマ"に仕上がった

また、今回はいつもの悦子が有名作家さんにダメ出しをして、あとから気にいられると言うパターンを打破して、新刊企画から作家の掘り出し、編集、校閲と言う出版の流れみたいなものを、「お仕事ドラマ」として見せつつ、笑いあり涙ありで感動ストーリーに仕上げたのはお見事。

校閲部のメンバーも悦子に少しずつ影響されている様子や、貝塚を恨んで筆を折っていた作家・桐谷(安藤政信)の再生にもジーンと来たし、それを見届けた幸人の涙も良かった。明日も仕事を頑張ろうって気にさせてくれるドラマだ。

あとがき

作家としての幸人の苦悩にも、話が進んでいくのでしょうか。今年4月期の『重版出来!』に通じるものがありますね。当初は恋バナの部分はあまり必要ないと思っていましたが、恋愛も仕事を頑張るための大きなエネルギーになりますもんね。仕事と恋のバランスも上手く描いて欲しいです。次回に期待します。

そう言えば、劇中にLOEWE(ロエベ)のバッグが話題に上がっていました。ちょうど10年前、日本橋三越で開催された「ロエベ160周年記念イベント」でスペインの本国の担当者さんたちへのインタビュー映像のディレクションをやったのですが、スペイン語もわからず、徹夜で編集したのを思い出しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本テレビ系 水曜ドラマ 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 オリジナル・サウンドトラック
校閲ガール
校閲ガール トルネード
校閲ガール ア・ラ・モード
Heaven’s Door ~陽のあたる場所~(初回限定盤)(DVD付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9124/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/443731658.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子「一晩で緊急校閲!集え!作家&編集&校閲涙の本作り」

仲間達が集まっての、鍋パーティ。登代子(本田翼)と幸人(菅田将暉)が同居してると知って、表面上では明るく振る舞いながらも、内心、理解できずに苦しむ悦子(石原さとみ)。洗面室での悶絶が可愛かったです。それで、彼がどんな人物なのか知りたくて尾行します。すると、シニア層とゲートボールしたり、熟女とカラオケしたり、公園で、子供達や行きずりの相手と腕相撲したり(重量挙げの三宅さんゲストが御愛嬌)、すっ...

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 #06

『一晩で緊急校閲!集え!作家&編集&校閲 涙の本作り』

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 第6話

悦子(石原さとみ)は、幸人(菅田将暉)が登代子(本田翼)と同居していると知って、恋人でもない女性の家に間借りをする幸人の感覚が理解できずに悩んでいました。 幸人がどんな人間なのか確かめるために、悦子は彼を尾行します。 老人たちとゲートボールをしたり、カラオケパブで歌ったり、子供たちと腕相撲大会をしたりする幸人のことを知れば知るほど、悦子は困惑します。 一方、仕事で悦子は...

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 第6話  *感想*

番組HP お仕事そっちのけで、 悦子(石原さとみ)が幸人(菅田将暉)を尾行しはじめたときにゃあ、 ホント、嫌~な気分になってさ、、 ひょっとすると、今回は恋愛モード一色なのか? ず~っとこんなアホ展開が続くのか?? などと不安な気持ちになっちゃったんだけどさ...

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 第6話

「一晩で緊急校閲!集え!作家&編集&校閲涙の本作り」内容悦子(石原さとみ)は、幸人(菅田将暉)が、恋人でもない登代子(本田翼)と同居していると知ってしまう。家を間借りしているだけと説明されても、全く理解出来ない悦子。偶然、幸人を見かけ、尾行してみると。。。。 そんななか、新雑誌...

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」ファッションオタクの知識6悦子は子供向けの校閲を1日でやる事になりみんなと連携し徹夜で完成させた

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第6話は幸人と登代子が同居していると知った悦子は状況を確りしようと冷静になろうとするが理解し切れずに動揺し続けていた。そんな中で ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR